【夜の巷を徘徊する】東京ドイツ村の遊び方やオススメスポット!犬やペットNG!

「夜の巷を徘徊する」に東京ドイツ村が特集されます。

東京ドイツ村の遊び方や、オススメスポットなどと犬や猫などのペットNGに関してもみて行きたいと思います。

東京ドイツ村とは千葉県に位置するイルミネーションの施設になっていて、かなりのデートスポットにもなっています。

そんな東京ドイツ村が、夜の巷を徘徊するにメディア登場されるので、ピックアップして行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

東京ドイツ村ってなんなの?

千葉県にある知名度の高いイルミネーション施設でもある東京ドイツ村。

ドイツをインプレッションしたコンセプトで、なぜ東京と言われる言葉が付いて見受けられるのか。

千葉県にあるのにどういう理由で東京ドイツと言う理由なのか、その真相をチェックすることに。

美しいイルミネーションのエンターテインメント性とプロセスの見立てが可能なチャレンジ型パークでもあります。

近隣のカップルや夫婦に申し込んでチャレンジしてもらい、その見立てのインパクトを注視してはその他には施設の中のイルミネーションを修正する作業員などを眺めては「ここの部分をタスクするのは想像以上」とタスク者の努力を心の底からと感じるマツコ・デラックス。

アジアや中国の伝統的な展示展を実用しては、イルミネーションのパーフェクトな輝きを体験できます。

【名称】東京ドイツ村

【場所】千葉県袖ケ浦市永吉419

【点灯期間】2018年11月1日(木)~2019年4月7日(日)

【点灯時間】点灯時間:日没後~20:00(最終入園19:30)
※期間中の営業時間9:30~20:00(最終入園19:30)

【お問い合せ】0438-60-5511 東京ドイツ村管理事務所 ホームページはこちら

【料金】有料。イルミネーション特別料金:徒歩で来園の場合(4歳以上)1名500円車で来園の場合(最大乗車人数まで、駐車料込)1台2500円

スポンサードリンク

東京ドイツ村のアトラクションは?

屋外で遊ぶフィーリングが豊かな東京ドイツ村は雨でも原則的に遊べるという考え方ができるはずです。

アトラクションが多くのカテゴリーをしめており、運転中止と言われることも想定されますが、観覧車やボルダリングと言えるものは雨に関係なく遊べるので人数などの込具合が限られる。

雨が降る日はやっぱりファクターではないでしょうか。

この他にはイルミネーションのインスピレーションが雨の水分によって上昇しては、これまでよりも効果的に感じるなどの口コミもある。

スピーディーに雨が上昇しそうな場合はヒトも多くはないから足を運んでみる実利はあります。

園内を車で移動できるのは広範囲な敷地を有する東京ドイツ村の持ち味の一部分ではないでしょうか。

ゾーン毎に駐車場が存在するので、徒歩で移動するのが普通でないちょっとした人でも堅実。

それ程熟考しないで足を運び、東京ドイツ村を満喫することをお勧めします。

東京ドイツ村ではイルミネーションが満喫できる。

これに関してはイルミネーションの中の1つに認定されている広範囲に及ぶインスピレーションだ。

年を増すごとに異なる光や電球がアレンジされ、年毎にまったくもってテイストの違うイルミネーションを見ることが実現可能です。

入園料
2016年11月1日?2017年3月31日(イルミネーション特別料金)
イルミネーション期間中は特別料金として駐車料金のみとなります。

【車での入場】

乗用車:2,000円
【車以外での入場】

1人:500円(4歳以上一律)
2017年4月1日?10月31日
【車での入園】

大人:800円
小人(4歳?小学生):400円
乗用車:1,000円
【車以外での入園】

大人:800円
小人(4歳?小学生):400円

・スーパーチェアー

椅子に腰掛けると地上約3mに上向いて回転するアトラクション。

・フロッグジャンピング

地上約7mまで上がっていくフロッグジャンピング。

一番高い箇所では数えきれないほど広がる畑。

・アーチェリー

本格的なアーチェリーで実践形式はもちろん、大人から子供まで真剣勝負や遊び心満載のアトラクション。

スポンサードリンク

東京ドイツ村のオススメコースやイルミネーションは?

東京ドイツ村のデートを気持ちよく快適に行い、是非とも混み合う場所以外にあたるなら雨をアレンジするといいでしょう。

東京ドイツ村には、悪天候の日とそれと同じ様な日ではないでしょうか。

その後東京ドイツ村では、料金が改訂されると思います。

新料金は車でユーザーが想像以上に有利に楽しめる設定アレンジである為、仮に実現した場合、車で顔を出すことをご提案します。

サクサクと着いたシーンのデートプログラムは、次章をみて下さい。

これ以外には、ドイツ村内には農作物を実利するゾーンと、動物と触れ合えるゾーンのような屋根のないアトラクションが当たり前で考えられます。

これらは経験するにはチャンスとなっていますが、雨の日のルーティンワークはしていないため、ここの部分をターゲットに絞り来るユーザーはかなり少なくなってしまうのです。

そうするために雨の日はなんていう風に混雑しません。

各媒体に色んなイベントがある東京ドイツ村ですが、なんと言ってもイルミネーションのインスピレーションは最高です。

もっと言うなら上手く行ったら実感することも考えられます。

入園してタイミングのかかるアトラクションでエネルギーを送るシステム以外に、近隣時間を過ごして日没後に入園すると明言するメソッドも存在します。

その際に使用することができる観光スポットという形で、ちょっとした足を持ち越すなら郷土博物館などが挙げられます。

一般のヒトならちょうどいいと思いますが、キャリアや植物に関心を持っているヒトなら博物館もおススメとなります。

東京ドイツ村は犬&猫(ペット)はNG!

統計から言っていますと、東京ドイツ村のイルミネーションでは犬を連れて来園が実現してしまいます。

とは言え、「わんちゃんランド」と考えられるゾーン内のみなのでケアが要求されることになります。

東京ドイツ村での外は結局NGです。これ以外には車内に放置もリスクなので絶対に気をつけるべし。

スケールの割にはスペースは狭いと考えられる意見が珍しくなく存在しています。

しかもペットを預けるだけで800円は少し高いレベルに言ってもいいでしょう。

実際的に実践したヒトの評判は、 犬連れで道も歩けない、二度と行かないかもとか、 犬連れ客に徹底的に神経質になっている。

なんか納得できないと言う意見が多く、せっかく広いエリアなどが存在するわけなので、シンプルかつもっと平等にやるべきとか断定できます。

評判を求めてみるとペットにしたらさほど良くないイメージが存在しています。

ペットと同時に望めるモチベーションで遊びに来たのに同時進行で道は歩けないし、広いとはいえないし不服が当たり前です。

そのほかにも自由性がほとんどないという理由で、ペットとの同伴は大きくレコメンドは出来ないと思います。

関心を持っているヒトは検証してからお出かけすることをご提案します。

東京ドイツ村の公表では、

全面芝生で広大な敷地のドッグランですが、注意点(お願い)があります。
園内は車で回れる施設となっておりますが、わんちゃんランド以外でわんちゃんを車外に出す事はできません。
※園を訪れるお客様の中には(犬)がダメな方も多くこの様な決まりとさせて頂いております。
また、《車内は高温》となりますので、必ずお客様がお車に同乗し、大切なわんちゃんを放置しないで下さい。
当園の《犬連れシステム》をご理解の上、お客様ご自身で大切なわんちゃんをお連れになるか、否かを判断して下さい。わんちゃんの「一時預かり」もありますので是非ご利用下さい。

とあります。

来場前には事前に必ずチェックを!

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする