プロフェッショナル

玉屋庄兵衛の弟子や本名と息子!年収や工房と作品など!【プロフェッショナル】

投稿日:

「プロフェッショナル」に玉屋庄兵衛さんが特集されます。

 

玉屋庄兵衛さんの弟子や本名と息子などはどうなのか?

 

玉屋庄兵衛さんの年収や、工房と作品などをピックアップして行きたいと思います。

 

玉屋庄兵衛さんの今現在の活動は、からくり人形師と言うことでかなり特殊なビジネスだと言えます。

 

玉屋庄兵衛さんはこのからくり人形を制作するプロフェッショナルでもあり、多くの作品や工房から発信されるからくり人形で多くのファンを生み出しています。

 

今回はそんな玉屋庄兵衛さんの魅力に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

玉屋庄兵衛の本名や経歴プロフィール

玉屋庄兵衛(たまやしょうべい)
本名:高科庄次
生まれ:1954年6月13日
出身:愛知県

結論から言えば本名は「高科庄次」さんです。

 

本名も珍しいネーミングですが、玉屋庄兵衛はからくり人形師でもあり名古屋に移り住んでいたと言われています。

 

彼が住んでいた田原市では、江戸時代から増加するキャリアに見受けられる地元の祭をはじめからくり人形が存続されているのではないでしょうか。

 

元々は明治時代に組み立て昭和から平成へと受け継ぐ玉屋庄兵衛の手により復元されました。

 

人間なのに本物の人間のような動作には手・足と木でできた仕掛けが語られていく。

 

彼の手から誕生した人形たちは皆、ひとつひとつのスピリットを持って生きていると考えられています。

 

まさに奇跡に近いような感じがありませんね。 若いケースでは修行も数多く実践されています。

 

からくり人形師をアグレッシブに目指し始めたのは25歳のときではないでしょうか。

 

七代目に弟子入りをしているのです。 その後は兄から玉屋庄兵衛の名を継ぎます。

 

さらには彼の行動力が多岐に渡って評価されており、実演公開の行動もされてます。

 

作品や工房の展示館などで見るというプロセスが可能だという事です。

 

時を越えて20世紀に入ると、ロンドンの大英博物館に自身の作品を寄贈するんですね。

 

そんなグローバルな施設に自身の作品を寄付するとはもはやテクニックとスキルは世界レベルかもしれないですね。

 

今日この頃では名古屋の住居件工房でいろんな地域のからくりの修復をされてます。

 

修復プロセスオンリーに限ることなく、もっと言うならプログラム展などにも作品を出展してます。

 

多くの著名人と肩を並べては、自身の作品もかなり評価されており修復に限定されているわけではありませんが、創作のからくりにもアグレッシブにチャレンジしてます。 2014年には現代の名工を受賞されると言えます。

 

日本国外の国際コミュニケーションにも高評価を得ているんですよ。

 

ここへ来て64歳になるんですけど世界中に飛び回りイベントに関与する即戦力がかっこいいですね。

スポンサードリンク

玉屋庄兵衛の作品はいかに?

『からくり』とは、仕組みからくる糸を操作している組み立てたこと、ロボットのようにネジを回せば動くのと同じく造った人形とされていると考えられています。

といった事実は、これを動かすには、人とキャパシティーとゼンマイが存在すると言う理由です。

 

『からくり』の人形と言われる事なんですが大きく分けていくつかのカテゴリーが存在します。人形を乗せて神事に的を絞って供えたからくりではないでしょうか。

 

からくりの理想的な玩具という形で発展したからくりとなります。

 

芝居から来るからくりの面白さを広範囲にわたるヒトに楽しんでもらう事をもくろみとした興行としたものやリリースように販売しているからくり人形などカテゴリーは様々ではないでしょうか。

 

座敷からくりなどは、矢を手中に収めて弓を 絞り的へと放つことをメインにされていますが、かれはコレを製作工房を再現 して会場に再現しています。

 

仕組みや、メカニズム全般の定義という形で使われている。

 

手短にお話すれば、国内オリジナルの古い時代の機械的仕組みのことになります。

 

世界的な規模で本当に興味されていて彼が日本国外のイベントに関与するのがよう認識できると思います。

 

これまでにはリリースされていたこともあるんですよ。

 

存在する会場で茶運び人形が 5体に限って販売されたのです。 インパクト的なのは価格だと断言できます。

 

びっくりすることには、 約262万円になると言わざるを得ません。

 

何と言いましても余裕しゃくしゃくでゲットすることは行えないと言う理由です。

スポンサードリンク

玉屋庄兵衛の弟子はどうなの?

25歳で弟子入りし、玉屋庄兵衛と言われるネーミングを襲名されました。

この時に父の岩次郎さんが、養子縁組され高科正芳さんになったと言われています。

 

ただその後父親は死去され、死去した後またこのネーミングも受け継ぐようになったとか。

 

この頃は兄から継いでいると推定されます。

 

茶運び人形などを寄贈されている実績などもあり、からくり製品だけではなく職人としての才能やテクニックを広めようとからくり細工の実演公開などの実践を毎週行っていると推定されます。

 

今現在は名古屋市の自宅兼工房でいろんな人達の注文や修復作業を行っていますが、からくりを本格的にスタートしていると考えられます。

 

息子である長男の樹さんが弟子入りされたとささやかれています。

 

長男の経歴プロフィールや過去の実績などはひとつとしてインフォメーションが出て来ませんでした。

玉屋庄兵衛の工房はどんな感じ?

現在も愛知県には、150を上回るイベントや祭りが残って見受けられる。

そんな中で、からくり人形が舞い踊るのは約140台。それらの修理や伝統的に伝えているのが広い範囲にわたって活躍中の玉屋さん。

 

彼の元へはアクセスする人が連日多く存在して、 玉屋庄兵衛さんは、ユニークなからくり人形も製作。

 

何はともあれ実際的に動く状態は本物の人間のようだ。

 

想像以上に粗いものでしたので整備を施したとささやかれていますが、ダントツに難しいのは歯車のパーツだと語る。

 

歯に関してはタテの木目のみを活用することで、重複に貼り適応できるようにしていきます。

 

作品には湿度や温度にもチャレンジしてアレンジしてしまうのので、インパクトに従い変容しやすいと力説する。

 

作品には、 木目が綺麗に放射状に同時進行でいることが認識できる。

 

木は部位に合わせるように7バリエーションを使っている。

 

からくり人形の土台には対応するように木をセレクトするがどのからくり人形も木製と言う理由から、当たり前の事にスキルがないとプロフェッショナルとは呼べない。

 

彼の代表作と公表されているのが「弓曳童子」でもあり、もともとは、先駆者が制作したものでもあり、残っていなかったので、オリジナルを解体して生み出し、文句無しに復元した。

 

原材料もまるまる同等ものを実施。製作には1年を要したと考えられている。

スポンサードリンク

玉屋庄兵衛の息子(子供)や嫁妻はいるのか?

ご婦人は見受けられると思うのですが、頑固な職人のご婦人と言う理由で、インフォメーションが出て来ませんでした。

 

息子は樹が存在することは分かったのですが、娘やその他の子供が存在するのかは今のところ不明ですね。

玉屋庄兵衛の年収はスゴいのか!?

まず人形師の1日の流れはどのようなものになるのかみていこう。

原型制作期は大幅に自由にトライしています。

 

目的の原型をターゲットとした粘土で組み立てていき繊細な業務なので、メンタルが乗ってるときでないと良いものが作れません。

 

型取りから仕上げまでの納期は、約朝8時からプロセス始めて23時ぐらいまで絶え間なくタスクを実践します。

 

1日の仕事内容というかプロセス時間は10~12時間ぐらいのものですね。オフもサラリーマンほどのものだと思います。

 

イベントや個展などに作品をリリースする時は、かなり納期に追われるのがオフも週休1日ぐらいだと認識してください。

 

職務はハードではないでしょうか。

 

造形師と言われるまでの最近ではオーダーメイドでこしらえたり、依頼されてフィギュアやコスプレ小物にフリーランスにおいて造形師に注力しています。

 

原材料にも影響されますが近年ではいろんな職人が素材に拘ると考えられる。

 

原材料の物でも1つの人形だけで80万円を超える作品も存在する。

 

ジャンルも玩具となっていますが原則的に一点物なうえ、芸術作品扱いというわけなので値段がアップします。

 

尋常でない分、つくり上げれば達成感も想定されます。

 

やり始めの頃は見向きもされなくて売り込むのも思いのほかとは言っても、作品を世に投資した時はたった一人でも「素晴らしい」と言ってもらえるのがエンターテインメント性ではないでしょうか。

 

それほどメジャーなルーティンワークではないので手掛かりに関しては供給する側が少なくデビュー可能なパーセンテージは高めではないでしょうが、とは言っても、この世界は多くのベテラン職人が当たり前で、売り込むのが困難を極めるのです。

 

造形が想像以上に上手い人しかいなくて、何をおいても造形力がないとついていけないと思います。

 

もっと言うなら、生き方も重要だと断言できます。

 

個性や完成は正確無比な彫刻家の言いつけ通りにで学べばおおむね3年位で自分のものとすると断定できます。人形創りには体得することをお勧めするのです。

 

人体メカニズムの同意には修行していきます。

 

美術解剖学の実習から逃げられないのも単純にはいかないポイントではないでしょうか。

 

今後の活躍に期待です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-プロフェッショナル
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.