落合正吾(像飼育員)とインディラの死因や脱走がヤバい!値段は?【アンビリバボー】

「アンビリバボー」にインディラと言う像の飼育員だった落合正吾さんが特集されます。

今現在から51年前の1967年に上野動物園の像であるインディラは落合正吾さんにサポートされていてその死因や脱走劇が話題になっていました。

今回のアンビリバボーではその像と1人の飼育員のストーリーになりますが、上野動物園ではいったい何があったんでしょうか?

インディラと落合正吾さんの死因は未だに謎が多いですが、そもそもの発端となった脱走はなぜ行ったのか?

この辺をみて行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

1967年(51年前)の上野動物園の像インディラが逃げたストーリーは?

時は今から51年前。

詳しく言うと、1967年の 上野動物園には、インディラと言われる像と同時進行で住んでいたと言われるもう一頭の像が存在していた。

実行中のジャンボと言われるこの像とインディラは ちょうどその日、チャームポイントは把握していないんだけどもいきなりトラブルが開始された。

ただの喧嘩だと思いますが、そこから段々とエスカレートしていき、 その他にはインディラは、グランドから力負けして放り出された。

突き落とされたインディラは、体に傷を負いそのまま上野動物園の外に出た。

当時リアルタイムでその場にいたところどころに限って言えばビッグな心配とリスクだった。

一般的に考えても像はライオンやワニなどと比べて大人しい印象があるが、本気でキレるとヒトは瞬間的におしゃかになる。

今でも像が原因でいろんな事故が世界的に相次いでいると考えられるインフォメーションはよく拝見する。

依然として未熟なゾウを襲うスケールや現代人のなかでも失敗の可能性すらひめている動物だ。

脱走したインディラはこれから先どうなったのか注目しているだが、 仕方なく射殺されてしまったのか?

結末はどんな時でも筋書きがある。

スポンサードリンク

インディラの飼育員である落合正吾とは何者なのか?

インディラの飼育を受け持ちしていたのがプロフェショナル飼育員の落合正吾さんで、インディラをファミリーと同様に愛し、接していたとささやかれています。

そういった彼のきめ細かなサポート環境でインディラも心を開いた。

このストーリーの筋書きは一緒に住んでいた仲間のゾウと揉め事をしてしまい、ブチ切れたインディラが攻撃を受けて負傷する。

飼育員の落合正吾はこの手のプロフェショナル飼育係でしたが、体調不良で入院していた最中でした。

助言を求めて上野動物園の関係者が各家庭に出向くと、素早く出向いた落合さんはパジャマのまま現場に向かう。

長期間にわたってインディラのサポートをしていた彼ですから、 緊急事態だったというのは確かですが、最後に再会できたことは、彼に限って言えば喜びだったのかもしれないですね。

これ以外には、メディアでもプログラムされているインディラの状態に関しても語られていました。

その後、落合さんは亡くなりました。

コレ以降はこのストーリーが伝説となりささやかれています。

動物と人間の揺るぎない信頼関係をフィーリングさせるエピソードに、心が動いてしまうのです。

落合さんとインディラの高度な愛と絆を見つけ出してはインディラはさらに彼になつこうとしていた。

それ以来、インディラはそのタイミングでなると落合さんが立ち寄った方向をガードして、耳をすまし、しかしながら待つようになる。

落合さんが自分自身の娘と同様に愛したインディラを愛し、育てたという考え方がよく把握できる。

彼の行動には人間という形で学習するポイントが多数存在する。

将来においても多彩なヒューマンと身近にふれあっていきたい。

スポンサードリンク

落合正吾の死因はなんなのか?

そもそも、才徳を有しますが負けず嫌いでプライドが高く自信家です。

役職重視や権力を欲して、辛苦にもチャレンジする人物。

運気の上下が激しい。

勢いが存在するので夢に合ってあっという間に突き進む。

想像以上に野心家で勢いが存在するので若い内から実力を認められ大成する。

自分自身のアビリティーでサクセスいくスキルが存在するので独立を考慮するのもあったと言われている。

ただ、弟子が足に鎖をつけて引き戻そうとしたその背景にありますがとは言えインディラがその気になったら、人間など木っ端みじんです。

とんでもなく近くに関することまでサポートを行いインディラの愛情にささげていた。

それから、まるっきりインディラと喧嘩したときにまた必死こいで止めさせていた。

そこから落合正吾は一週間も立たない間に亡くなっていったんですがその死因や原因が元々の体調不良だったのか?

それともインディラとなんら関係しているのか?の実際は、謎である。

彼は作業が終わると、すぐさまに帰ってベッドに倒れ込んで更には1度も起きられないまま、亡くなったんです。

その一方で 動物と人間と言われるカテゴリーがギャップも言い切れるその直感こそ心を通わせるバックボーンではないか。

スポンサードリンク

インディラの値段は?昔ゾウは安かったのか?

像の価値や値段てどのくらいの値段がついているのか?

アフリカゾウは主に色んな動物園でも購入となっているため多くの国内のイベントなどにも配置されている。アいかなる時も像と言う動物は同時にいる相棒という形で支持率が高い。

約100万円のアジアゾウはシステム上、会得統計が出ているため、色んな園にいるものに限られるだろう。

今現在の 動物園で流行のキリンなどは250万円での価値と言われている。

ライオンなどは100万円でキリンの方が高いのが以外である。

こうした動物の価格はどう決められているのか?

東京都の結果を見ると、動物のGETメソッドは、野生で採取したり、交配のせいで子どもが生まれる、

外部から取得あるいは新規の動物園とチェンジするといったテクニックが存在する。

上野動物園を整備したシステムの結果ではファクター上、100万円を上回る物を『重要物品』という形でルール実践していると言われる。

基本にあるのは、必須物品にすれば売却の対象になるが、動物では取り組んでいない。

そうするために原則的には、GETの価格が概算で今日この頃は見受けられる。

万が一にも、アフリカゾウやアジアゾウは価格が今の時代で起きてるゾウと照らし合わせると安いのは、ずいぶん古いタイミングとして、依然として動物が安かったり貨幣値打ちが別個の時分にGETされたことがチャームポイントではないでしょうか。

インディラは本にもなった!

オンラインで見つけた「もどれインディラ!」は、子供にも熟知しやすく、これまで以上に当時の環境をキッチリと説明してくれているので、オンラインで見極めるに限ったことではなくて改めて本を確認して正解だったでしょう。

作者の中川志郎さんのレポートがまたビックリするほど上手で優しくて、これ以外の本も読んでみたいなと考えても良さそうです。

今後も語りつくされるでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク