かつやの没メニューや人気オススメメニューを紹介する!【有吉ダレトク】

「有吉ダレトク」でかつやの没メニューや人気オススメメニューをみて行きたいと思います。

かつやに没メニューなどあるのか?と思えるほどの人気店だが、そんなかつやでも没メニューは存在する。

かつやは何かと言えば、かつの専門店でもあるがやはり人気オススメメニューなどは定番中の定番なんでか男女ともに支持されている。

今回はそんなかつやの没メニューや裏側までみて行きたいと思います。

スポンサードリンク

かつやに没メニューなど存在するのか?

かつやは、その名のとおり、とんかつを集中的にした飲食チェーン店の1つではないでしょうか。

牛丼屋が豊富にいる中、かつが大好物な人物の評判を集め多方面にわたるショップを繰り広げていると考えます。

しかしながら、かつやのチャームポイントはとんかつ以外にもあります。

もちろんメインのとんかつや、かつ丼以外に、朝食やサイドメニューがたっぷり用意されているケースもあれば、テイクアウトのアフターサービスが存在するシーンもある種のメソッドではないでしょうか。

その上、かつ以外のメニューも細心の注意を払って、手っ取り早く食べられるので、多種多様な人間に活用されているのではないでしょうか。

そんなかつやの訴求力をご提案します。

12/7から3日間限定に限って行われるかつやの還元祭が担当直入に申し上げるとワンコインと第して500円と言うから驚きだ。

かなりデブでも食べごたえ十分なロースカツ定食も、カツカレーもワンコイン!

没メニューにも「かつや」が出ると噂されていますし さまざま実践してくれる。

そんな噂を聞きつけて、今回の還元祭にはもはや多くのユーザーが利用しているし、没メニューなども気になる。

どんな場合でも、フリーでさえ低価格なのに、 ワンコインでリリースしているのはこの4つだ。

カツ丼 ・ソースカツ丼 ・ロースカツ定食 ・カツカレーもどれも合せて満足のいく作品だろう。

それ以外のメニューと照らし合わせるとどの前後魅力的なのかと言えば カツ丼は基本にあるのは702円これでも色々あるお得ではありますが 本音を言えば200円も値下げ!

ロースカツ定食に限っては745円!カツカレーは853円である故 350円も値下げしてくれる!

これに関してはもう3日立て続けで延々と行くしかないぞ諸君!

かつやのおすすめメニューはなんなのか?

何はともあれかつやのオススメメニューを1個1個ご紹介しています。

まずは、本音を言えばかつやメインのとんかつを活用した、かつ丼が相当使えます。

かつ丼にはサイズに左右されてカテゴリーが分けられていると考えられます。 最も小さいサイズからボリュームがアップしてきていきます。

往々にして、標準サイズに相当するのが、(梅)サイズで、ロース肉を80gを活用したサイズではないでしょうか。

かつやの訴求力は素材の自慢と食感となります。

理想的なとんかつにやるため、原材料にはかなりのこだわりがあり、ともかく指定されている農場で育てられた豚を活用することで、管理ルールを徹底したシーンで調理されているのではないでしょうか。

まとめると、カロリーや油を気にする女子という部分も気にすることのないとんかつに仕上がっています。

重みも無いしカツそのものの味に仕上がっているとんかつには、独自の卵が用意され、ご飯がすすむを活用することで味付けがされているように思います。

テーブルには、独自の調味料が置かれていますからサイド食感として活用したり、お漬物を間に挟みながら食べるのもちょうどいいと思います。

これ以外には料金プランも低価格化で、かつ丼(梅)は490円です。

ワンコインで、おなか一杯のかつ丼が食べられる価格アレンジも理想的な一部分に違いありません。

次の手をアナウンスしますが、ヒレカツ定食ではないでしょうか。

かつ丼で使われているとんかつは、ロースかつでのもはや定番中の定番。

そうは言っても、かつやのヒレカツは、ロースかつという意味は加えて違ったおいしさが存在します。

ヒレカツも素材にこだわり抜き、ロース肉の旨味と油の甘さもおいしいとは言っても、ヒレ肉特有のしまった肉質のうまみは、更には格別ではないでしょうか。

とんかつと聞くと、相当油の重みが注目しているポイントでしょうが、かつやのとんかつに、その重みはフィーリングさられず、逆効果でフラストレーションの溜まりにくい衣が心地よい食感を生み出しているに違いありません。

スポンサードリンク

かつやでの極秘なうまい食べ方を紹介する!

カツの食べ方は人おのおのあると計算する。

それに関連して語って行きたいと思います。

開始するにあたり、いままで見てきたメソッドややり方をアナウンスしていきたい。

まずは、 とんかつのトータルにソースをかけて食すタイプ。

皿に別々にソースを入れ、トータル的に食すタイプ。

ご飯の上にカツを豪快に上げていわゆる丼タイプ。

トンカツの外部に野菜をアレンジして同時進行で食すタイプ。

この4つ前後だろう。

各々に一長一短があり、こればっかりは人間の好みといわざるを得ない。

自分自身オリジナルの食べ方をアナウンスしようと思うが、カツのコロモがかなり湿ってきて油感満載な状態で時間がたってしまうと論外です。

こんな時こそトップクラスのポテンシャルを発揮するのが俺の食べ方に相当する!

これに関してはステーキを例えたいが、スピリットも全く持っていない状態で何も考えずにカツを食うヤツはアホだ。

あなた自身はどちら派なのか?

ちゃんと料理を味わうタイプなのか、それともタダのデブのように腹が満たせればいいと言う愚か者なのか?

これが一番キーポイントだろう。

最初からトンカツ全部にソースをかけるのも豪快でいいが、それだとコロモがせっかく理想的に上がっているのにわざわざそれを崩壊しているのと同時なリスクが存在する。

サクサクのポテンシャルを最大限生かすためにこのシステムに行き着いたのである!

しかしながら、後者のようなアホにはなってはいけない。

というのは確かですが、いくらタダのトンカツといってもちゃんとしたれっきとした料理なのである。

なので、同時進行しながら、味わうのがファクター。

ちなみにここの部分を俺はちゃんと食してほしいと検討する。

一回一回ソースをかけたり、いきなり食してもいないのに調味料をかけまくるのはただのアホだ。

このようにすればちゃんとカツの本当の食感が味わえるはず。

あなた方自身もぜひこのシステムをチャレンジして欲しい。

最後にまでご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする