マツコ会議

砂田真由子(シンガポールキャバ嬢ママ)の経歴や年収と結婚(旦那・子供)は!?【マツコ会議】

投稿日:

「マツコ会議」に砂田真由子さんが登場です。

 

砂田真由子さんは今現在シンガポールでのキャバ嬢のお店を経営しておりママとして活躍中だ。

 

砂田真由子さんの経歴WIKIプロフィールや、年収、結婚して旦那(夫)や子供はいるのか?

 

なぜシンガポールでのキャバ嬢ママなのか!?

 

そんな砂田真由子さんの経歴などの過去をみて行きたいと思います。

 

では早速。

スポンサードリンク

砂田真由子(シンガポールキャバ嬢ママ)の経歴WIKIプロフィール

まず単刀直入に言えば、砂田真由子さんの経歴などはスゴいの一言だ。

 

元々生まれは四国の愛媛県だと言うが、そこから夜の世界に足を踏み入れて数々の実績を叩き出してきた。

 

そして今現在はシンガポールなどの系列店などを合わせれば、4店舗もクラブを経営している。

 

お店を4店舗も経営できるほどの手腕と、そのセンスは普通の女性では中々できるものではない。

 

やはり、過去の経験やセンスを磨いてきたからこそ実現できるスキルでもある。

 

そんな彼女の言葉はこんな事を語っています。

 

2012年に愛媛県からシンガポールに私自身の4つ目のお店をスタートさせ、2016年にはまつ毛エクステサロンをオープンしました。
愛媛県しか知らなかった私の人生から一転、今では楽しくお仕事をしながら充実の海外生活を送っております。
ステータスの高い方々が集うシンガポールでの新しい出会いや、英語の勉強、旅行、そして沢山の日本人スタッフとの出会いにとても感謝しています。2017年には日本国内外総勢80名を超えるスタッフと楽しい思い出を作る事ができました。
一緒に仕事をした子たちからの「ママありがとう!またシンガポールに戻りたいです」の声が私の宝物。リピーターの子も多いです。

 

また、ピアジェを通じて知り合ったお客様の会社への就職が決まりシンガポール生活を続けている子たちも沢山います。

 

シンガポールでの生活は、私が責任を持ってサポート致します。私は現場での経験がありますので、女の子が生活しやすいように工夫したコンドミニアムを用意していますし、ヘアメイクも毎日家で行う事ができます。

年に2回の社員旅行もその時々のスタンスに合わせて、アレンジしています。
来なきゃ人生損してる!って言えるぐらい、みんなのシンガポール生活は充実していると思いますし、エンジョイしています。

 

日本でのお仕事よりずっと良い環境だと自負しています!夜のお仕事の経験がない子も多いお店だから安心して始められると思います。 ぜひ素敵なシンガポールでの生活を始めてみませんか?

 

難しいことは一切ありません!カウンター、またはテーブルに座って接客、ドリンク作りをしてもらいます。 わからないことがあれば先輩スタッフが丁寧に指導しますので未経験者・経験者大歓迎です。

スタッフは全員日本人です。ローカルマネージャーが一名います。英語が話せなくても大丈夫です。

なるほど。

 

今現在彼女のお店ではスタッフを募集しているようだ。

 

上品できれいな砂田真由子さんと一緒に仕事ができるなんて、人生においても勉強になるし女子力も磨けるのではないか?

 

興味のある女子は是非ともトライしてほしい。

スポンサードリンク

なぜ砂田真由子はシンガポールでキャバクラを?

やはり彼女がシンガポールに拘るにはちゃんとした理由が存在する。

そもそもシンガポールと言う国は都内とおおよそ変わり映えのない面積で人の質はかなり高いレベルにある。

 

つまり富裕層が多い。

 

環境的にも、湿度が上向いて年中暖かいし、物価は高レベルであるが着実に安料金のショップも存在しますし電車やバス、タクシーなどの乗物はかなり安いんではないでしょうか。

 

このような環境なので、慣れればビックリするほど安全で暮らしやすい国とも言われている。

 

ちょっとした国と言う理由でだとはいかんせん、ポイント的にもウォッチングカメラがあり、細心の注意を払って規定されている。

 

と言えるので国の犯罪やネガティブなことは思っている以上にそんなにない。

 

なので、日本と比べるとという形で合法的に合っていて、実際的に犯罪にはシビアな国です。

 

手を煩わせることなくそんな方苦しいこともないし、育児をするならシンガポールも理想的なのはまちがいない。

 

海外の場合、夜の世界や、クラブ、キャバクラと考えられるコンセプトがないらしく、日本で言うならパブみたいな感じで誤解されると思います。

 

そういう理由で一見と考えられるより、原則的に外国人のユーザーや一見はお断りする店が多い。

 

会員制のようにVIPからの紹介だったり、信頼性が高くステータスも高い人間からのPRであれば受け入れてもらえるところも多い。

 

いわゆる、常連ばかりで実際のところはアフターサービスか、トータルで楽しむことがほとんどではないでしょうか。

 

少数でビックリするほど務めやすいキャバ嬢に懇切丁寧なキャバクラ的な感じが想像以上に健全で効果的な環境だと言われている。

 

クライアントと同伴して食事に行ったり気に入って貰えれば何か買ってくれたりして行っていただけたり、中には高級感溢れるプレゼントなどもある。

 

そうなれば、自分からお金を使う事は生活費のみになるのでオリジナルの財布は貯まる一方だ。

スポンサードリンク

砂田真由子の年収はヤバいのか!?

標準的なクラブのママの年収は600~1000万円だろうと感じます。

そうだとしても、彼女は4つのクラブ、バーを繰り広げていると推定されますし、公演行動などもされていますので、 この年収を上回るサラリーはキッチリと得ているではないでしょうか。

 

あくまで想像とはいえ店の家賃やレイアウトにもズレがなくなることはありませんが、 女性一人の開業手持ち資金で経営者という意味は限界があるといわれているようです。

 

魅力的で美人な女の人であればそこからのお金や資産である収益があるとすれば、 誰かがトレードすることもいっぱい考えられるでしょう。

 

実際的にそうなのか?つまりパトロンの存在などもいたのか?

 

たった一人でされているのかは謎ではあるのですが4店舗の経営行動から経営者としてのママのスタイルを据置しているとしてもよいではないでしょうか。

 

このように、彼女のクラブ経営者としての年収はおおよそ2000~3000万円のスケールは有り得ると思います。

 

今更ながらシンガポールにも日本人向けのキャバクラが存在するとは初めてしったが、その後地元のところどころがアナウンスされました。

 

キャバクラに来ているユーザーはシンガポールでの現地ではほとんどが富裕層の金持ちばかりでしょう。

 

推し進めていると思われますが、 ホテルが数多くあって立ってるので 経済環境がいいなどと言われています。

 

番組ではマツコは想像以上にリゾキャバにチャレンジしたいと語っていますが、 ビックリしますよね。

 

ライフスタイル種々雑多です。

 

あまりにもシンガポールが良くてそのまま移住するキャバ嬢などもいて、その後はクライアントなどと結婚するんでしょうか?

 

だとしてもこちらで専門ショップをしたいとささやかれています。

 

業種は同じ夜の世界になるんでしょうか?

 

現地のキャバ嬢らが力説するには、夜の世界に足を入れるともう普通のOLなどはできないと語り、やはり生活パターンが変わってしまうと言う理由です。

 

やはり遠くまで1人で実施して 日常生活するということはそんな簡単にはならないことだと言えます。

シンガポールキャバ嬢と宮古島キャバ嬢の年収(給料)や待遇!

まずは、シンガポールでのキャバ嬢の待遇や給料、年収などはどうなのか?

 

応募資格 18歳~32歳
経験不問
シンガポールに3か月以上滞在できる方
6か月以上滞在できる方優遇
※ 1か月のお仕事キャンペーン始めました。

フライト 1ヶ月 200ドル負担
2ヶ月 300ドル負担
3ヶ月以上 往復支給
休日 月に2~3回シフト提出制の休み取得可能。日・祝日休み
給与 ノルマ設定なし。

ドリンクバック・シャンパンバック・指名バック・同伴バック・ボーナスあり
月5,000ドル以上
★初心者でもドリンク、指名バックが取りやすいお店です。
家賃 ピアジェ専用シンガポール高級コンドミニアムを格安でご用意
1人部屋、2人部屋を選べます。(600ドル~)

う~む、中々素晴らしい待遇ではないか!

 

管理人が女性なら迷わずチャレンジするな。

 

ちょっと綺麗な女子なら 住む所もフリーで現地を満喫できるという 結構なライフスタイルという性質があります。

 

それに加えて仕事内容もクライアントも上品な人ばかりなので、あまり気を使わないで楽しく仕事ができるんではないか?

 

ひとつひとつで数多くある素地はあると思われますが、 やはり1人で遠くまで来て 労働すると言われる勇気のある行為が ライフスタイルを変えてそのまま住むことになるのはなんだか共感できる。

 

今後の砂田真由子さんやスタッフ達の幸運を祈りたい。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-マツコ会議
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.