LANCE(ワンドラフト)の彼女(結婚)や本名と弟!病気だったの!?【アウトデラックス】

「アウトデラックス」にワンドラフトのLANCE(ランス)さんが登場です。

LANCEさんはワンドラフトと言うバンドのメンバーですが、彼女(結婚)や本名、弟などはどうなんでしょうか?

LANCEさんは「病気」と言われるキーワードすらあるので、一体どう言うことでしょうか?

かなり謎が多いLANCEさんですが、今回はそのへんをみて行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

LANCEの本名や経歴WIKIやプロフィール

LANCE (ランス)

生まれ:1981年4月21日

身長:180cm

出身:福岡県

特技:ピアノ、ハーモニカ、絵画、書道

まず、本名からですが彼のブログから『蛯原ランス』と言うネーミングが出てくる。

これが彼の本名なのかは断定できないが、蛯原と言うネーミングから間違いないだろう。

彼らの高校時代はバンド行動と平行して、野球などといったスポーツにチャレンジする。

帝京高校入学と同時に九州から都内に出向いてきて、そこから名門の帝京に参入やりながら、音楽行動は維持。高校卒業した後かれは単身でアメリカに行き多岐にわたるトライをしてきた。

その後 MAKKIと実行を共にして行動をスタート。

そこからMAKKIとRYOと同時にこのバンドを結成。

バンド活動を本格化されては野球を辞めた後に、各イベントやライブイベントで快進撃。

彼のアメリカでのライフスタイルの経験が活かしきれている。

ひとつひとつのカテゴリーでドラフト1位と言われる願いを込めこのバンドのネーミングと名付たそうだ。

その結果、エンドランで乗り越えるためのってことでもあるんです。

しかしワンドラフトを認識されるためよりバンドを熟成されたい思いが強く、熟知していないところどころの人たちに熟知してほしいと願っている。

彼らの思いは、ひとつひとつのライフスタイルに当てはめてほしいと語る。

反対に、世の中何が起こるか把握していないので歌をリリースして可能なことは、想像以上にかけがえのないことだと心得ている。

CDや曲をリリースって作り出した曲を世に手放していくってことだと言えるが、社会に物凄いスピードで広範囲に及ぶ曲が市場に出回ってるわけで。

めちゃくちゃ数多くある人間のラストタイミングの想いが込められてると思うと、そのどれよりも自分自身たち3人の想いのほうが燃えたぎるようにアツくないといけないと想定する。

彼は、少し前から母親が病気になって、そ時点で自分自身の思ったシーンや予定通り起こったことをありのままに曲を生み出したそうで。

スポンサードリンク

LANCEの彼女や結婚はどうか?

同棲とかしてた彼女がいたそうです。

言ってみれば彼が曲を作る時には、別れをリアルに表現してその情景にどの程度引き込めるかって書いた曲だという事をご存知ですか。

前もって彼は不思議な性格の持主で過去に多数の引っ越し経験がある。

その理由やチャームポイントも異なるが、なぜ彼は頻繁に引っ越しをするのか?

彼いわく、明るい将来に向けて引っ越すのか、先行きが見えないから引っ越すのかだと言う。

これに於いて、レコーディングのケースでも引っ越したそうだが、身体の具合を崩したり、ペットとの決別も合致したので、思っている以上にシビアなポイントからこの制作につながったんではないでしょうか。

今現在はまだ独身だと思いますが、過去に恋人が存在した時は絶え間なくそのシビアなまんまをフィルターを通さずに曲の制作を行っていたんではないでしょうか。

予想を超えた人間に届くように、忘れることができない人間を失ったり、人間との別れとかハードなポイントを穴が開くほど表現したわけです。

それと同じ様なのってレコーディングで録っただけじゃ熟知していないケースが存在するんです。

ライヴで間違いなく試してみて手中に収めていきました。

あとは今まででダントツに歌のキーが上向いて、これも相当な挑戦でしたと語る。

スポンサードリンク

LANCEは病気だったのか!?

LANCEは病気だったのか?と言う事が検索ワードにありますがどうなんでしょうか?

これは彼ではなくて母親のことではないか?

なんでも彼の母親が病気で体調不良と言う噂もあります。

彼いわく、

「母親がそこにいることを常識的なことだと思わずに一歩一歩感謝しなければいけないんだよ、というプロセスが言いたいわけでもないんですよ。しかしながら自分自身と変わるところなく、「永遠に元気だと思い描いていた母ちゃんが病気もするんだな」、あるいは知名度のあるケースが100%来るわけである為、この曲を聴くことに左右されてそのことに気づいてほしいと考えられるインプレッションですね。そう想定すると、苦労することなく「ただいま」がひとこと増加傾向にあるり、「ありがとう」「ごめんね」、あるいは言葉使いも変わってしまうかもしれないから。それと同じ様な、自身の経験談と一緒のインプレッションで聴いてくれたら幸せです」 と語る。

夢とかコンセプトってみんなあるけど、学校行って学習する時間がいるし、学校が済みましたら転職してルーチンワークもしないといけないと考えられる。

頭の中に限ってアクセスするあせりと言われるものとかそれが実際に期間として近づいてきたら間違いなくそのことを実感する。

そのことに関してはその時点で割り当てられた従来に確認してみると、そういったのって面倒くさいと思っていたそう。

自分自身にも聞く耳を持たないタイミングが合致したし、そこに関しては歌詞を記載すると考えられるよりも、「自身が現実的には何をしたいのか?」って実用化した場合に、自分自身が最も頼りにしていたのは実は親だったんでしょう。

その部分に友達と対比しても親をダントツとして親孝行がしたかったんではないでしょうか。

それと同じ様なことが自分自身がある中より活力となっていて、反抗をしていたタイミングも合致したけど「俺がやらなきゃいけない」と思い立つのって親が病気をしたシーンだったんですね。

LANCEに弟がいるのか!?

LANCEに弟がいるのか?と言うワードもあります。

これに関しては中々データがありませんね。

おそらく兄弟はいるのかいないのかですが、データがない分イイ難いですね。

彼の曲作りの原点は

音楽のデータがないケースで曲の制作をしようとしていたんではないでしょうか。

実際に彼らはコードも全くもってわからず、ノリで「DJスタートしたらできる」ほどのレベルしかイメージしていなくて。

そこからバンドを平行していくと、バックアップもやらせていただけたりと多種多様トライして、10年経って初めて一歩一歩できるようになったとイメージしております。

機材も一歩一歩増えていったんですけど、本当は楽器が可能な人間ではあり得ないので、PCで打ち込んで作成するというプロセスがほとんどではないでしょうか。

昨今までの作品を手中に収めてくれたところどころに関しては、どんな人でも応援してくれたと考えられる。

自分自身達が投じた作品というと比べても、ファンやユーザーが与えてくれたと考えています。

と言う理由でそんなプロセスが正直な気持ちではないでしょうか。

それとむしろ、ユーザーも来てくれるポイントはいろいろあると思うんでしょう。

その事情を解消じゃないけど、興味を上回るものをどんどん見せて行きたいと意気込む。

ライブでは穴が開くほど歌いたいし、粗相がなくスピーカーを倒さずに水もかけずに、どんな人でもハッピーに終わるのも良いとはイメージするんですと語る。

今後の活動に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする