扇荘の火事(火災)の原因や被害者!放火の可能性や寿町はドヤ街でヤバい!?

横浜の寿町で貿易宿泊施設でもある「扇荘」で火事(火災)が発生したようだ。

寿町とはドヤ街としても有名ですが、扇荘での家事や火災の原因や被害者などの詳細、または放火の可能性もどうなのか?

そもそも、寿町がドヤ街と言うことでただでさえ何かあるのか?と臭われるプロセスだが、被害者の安否が兎にも角にも心配である。

今回はそんな横浜寿町で起きた貿易宿泊施設の扇荘の火事についてみて行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

横浜寿町扇荘の火事(火災)の原因や真相は?

まず、インフォメーションではこのように発表されています。

4日午前6時15分ごろ、横浜市中区寿町の簡易宿泊所「扇荘別館」で火災があり、2人が死亡、13人が重軽傷を負った。いずれも宿泊者とみられ、神奈川県警が身元や出火原因を調べている。

 県警や横浜市消防局によると、建物は10階建てで、5階の1室から出火して計4部屋と共有の廊下やトイレを焼き、午前7時15分ごろ鎮火した。当時は約140人の宿泊者がいたとみられる。

 現場はJR石川町駅から西に約500メートルの簡易宿泊所などが立ち並ぶ地域。近くに住む男性(76)は「6年ほど住んでいるが、ここまで大きな火事は初めてだ」と驚いていた。

火事が起きたのは、横浜にある寿町の 簡易宿泊施設「扇荘」だと思います。

こちらがそうですね。周りは同じような建物で覆い尽くされていますが、火事なのか放火なのかに存在します。

民宿のようなホテルですが、火事の当時はどんな様子だったのか? 火事は、5階付近で発生したとされていると考えられます。

火事が発生した時には、スゴい煙でホテル全体を覆い尽くしていたそうです。

ここへ来て、出火原因や真相などをチェックしていると推定されます。

そもそもこのまちは治安が良くない場所ではないでしょうか。

と言われるイメージが存在すると断言しますが、一体なぜだと思いますか。

ドヤ街と評価されるポイントは何なのか?

本来は日雇い従業員が原因で集まりではないでしょうか。

とは言っても、昔は豪遊とか不ろう者のたまり場といった考え方が繰り返し行われたとささやかれています。

これ以外には、その後も在日系などが頻繁に出入りしていたとも考えられているようです。 中々意味深なという理由です。

とにかく、今現在 空気が乾燥しているタイミングは具体的に火事がとても起りやすいではないでしょうか。

以前火事の真相は放火なのか、普通の火災なのかは全くもって熟知しておりません。

スポンサードリンク

横浜寿町簡易宿泊所の扇荘とはどんな宿?

寿町は横浜に位置しており、労働者や不ろう者のポイントに存在します。

ちょっと前は過去に飲食店などで賑わう街でアナウンスされてきましたが、その上、独特なキャリアを持ったエリアではないでしょうか。

「寿町」とリサーチすれば広い範囲にわたるストーリーが出てくるのですが、ここは日雇い従業員が原因で集中する、「ドヤ街」と評されるポイントではないでしょうか。

そもそもドヤ街と言われる定義から、ヤバい匂いがプンプンする。

大阪の西成釜ヶ崎、東京の山谷、横浜の寿町は「3大ドヤ街」とよく考えられているようです。

簡易宿泊所という意味は、ネーミングの通りに身の回りを生活するのにミニマムの最低限度のものしかなく、そもそも部屋は想像以上に小さいスケールで、1人で生活するにはギリギリセーフと言われるポイントも結構見られます。

中はまさにワンダーランドと化しており、多種多様、廊下に多方面にわたって扉が同時進行でいると推定されます。

ここで泊まる人たちは、荷役と言えるものを中心とした働き手たちが大半を締めており、従業員たちで想像以上に飲み食いして振る舞っていたと言っても時代と同時に港湾を中心とした産業も経済環境もアレンジしていき、従来の労働者はもはや収入を確保できずに底辺を行き来するようになる。

すでにそのような風潮が付いて来ているので街という身分でのイメージは想像以上にいいものではないと言えます。

少し前から、かなりの生活保護受給者や労働者たちが時間をつぶすところどころが生活保護を受けながら暮らしていると聞きます。

従来の日雇いの寿町は迷惑を掛けずに時代の変化に異なっているはずです。

スポンサードリンク

横浜寿町はドヤ街で殆どが生活保護

国内の数個のエリアには一般の人間が足を運ぶにはリスキーと評価されるゾーンが存在する。「ドヤ」とはまさにこのことが一番ピンとくる要因ではないか?

広範囲にわたって重点的にいるエリアでは南米で言えばスラム街と評される。

いずれを選択しても、メインとして野郎が時間をつぶすエリアでもありその多くは何かしら経済的問題を抱えているのではないでしょうか。

知名度のあるのは、いわば国民の最後の砦だ。

職を失った人間、借金まみれになった人間などのそういったわけありのヒューマンにつきましてこれらの問題児が受け入れて貰える。

自分が何者なのかとかアナウンスしたりする必要はなく、殆どのものは身分関係なく出来てしまうのだ。

これまでになら最低限でのスケールの賃金を貰える日雇い業務にありつくこともできたが今現在ではこれらを把握する日本人は、ビックリすると思いますが驚くほどにほとんどない。

知識がある人間には、そもそも年金受給者などと考えられるインプレッションはそうそういないだろうし、そうした国民の身なりはバブル崩壊で働き手のエリアから難民のエリアに変化した。

それに加えて、こんな景色とは裏腹に高級感あふれる横浜中華街なども接する。

町の内からこんな世界は全く見ることができないが、寿町に存在する簡易宿泊所の沢山が在日人の経営なのだというという理由です。

今回の火事で被害者なども死亡していると言うことですから、今後の情報などをインプットしては、リスクを回避してほしい。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする