阿部公江の今現在や結婚(夫・旦那・子供)と年収1億!元CAだった!【爆報フライデー】

「爆報フライデー」に阿部公江さんが登場です。

阿部公江さんの今現在や、結婚(夫・旦那・子供)と年収などをみて行きたいと思いますが、なんでも「レディス4」と言うメディアを使ってビジネス展開し今現在では年収1億円稼ぐトップセールスマンになっているんだとか!

そんな阿部公江さんですが、元々は女子アナウンサーで活躍されていてそれ以前ではCAキャビンアテンダントとしても活躍されていた華はなしい実績を持たれています。

今回はそんな阿部公江さんの結婚して旦那や夫はいるのか?子供は?年収などの経歴プロフィールなどとともに彼女の今現在をみて行きたいと思います。

では。

スポンサードリンク

阿部公江の経歴プロフィールや伝説

ネーミング:阿部 公江(あべ きみえ)
出身:北海道
学歴:武蔵野女子短期大学
A型
生まれ:1960年11月14日
58歳

阿部さんは、北海道から出てきて1960年に誕生され、今日この頃は58歳になるに違いありません。

阿部公江さんは短大を卒業してからためらうことなく女子アナウンサーになりたかったわけではなく、担当直入に申し上げるとCAと言うキャビンアテンダントという身分で 務めていました。

CAを目指すとなれば、自身でもスタイル的には自信があったのか?

客室乗務員と言われるルーティンワークになったという事実は納得できます。

そんな 阿部公江さんは客室乗務員を経験して 30歳手前でアナウンサーに雇い入れ。

そこから女子アナとして活躍していったとと認識してください。

阿部公江さんはメディアでも雑誌でも取り上げられている放送番組 「レディス4」の司会を受け持ち。

なんせこの番組のプログラムをスタートした ライフスタイルインフォメーション番組で、暮らしに対しての多種多様なデータを毎日放送でアナウンスすることで多忙と言えます。

要は生放送のプログラムを毎日受け持ちなんて想像以上にシビアそうです。

学歴のキャリアは武蔵野女子短期大学で、卒業後就職されCAとして華々しく社会人となります。

ただその後アナウンサーとしてはメディアから遠ざかることだと断言します。

旭ダイヤモンドと言われる職の変更し通販番組にセールスマンといった身分でメディアに登場するようになり1日で10億円を売り上げるスーパーセールスマンという形で変化しては現時点でも多忙な日常生活を送られていると断言できます。

スポンサードリンク

阿部公江の今現在の活動はいかに?

阿部公江さんは「レディス4」のまとめ役を 17年間やってきました。

一緒の放送番組をなん年も継続するのは容易ではない。

それに加えてまとめ役を任務するなど彼女の普段のライフスタイルもあるし。

その時期に出会ったのが 旭ダイヤモンドのジュエリーではないでしょうか。

「レディス4」を辞めたあとで、旭ダイヤモンドからスカウトされた阿部公江さん。

阿部公江さんはその後 「ショップチャンネル」に出演してメディアを沸かしますね。

さすがは番組まとめ役を 17年も務めていただけのスキルと経験があるので、そこは流石です。

サラリーもビックリするぐらいすごいのでは ? と考えさせられましたが、 阿部公江さんは報酬制と似た給料という理由ではないようですね。

それに匹敵するだけ売上があるんだからコミッションのほうが年収が高くなる とも予測するのですが、コミッションなのだというと 必死さがにじみ出てしまって 逆に売れなくなるそう。

高レベルの商品は心にゆとりが存在するヒトがセールスしたほうが自然なのです。

そのシーンの売り上げは1億円以上とささやかれています。

なんでこんなに簡単に売れるのかは、彼女のセールストークなんだと断定できます。

スポンサードリンク

阿部公江の夫(旦那)や子供はどうか?

阿部さんは47歳時点で、石油開発に取り組む男性とお見合いブライダルされているのではないでしょうか!

それには、ターゲットのヒトに関連してチェックしてみましたが 一般の人間なので詳細なインフォメーションは存在しませんでした。

ちなみに、今日この頃では夫の実家が存在する山口県下松市に住んでいると言います。

女子から恋い焦がれるルーティンワークと考えられている客室乗務員と女子アナウンサーの2つのセールスをトライされている阿部さんとは言っても、最近では女性が一生涯にただの一度でも良いから男性からプレゼントをされてみたいと憧れるダイヤモンドをルーティンワークにされているように思います。

これだけ、夢のセールスを1度の生活様式でチャレンジをされている人間は、さほど不在なのではないでしょうか。

目下のところ1日のうちに1億円を売り上げるカリスマ販売員とは言っても、将来において更には何かに転身されるのではないかと気に違いありませんね。

スカウトされた彼女はそれと同じ様なスーパー販売員になられたんですがメディアプログラムをお役回りしてることもあって勤務タイミングにズレが生じるという側面を持っています。

勤務時間: 午前6時~7時午前9時~10時午後3時~4時午後10時~11時深夜0時~1時こと比較してセールスしていると想定できます。

かなりシビアです。

結局のところ、阿部さんは空いてるタイミングを活用することでホテルで仮眠をとると言われているようです。

阿部公江は元CA(キャビンアテンダント)だった!?

キャビンアテンダントとは飛行中の客室に向けて乗客へのお手伝いや誘導や安全業務を行う人間のことだと言えます。

CAや、英語の「フライトアテンダント」の主旨なのだという客室乗務員と評価されるかもしれないですね。

飛行機を活用したことのあるヒトにとりましてはよく聞く話ではないのではないでしょうか。

そうだとしてもどこにでもある利用時にはさほど目にすることのない保安プロセスもキャビンアテンダントの意味深長なプロセスの一部分だと知っておいてください。

大きく具体的な労働はこれから先アナウンスしていきます。

キャビンアテンダントの業務は主な職務は乗客の身体の具合なども非常に重要なプロセスです。

乗客に快適で安全なフライトを置いているために影で広範囲に及ぶアフターサービスを実践しているんですね。

キャビンアテンダントのサラリーは500万円規模と考えられます。

このデータはキャビンアテンダントの華やかなインプレッションに対してると、少し少ないフィーリングにられるかもしれないですね。

取り敢えず人材確保してしばらくはハードなものとなっていると考えられています。

雇い入れして数年間は、広範囲にわたる航空企業では時給制でおサラリーが支払われます。

その他にはこの時給はビックリしますが1300円程度だと知っておいてください。

高収入で旅先で旅行斬魔と考えられるインプレッションは過去のものとなってしまっていると考えられています。

この原因の中の1つに、加熱する航空券の低価格レースが存在します。

私たちが安く航空券をゲットすることが可能な見えない部分には、こうした人件費の削減が合致したんですね。

とは言ってもそもそも旅行をするのが好きな人間に限って言えばは、セールスで広範囲に及ぶポイントに行くことができ惹きつけられることも考えられます。

このチャームポイントはもともと女子のルーティンワークセールスとしてのフィーリングが強いという理由で男性の志願者がそんなにない可能性があると思います。

そうは言っても昨今ではハイジャックなどが当たり前で発生しているため、緊急事態のシーンではより効率的に臨機応変に使える男性のキャビンアテンダントのニーズが高まっていると断言できます。

今後の彼女の活動に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする