【メキシコ水中洞窟】サックアクトゥン洞窟のセノーテとは!怖い?

「古代文明ミステリーたけしの新世界七不思議大百科」に世界最大の水中洞窟と第してメキシコのサックアクトゥン洞窟が特集されます。

世界最大の水中洞窟がメキシコにあるとは驚きですが、このサックアクトゥン洞窟のセノーテや怖いとも言われている噂は本当なのか?

サックアクトゥン洞窟に精通する、セノーテとは一体なんなのか?

今回はそんなサックアクトゥン洞窟についてみて行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

メキシコの世界最大の水中洞窟サックアクトゥン洞窟とはなんぞや?

メキシコ水中洞窟を比較検討して調査するプロフェッショナルチームが世界メインの水中洞窟「サック・アクトゥン」に無数の世界規模でグローバルな痕跡を発見した。

この世界規模の巨大洞窟には、昔から歴史的な遺骨やマヤ文明に見つかったと考えられる痕跡などの無数のアイテムが発見されたと題している。

広範囲にわたるメディアがこの洞窟に注目している中、サックアクトゥンが世界的に際立った水中洞窟だと明らかになったのはココ最近のことでもある。

この洞窟は周辺での「ドス・オホス」と言われている伝説級の洞窟でもあり、そのエリアは346キロメートルにも及ぶと言われる。

これには、セノーテと評価される鍾乳洞につながっているバイタルエリアでもあり、あらゆる所に設置されているのだがこれもまたグローバル級の発見だと考えられる。

洞窟から今までに見つかった遺物は200カテゴリーにも登る。

これには世界各国のプロフェッショナルやエンジニアは、「世界で一番外せない水中考古学遺跡の一部分」だと断言してくれている。

このフィールドに設けられている水中洞窟はセノーテと呼ばれている。

内部には地下に通じる水路があり、鍾乳洞が構築発表されている。

これにも遺跡や遺産が残って見受けられると言われるような。

このような着眼点からセノーテの生物がどういった具合に暮らしてきたかという趣旨を把握する上でも、今回の発見はビッグな定義を持つ。

検証班は、このセノーテの内部や見立てをどういった生物が生息進行しているのか、と同様なことを詳しく比べてみるようだ。

期せずして、マヤ文明のモダンな痕跡やアイテムがまた真新しいインフォメーションがPRされるのが望まれる。

スポンサードリンク

そもそもセノーテってなに?

メキシコ半島には川が不足して、水位が海までパターン化します。

そこには長い歳月のタイミングで、蓄積された洞窟が可能になりました。

この蓄積で可能になった洞窟や泉のことを「セノーテ」と言われます。

メキシコにはセノーテが数えきれないほど存在し、ちょっと前はなくてはならないライフスタイルに使う水という形で使われていました。

変わったところでは、聖なる場所と言われている定義が存在して、地元の人たちには大変意味深なエリアのいち付があるという性質があります。

目下のところ、このセノーテに入りダイビングや泳ぐ事ができるのか?と言えば可能でありその場所は存在します。

ツアー等ではセノーテの際立った個性は透明度の高さではないでしょうか。

今日この頃では娯楽用に設置されているエリアは約20カテゴリー存在します。

そんな中でもダイバーに流行の「チャックモール」と言われる場所が想定されます。

ここでは多岐にわたって光が差し込み、目の前には高確率で幻想的なカーテンコールがあります。

見渡す限り、透明な水と想像以上に上向いてパターンが出てこないため、そこに水が存在しないかのごとく広がるクリアな幻想的なフィールド。

目の前に出現しているストーリー溢れる幻想的な世界が思わず息をするのを忘れるくらい。

経験がない状態で見る神秘的な世界に誰もが理想的なことだと思います。

スポンサードリンク

サックアクトゥン洞窟やセノーテでダイビングは自由にできるのか!?

世間一般のダイビングとは違って、セノーテにはオリジナルのファクターごとが存在します。

洞窟の中は暗い場所も見られますから、ライトを持つ。

経験豊富なプロフェッショナルまたは、インストラクターなどの資格所有者を用いている人間が先頭で引率すべき。

けん引可能な範囲は4人まで。

割り当てられた間隔で最低でも2mを上回る距離を開けて進行する。

こういうハードな制限が取り入れられているのです。

入る以前に、装備は適切で間違いのないようにテストも実践します。

セノーテに潜るにはミニマムのキャパシティーがあるとすれば堅実。

ダイビングのライセンスが存在する人間と考えるならどんな人でも潜れます。

しかしながら、ダイビング次第でトライの経験が確定しているショップも存在します。

これ以外には危険なエリアも存在していますし、角が際立つツララなども比較して垂れている場所も見つかりますし、1人の勝手な行動で他の人間に迷惑がかかるので、必ず共存しながらのことが求められます。

気が弱い人や、水が苦手な人は心の持ちようが必須かもしれないですね。

ただ、自身のレベルに対応するように水中でアシストして頂けます。

キャパシティーにリスクが存在するケースでは、依頼するといいと思います。

ここへ来て水没してくれている世界最大の洞窟だが、その水位は時代と同時にアレンジしていたようだ。

チェックでは海底に眠る異物や痕跡などのそんな中で最高に古いのはおおむね紀元前のものだと発表されている。

水没以前、洞窟は水源という身分で広範囲にわたる動物たちやヒューマンに実践されていたのかもしれない。

中には数千万年前の遺骨なども発見されている。

ここへ来て考慮されていると比較しても古い時代から、この近くにこのようなラインが合致した証ではないかと考えられる。

セノーテなどの観光地に匹敵するエリアでは、最近ダイビングスポットと考えても客受けを博しており洞窟自体が老化する危険性も心配されている。

比較検討により、その歴史はかなり古いものだと教えられました。

生物多様性などに関連してさらなる検証、あるいは洞窟の保全スキームも立ち上げるとささやかれています。

水没してくれているから目下のところ新発見が存在することも考えられます。

スポンサードリンク

中にはエイリアンの物体も発見されている!

この世界最大の洞窟でエイリアンが描かれた壁画や彫刻が見つかった。

そういった驚くべきインフォメーションが入ってきたそうだ。

何と人類がマヤ文明からエイリアンの物体と交流していた真新しいる証拠ではないかと人気を博しているようだ。

メディアでも筆頭に 何人かの専門家がレクチャーしている。

ポイントは、エイリアンらしからぬ彫刻でできた異物や絵描のような痕跡が多量に発見されたのだ。

これだけでもかなりの有力な手がかりですが、そこには石に刻まれた絶大なる奇妙な生物です。

これには、間違いなく「グレイバリエーション」と評価されるエイリアンだとプロフェッショナルは解析する。

見た目はまさに、人間ではない。

洞窟付近に暮す人民の間には、過去にやってきたエイリアンの集合体とその周辺と合致した。

発見者らはそのことを頼りに研究して今回のエイリアンにたどり着いたと考えられる。

そうそうこんなこと発見できないので。

これはまさにファクトだったのだ。

発見者たちはこの遺物を、古代文明とエイリアンが接触していた証拠とやろうかどうか検討している。

以前に、メキシコの地にタイプ別のエイリアンが訪れており、ところどころとコミュニケーションしていたというので掲示されている。

雑誌でも取り上げられているのと同じく、メキシコの古代文明とエイリアンとの関連は古くから言いつけされており、多種多様な遺物が見つかっている。

かなり意味深なエリアです。

死ぬ前に一度は訪れてみたい。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする