光文事件(1926年)と光文社との関係や真相と謎はガセ!?【直撃シンソウ坂上】

「直撃シンソウ坂上」に1926年に発生した、光文事件と光文社との真相や謎について見ていきたいと思います。

光文事件とはいったいどんな事件なのか?

また、光文事件との連みつな影響がある光文社との経緯や真相と1926年の当時に何があったのかについてピックアップしていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

そもそも光文事件とはなんなのか!?

「光文事件」など聞いたことがありますか?

これに関しては1926年に大正天皇が崩御された時に別のPRを待たずに今の毎日新聞なのだという会社が号外で画期的なところが「光文」なのだというとインフォメーションしたわけです。

これがファクトであるならとてつもない報道だったのですが、集計的に言えば、大正の次なる元号は我々が有益に理解する昭和と言うところです。

結果的に 言ってみれば誤報でふさわしいわけとなっていますが、まあこんな今では有りえない事件が当時では余裕で行われていたと思われます。

なんせ、当時には号外にて独自の報道やスクープという身分で次なる次元の元号が「光文」とPRするのです。

なぜかというと結局のところ誤報で合致したわけとは言え、当時の毎日新聞に左右されて責務をどう取るべきかと考えられる事態までサクセスしたわけです。

やりたての頃は毎日新聞の社長が責務を取る意向でしたが、最後には役職が責任をとり辞める形を施すことでこの件は収束したことが可能になりました。

ナンバーワンの責務問題までに発展した「光文事件」とは言ってもその原因や真相は何だったのでしょうか?

しっかりと裏ではいろんな問題や謎がスクープによるチェンジではないでしょうか。

これに関しては正式なPRではなく違うPRをされたことでいきなり国が置いていた元号ではなく異なる元号に変えたことに違いありません。

現実的に正式PR以前にスクープされたことで変えるというやり方も考えられなくはないと言えますが、パーセンテージは低いと断言します。

ここでチェックしたのが毎日新聞の「光文」となっていますが担当直入に申し上げると本当はモダンな元号の中に隠れていた噂がある。

しかしながら気配りしてほしいのはこれに関しては内閣案ではなかろうか?

担当直入に申し上げると「光文」と考えられるレポートは存在しませんでした。

スポンサードリンク

光文事件と平成との関係は?

はたして、PRされる新元号名は何になるのか話題になっていますが、一応オンライン上では、早くも的中させる活動が設けられているが、推理した新元号名の提案をすれば、提示させるほどこれに関しては候補から外されていくパーセンテージが高水準である。

本来従来は、「光文事件」が存在するので、毎日新聞が「元号制定『光文』とセレクト」と報じたが、本当にPRされた元号は「昭和」だったため、全くのどんでん返しになり経歴的大誤報となった。

真相は未だに闇の中で謎ですが、開始するにあたりインフォメーションされてしまったために突然に、対応だした「昭和」が導入されたとも発表されている。

そうだとしても、この発表でチョイスは理にかなっていたらしく、なぜか裏で操作していた噂もありで行われるので、PR前に把握するのはおおよそ不可能ではないでしょうか。

しかしながら、設置されているスケールを予想することは全く不可能ではないとも取れる。

なによりもまず、これまでに利用例のない漢字の組み合わせである点。一度でも使用された実例があればそれは排除となる。

これまでにシビアでハードなテストが行われる。

スポンサードリンク

光文事件と光文社との関係はどうか!?

当時の毎日新聞がインフォメーションした「光文」ではないでしょうか。

誤字じゃないかと思った人間が多数だったらしいでしょう。

そういう理由で、自分のネーミングに昭がある人間はだいたいが昭和育ちや生まれの人物です。

まあ、当たり前と言えば当たり前ですが昭和生まれがほとんどですね。

あまり考えられませんが、平成生まれでネーミングに昭がつく人間はかなり少ない。

尚且つ、昭和と言う文字はかなり特殊な意味合いがあるので、その一部分なのだという辞典の「百姓昭明よりではないでしょうか。

ところで、昭和と比較にならないほどあまり多くないでしょう。

新規の元号がどんなものになるか全くもって熟知しませんが、庁は用心しながらずっと前から提示していることは間違いありません。

結局光文事件の真相や謎はいかに?

「昭和」が誕生しての62年という意味は、輪をかけても長期間用いられた元号なのだという。

海外では中国などが長い歴史とキャリアを積むが、昭和が一番キャリアとしては長い傾向にある。

そういった昭和のストーリー自体がかなり濃いと残されている。これに関しては「大正」の次なる元号は、実際は「光文」で合致したという内容だ。もともと体が弱かった当時の天皇は、連続して公務を執行できないほどの体質だったこともありほかのいわば役職が代りに就労していた。

そこから体調などを気遣う記事が明けても暮れてもその状態を報じていた。

その他にはそこから天皇崩御を知らせると同時に、真新しい元号は「光文」に選んでおいた公表されていた、とは言えその数時間後、省は新元号が「昭和」にセレクトしたことを宣伝する。

これで完全に混乱を招き、各々に内閣が進めていた案が、何らかのチャームポイントで当時の東京日日新聞(毎日新聞)の記者に漏れた傾向が高レベルだった。

目下となってはもう詳細などは明らかにできないが、光文が注目される確率は低かったと言われるような。

簡単に言うと、言わばくじ引きに左右されてそれがそのまま、新元号に決まったと考えられることだと知っておいてください。

当時の号外の見出しには、元号確立の件に関連して色々集計していたようだ。

『光文』の他にその時代マッチングした言葉が提案されていたが、結局『光文』」 これがファクトと考えるなら、当時は相当な一大イベントスクープではないでしょうか。

混乱を招いた国民はなんていう風にインフォメーションの変化に対応できなかった。

その他ではこれらを報じている各記者達は、なんとも歯痒いおもいであると聞きました。

しかしながら、この事件の「真相」はまさに迷宮入りしていて、ちなみにこの「光文事件」には、わずかの後日談が存在します。

元号が、今度は平成に変化した時に 一口に言うと、その事情を知った政府が『昭和』に変えたとも発表されている。

いずれを選択しても、結論として『光文』は一寸先は闇になっている。

今後、解明に向けた作業はあるのか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク