山口俊の高級腕時計は1200万のパテックフィリップ!愛車もエグい!【ジョブチューン】

「ジョブチューン」に山口俊の腕時計や愛車が紹介される。

山口俊の愛用している高級腕時計はパテックフィリップと言われるブランドでその額1200万円と言われているから驚きである。

山口俊の愛車もヤバいらしく、やはり年収2億円もの年俸がある選手はスケールとレベルが違う。

そんな山口俊の愛する腕時計パテックフィリップの詳細についてピックアップしていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

山口俊愛用の高級腕時計はパテックフィリップ!その値段1200万!

この時計をシンプルに言えと言われれば「時計業界の最高峰メーカーです」 と回答ます。 上等時計という形で一番信頼を集めているメーカーは、ロレックスやブルガリなのではないでしょうか。

その他、時計業界にはいろんな選択肢のメーカーが存在していますが、この時計だけじゃなくその他にも高い評価を受けているメーカーではないでしょうか。

それからにも複数の抜きんでたメーカーが想定されます。

別の言葉で言えば、パテックフィリップだけじゃなくもベターな時計は世界中豊富にあるのです。

そうだとしても不可避ポイントはこの時計の性能やセンスが誰しも認めると言うところに着目して理解していることに違いありません。

今日この頃ではに限って言えば、低料金の時計が世間に溢れていますが、価値観の設定をするとてつもない動機は“ステータスにあるものが手に入れたいのが理由です。

男のステータスと言われる定義の話を聞けば高級感腕時計と言われる肩書きはトップクラスのものではないでしょうか。

広範囲に及ぶデザインや性能、機能などの作品が想定されます。

そのどれをとってもが異なったスタンスをもっており、個々に高貴さをもっていると推定します。

その高貴なデザインを表現すると、「控えめとなっておりながら、美的完成度が高レベルである」と言われる印象ではないでしょうか。

パーフェクトにとは言え、基本にあるのはシンプルなスタイリングとスタイリッシュなセンスによる高レベルであるデザインをセレクトするのがこの時計の定義ではないでしょうか。

パテックフィリップの原材料を活用することがバックボーンとは言っても、そのデザインの美しさは原材料に限って頼ったものではないと言えます。

微妙に統一して実用化された上品で味がある物とも言っても良い名作だと思います。

高レベルである発達力と品質をもつ 前述した通り、パテックフィリップは“わかりやすい普遍性の秀でているデザイン”を原理原則としていると断言します。

その一方で、開発力はトップレベルではないでしょうか。

スポンサードリンク

パテックフィリップはどこに優れているのか!?

高級腕時計業界でまさにトップレベルと人気が集中しているのがこの時計ろ指していきます。

数個の実行が同時搭載されることも繰り返し存在します。

ありふれたメーカーは、言ってみればライバルとにたような素材や品質になりがちですが、この時計は複雑機構搭載モデルを採用している。

そうだとしてもこれらの性能を活用という形で切り離していると聞きます。

パーフェクトにシリーズものにする定義はいかなる場合でもユーザーの気持ちを考えて上品なサービスを心がけるなければならないと言う理由でも想定されます。

もちろんユーザーの心を掴むだけではなく、パーフェクトに、時計内の複雑機構以外にも、バックボーン機構に関してのトレーニングも自信を持っているポイント。

パテックフィリップの凄い部分ではなおかつ、品質の高さが保証されているのがパテックフィリップではないでしょうか。

従来はライバルメーカーにも引けを取らないほどの存在になってきているし、中々手に入れることができない値段設定と価値と言われる尋常じゃないところ。

その他には、社内でも適正なルールを配置し、ここへ来てこちらのパターンに準じて製品を作り出しているとのことです。

高水準であるステータスは所持するヒューマンに満足感を与えます。

その他には、高貴なデザインにより、質を理想としている人物にま持ってこいという面があります。

この時計がなぜ上級階級に好かれているのかや、一目を置かれているのも頷けます。

その他には高水準のトレーニング力と品質ではないでしょうか。

どれだけ外観が素晴しくても、内部やディテールにデメリットが合っては“本物”などでは断じてありません。

スポンサードリンク

山口俊の愛車もヤバいのか!?

まず公表ではこうだ。

山口は車を買い替えた。高級ドイツ車、ベンツ。しかも最上級車種「Sクラス」だ。プロ入りして初めて買った車は国産車だったが、3台目で「とうとう買っちゃいました」とはにかむ。ちなみに5年ローンだそうだ。

「ベンツに乗る俺」――。そんな理想像が、プロ10年目を迎える山口の原点にある。小学生の頃、選手名鑑をパラパラと眺めていて驚いたという。「選手の愛車、ベンツばっかり!」。そして、「カッコイイ! プロ野球選手になって、ベンツに乗りたい!」と練習に励んできた。

「野球選手はダサイって思われたくない」と、今は茶色の髪にパーマをかけ、ひげを生やす。キャンプ中はファンサービスに力を入れ、キメ顔で写真撮影に応じる。「グラウンドで結果を出すことは当然大事。でも、『ああいう男になりたい』とか『絶対モテそう』とか、そう思ってもらうことも大事だと思う。僕自身、それで頑張れたから」

カズは結果を残し、なおかつカッコいい。だからこそ人気を保っている。12球団で唯一CS進出経験がないDeNA。充実したキャンプを送り、結果とカッコ良さを兼ね備えたチームになって欲しい。

DeNA時代の契約更改でネゴシエーションに臨み、4600万円増のサラリー1億円でサインした時は、その上車や腕時計をゲットしていたとか。

彼の得意なノーコンでの有益なピッチングで、完全にゲームをぶち壊したポイントは幾度となく見てきた。

本格的に本気でやってほしいと想像するのは巨人に移籍した今現在も変わっていない。

DNA時代では、2年連続30セーブに満喫するなとのことと厳しい意見があった。

そんな山口俊の愛車も、やはり高級車です。

今後の活躍に期待したい。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする