佐々木美智子(新宿ゴールデン街)の今現在はバー経営!結婚(旦那・子供)はどうか!【激レアさん】

「激レアさん」に佐々木美智子さんが特集されます。

佐々木美智子さんは新宿ゴールデン街の伝説ママとして話題になっていますが、今現在や結婚して旦那(夫)や子供はいるのか?

佐々木美智子さんの今現在の活動はバー「ひしょう」を経営していると言うことでその場所や、どんなバーなのかが気になります。

今回はそんな謎が多い佐々木美智子さんについてみて行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

佐々木美智子の経歴プロフィールやWIKI

ネーミング:佐々木美智子(ささきみちこ)

生まれ: 1934年2月9日

出身: 北海道

学歴:東京綜合写真専門学校 卒業

佐々木さんのキャリアが想像以上に複雑で、 シンプルに工程すると 北海道から上京する新宿に在籍してた時に屋台を開いたというプロセスがキーポイントでその後は日活の編集部に参加。

その後写真学校に行き、写真家なのだというプロセスで店を出すと考えられると思われている言葉では 片づけられないくらい百戦錬磨してきた人間のよう。

それに加えて、 ゴールデン街でショップを出した後、 いろんな場所でいろんな経験をしてきては、移動先でもショップを出しているとか。

自分自身で全くの初心者から物事をチャレンジさせて、 一歩一歩運営をしたあとに、 最後にたった一人ですべての責任を全とうしては片付けてきたようなキャリアでもある。

そういったスタンスが想像以上にサマとなっていて、 うらやましくも感じ入りました。

佐々木さんの半生を描いたものが書籍にもなっている。

ゴールデン街にバーを確立してから、 ブラジルに実施し水商売を始め、 銃撃戦を目の前にした体験したことが詰め込まれている。

かなり濃い本なのだということは高水準でも想像できる。

ただ、彼女は裕福な家に生まれる。

平和な日常生活が続いていたことが逆に幸いしてか、徴兵された兄が上官にリンチにあいそのまま亡くなり、ファミリーがここから転落していく。

その後彼女はキャバレーで職責の仕事を得る。

ブラック社会で生きて行くことを決意した彼女はやくざに屋台を借りて、新宿でおでん屋をスタート。

ただ最初は、売上が上がらずに食べて行くだけで必死だったが、その後はおでん屋が軌道に乗りはじめる。

ユーザーだった常連さんにオファーされ、日活の編集部に入る。

インフォメーション写真家を目指し、都内の写真専門学校で本格的に学ぶ。

当時は学生運動などが盛んな時代で、 学生に間違えられ、機動隊に無茶苦茶にされ挙句の果てには逮捕されてしまう。

逮捕後は再び、 やくざにショップを借りて上等クラブである『ゴールデンゲート』をスタート。

こと比較して、佐々木美智子さんは小説と同様の常識ではないライフスタイルを歩んできてます。

スポンサードリンク

佐々木美智子の今現在はバー経営!?

佐々木美智子ママが経営するバーの名前は 「ひしょう」 新宿ゴールデン街で目下も働いていると考えられます。

彼女のキャリアやその後の生い立ちからを把握する伝説のママとなっており、写真家でもあり、著書も出しているとのことです。

こんな人間に会えると想定すればぜひショップに実施してみたくなってしまうこともあると聞きます。

ひしょうはユーザーにもかなりの有名人を抱えているが、ほとんどが俳優やミュージシャンなどが多いです。

自分自身が熟知していた人間としては、 石橋蓮司や坂田明などもいる。

その他にも自身で書籍をリリースしているヒューマンも驚くほどたくさんではないでしょうか。

そんな簡単にはユーザーの知名度が高いので一ユーザーとして来店するのはかなりの勇気がいるが興味見たさで実施しみたい気もします。

店名 ひしょう
住所 新宿区歌舞伎町1ー1-7
電話 03-3200-5325
営業時間 18:00~23:00
定休日 無休

佐々木美智子は結婚して旦那(夫)子供はいるのか!?

数多くある世界の人間が彼女の店に夜な夜な集まり、交わすコミュニケーションにはライフスタイルを謳歌した人々のプライドや喜怒哀楽などの人間の繋がり、そんな中で生まれる原点がぶつかり合っているかのごとく考えさせられました。

世代も関係なく それがゴールデン街のチャームポイントなんだと改めて感じられた。

目下のところ自分自身はまだまだ青いと感じながらも、現実を知ったわけです。

彼女が経験してきたブラジルなどを熟知したいパーソンや、ライフスタイルの悟りに触れたい人間は是非とも「ひしょう」を訪ねてすることをおすすめします。

そんな彼女だが結婚して旦那や子供はいるのか?

リサーチしたが、これといったものはない。 おそらく年齢も年齢なので一度ぐらいは経験があると思う。

今現在は夫婦共々暮らしているのか、もしくは1度離婚などをしているのかは謎ですが・・・

スポンサードリンク

佐々木美智子がなぜ伝説のママと言われているのか?

元々は美容師を目指して上京したそうだとしても、当時の学校の校長のストーリーに賛同がいかず、そのトークが終了すると即退学したと言うまさに伝説だ。

やくざから屋台を借りて、新宿でおでん屋をスタートするが場合になるとやくざに嫌がらせをされながらもようやく常連客もついて食べて行けるようになった。

この時点で周囲には「懇切丁寧なひと」がほとんどで、互いにバックアップし合う。

本当にいろんな人がバックアップしてくれたと語る。

誰も特別扱いはしないエリアだった。その後ココを畳んで、スペインへ旅行した。

その後肌にフィットするブラジルでバーを経営したが、奮闘しているとマフィアに急きょ撃ち込まれ、銃撃戦になったことも存在する。

それと同じ様なストーリーが、今では武勇伝として語られている。

これらと比較しても、さらりと思い出話という形で続々語られる。それからふと述懐する。

ブラジル人は醍醐味のある。銃撃戦を実践したひとが、一週間もしないでショップにくる。

そういうブラジルで、初めて変われたと言われる。その他にはブラジルから日本に帰国している。

頭で実用化した信念からではない。

言ってみれば考えしか許されず戦争中を手中に収めているから、あるいはそれが、兄の死などプロ意識の高いダメージをもたらすことを肌で心得ているからこそ、どんなひとでも排除せず、受け入れることができたのだろう。

これに関しては何処の対象まで、恨み節一部分なく、「理想的な人だった」と言われるような人生でいたいと語っている。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする