寺西成騎の兄は寺西健!横浜高校と父母親との関係は?【炎の体育館TV】

「炎の体育館TV」に寺西成騎(てらにしなるき)が出演されます。

寺西成騎の兄は寺西健(てらにしたける)で横浜高校との関係や父親、母親はどんな人なのか?

寺西成騎は二刀流などと言われている逸材で、超高校級の身長(長身)や140キロを超す球威が魅力の将来間違いなくプロの世界で活躍するであろう人材だ。

そんな寺西成騎の星稜高校での武勇伝や、兄の寺西健もハンパないことや、横浜高校と言うネーミングがヒットした理由、父親母親などに焦点を合わせていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

寺西成騎の伝説や武勇伝

ネーミング:寺西成騎(てらにしなるき)

身長:186㎝

体重:75キロ

生まれ:2002年10月18日 16歳

出身:石川県

彼のキャリアは中学生から野球に本格的にチャレンジしていますね。

その他のレポートでも触れていますが、中学から140キロを超えるピッチングをしていたので尋常じゃないことだと知っておいてください。

それほどにパワフルなフォームに負傷をしてしまわないかリスクだという事をご存知ですか。

進路的にも、ちゃんと肩を壊さない環境を選択して欲しいです。

まだまだ中学生で140kmも投げられた主旨では松坂を超える逸材ではないか?

経歴などは、小学校から始めて野球にトライしては、すでにこの時にはエースとして君臨してはその後国内の大会などに推薦され抑えという身分で快進撃。

球が速いだけではなく、高身長も彼の魅力的なポイントとなっていますが、父親、母親も身長が高レベルであるのでかなりの影響を受けてる。

そのことに関しては、兄がいて先ほどアナウンスしたこちらも高身長である寺西健と聞きました。

お兄さんも変わることのない同じ学校で最近ではまだ継続して弟と同じ野球をしているそうだそうです。

兄も弟と負けじと数々の伝説を記録したわけです。

あの大谷翔平と似ている二刀流レベルのスケールを感心しました。

将来的に注目です。

寺西健はスポーツレコメンドでパスされたとささやかれていますが、オンライン上では推測されているように思います。

弟は星稜高校の高校生であり、ずっと前から進学先は決まっているわけですからレコメンド入学にせよ、将来的に大学卒業などはオープンになっていないといわれているようですね。

スポンサードリンク

寺西成騎の兄もヤバかった!

寺西成騎は高水準のレベルだそうで、 どうやら育ってきた環境と言われています。

もっと言うなら兄も相当なをテクニックセンスでかなりやばい兄弟とも言える。

身長191cm、体重93kgと望ましいスタイルではないでしょうか。

すでに中学時代からをレギュラーの座を奪い取っています。

トレーニングでは、プロ並のメニューでもこなし、野球をスタートしたのは小学校のときでした。

当時従事していた少年野球チームは地元のクラブではないでしょうか。

キャリアを確認するとゴジラ2世やシン・ゴジラと考えられているにフィットするキャリアです。

スタイルも一流選手の大谷翔平や松井秀喜と変わるところなくとんでもなく高レベルのではないでしょうか。

将来において何度も練習を継続していってほしいですね。

目下のところ上進する材料ってインプレッションです。

自分自身の筋肉のバリエーションを判断することを間違いのないように理解し、あるいは対応できるように好ましいトレーニングを重ねてほしいでしょう。

だとすれば、センス的にもホームランを打ちまくるというプロセスが挙げられるではないでしょうか。

活躍してあっという間に関心を揃えて考えても良さそうです。

とっくにスカウトも関心していて、ドラフトでのエンターテインメント性と考えられるストーリーも表示されているくらいではないでしょうか。

飛躍的に、バットに当たったシーンでは何に対しては確かであるジャッジにチャレンジしていると断言します。

相当なキャパシティーにすればとんでもなく注目値が秀でていると思われているイメージなのでしょう。

それに匹敵するだけに、先を見据えた発達で年を増すごとにミート力が上がっていったら、あっという間にとんでもない化物とささやかれています。

スポンサードリンク

寺西成騎と横浜高校との関係性は?

寺西成騎は地元の中学あるいは星稜高校と、 あの松井秀喜と変わり映えのない成功のルートを歩んできていますね。

彼は国内選抜の代表のメンバーにも入っているという面があります。

堅実なピッチングと的確な守備としては、まさに守護神という形で君臨し、 見事完全無失点ピッチング。

国内代表の世界一に結構貢献したわけです。

こんな活躍があってこそ、横浜高校からも推薦のオファーを受けていた。

日本中から確保レースが合致した理由はこの実績だと言える。

それもあって、高校に限って言えば先発には選ばれていません。

見えない部分にはいると推定されますが、 とにかくナイスピッチングをいとも簡単にしてしまうスキルがある。

用心しながらも、攻めのスタイルを貫き、攻撃的な投球術でしているとのことです。

もっと言うなら、兄の寺西健もかなりの度肝を抜く選手になると言わざるを得ません。

とにかく効果的な体格やスタイルを維持して、そのプロセスから、 アスリートという形で強みのあるスタイルに力を入れていますし、 兄弟でプロフェショナルしてNPB入りというのも夢ではないことも考えられます。

寺西成騎の父親母親はいかに!?

さて、ここまで彼のスキルが並大抵のことではないコトは十分に伝わったと思いますが、気になるのが彼の父親、母親ではないか?

オンライン上では、全くインフォメーションがなく完全に行き当たりばったりです。

ただ、彼がここまでの高身長や桁外れの能力を秘めているところから、父親はかなりのアスリートではなかったのか?と推測する。

なにかスポーツをやっていた人なのか、はたまた普通のサラリーマンなのかは見当もつかないですが、どう考えても、こんな化け物級の息子が生まれるわけですから何かと特殊な両親ではないかと思える。

とにかく、両親も息子達のプロ入りを夢見て育てて行ってほしい。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク