鈴木弘子(アメフト)の経歴や結婚(旦那・子供)や今現在はオーナー!【激レアさん】

「激レアさん」に鈴木弘子(アメフト)さんが特集されます。

鈴木弘子さんの今現在はアメフト選手と言うことで、経歴プロフィールや結婚(旦那・夫・子供)はどうなのか気になりますね。

鈴木弘子さんは今現在アメフトを経営する会社のオーナーでも活躍されていますから、完全にアメフトに人生を捧げて来たと言っても過言ではないですね。

そんな彼女の武勇伝をみて行きたいと思います。

スポンサードリンク

鈴木弘子(アメフト)の経歴プロフィールやWIKI

まずはこちらを見てほしい。

東京都浅草出身。女子アメリカンフットボールプレーヤー。ロサンゼルスウォーリアーズオーナー。
高校時代はシンクロナイズドスイミングの選手として活躍。短大卒業後、スポーツジムに就職、インストラクターとなる。
1995年・30歳のとき、アメリカンフットボールと出会い、東京のクラブチーム・レディゴングに所属。
35歳で渡米、アメリカプロリーグのトライアウトに合格、日本人初プロアメフト選手となる。
2013年、世界選手権のアメリカ代表選手に選出、2016年には米国プロチームパシフィックウォーリアーズ(現ロサンゼルスウォーリアーズ)オーナーに就任。現在はオーナー兼現役選手として、経営とプレーの両側面からチームを支えている。

学生時代はシンクロナイズドスイミングで頭角を現しその後学業を卒業した後、アスリートジムに雇い入れ。

インストラクターと見なされて様々な競技の指示をしていた。

それと同等の彼女がアメフトに出会ったのは、ビックリしますが30歳になったシーン。

世界で快進撃するなどここへ来て、関わることまでに彼女をいざなったのは一体どんな理由なのか?

しかも今現在では現地では「BettySUZUKI」と評価されるほどの人気ものだ。

彼女は浅草生まれの生粋の日本人だ。

その日から近頃に関わることまで、チームを変えながら環境の変化にも対応してきた。

長い経験値がある中より何人かのポジションをこなしてきた鈴木ではありますが、バックボーンはどんな時でも体を張ってターゲットとぶつかる道筋。

アメリカ人は強靭なアスリートが多く彼女は65kgとスタイルで劣る鈴木の武器は速さとキャパシティー、あるいは一目見た瞬間に熟知し敢行する高レベルの対策理解度に出現している。

その上、そのスキルのアドバンテージが加わり、トライ豊かでエネルギー豊富な結構な勝ち組は、どこでもチームの中心となった。 彼女は世界一を目指して国籍をシフトしている。

現役を繰り返す際立った感性は現地に籍を置いてその夢をなんとか実現。

一般的に考えてこの時点で目的達成となる所だが、彼女は現状を把握し「世界一になるタイミングかも」と、活きの良い 挑戦に心動かされた。

しかしながら代表と言われるには国籍を変えなくてはいけない。

その部分に戸惑ったが、「別にこだわりはない」とさえ断言する。

ではありますが「絶え間なく“アメフトの鈴木”だった当人の、アメフトという理由で国籍が変わってしまうのも別に不思議ではない」との想いが彼女にはあるようだ。

実益、トライアウトでは180名を上回る猛者がある中よりもちろん突破していた。

スポンサードリンク

鈴木弘子の結婚や旦那(夫)や子供はいるのか?

まず彼女のコンセプトはこうだ。

何をするにもすべて勝ちたい

「習い事」がしたくて始めたアメフト

波に飲まれるようにたどり着いたアメリカ

けつろんから言えば、彼女はまだ独身です。

公式プロフィールなどを見ても未婚と表記してあるので結婚歴はないように思える。

つまり子供もいない。

経験がない状態で見たアメフトの対戦が自身が出た戦いだったと考えられる。

彼女は友達に誘われて「トレーニング意識」でスタートしたと考えられるアメフトだったが、その軽快かつ正確無比なプレーに間髪入れずにハマり彼女は単身でアメリカに飛ぶ。

この時、全く英語も話せないし、向こうに知り合いがあるわけでもない。

こんな無茶苦茶な条件でアメリカ入りした鈴木さんは見事入団テストを通過。

国内女子でははじめての、プロフェショナル選手となって知名度を上げる。

アメリカのアメフトでは選手の平均体重は120kgと考えられるなか、鈴木さんは65kgしかない。

まさに横綱と幕下の相撲のようだ。

ではありますがスタイルで劣る分、鈴木さんのセンスは「速さとノウハウ」だった。

ではありますが、英語がまったくもって熟知していない。

それでも、遠い異国からアメフトだけに限られたためにスタートして来た鈴木さんには周りはサポートしてくれたとと考えられる。 その他にはチームはエリア優勝。

スター選手だけが出場するイベント、オールスターでも彼女は出場して日本でも有名になっていった。

ライフスタイルでは 「趣味はお酒」が好きと語る鈴木さんだが、ほんのちょっと前から身体に気をつかい「シーズン中は控えている」とのこと

チームの財政難な環境もハードなもので、選手たちがイベントを推し進めて収益集めを行うときも存在する。

一般の選手はみなひとつひとつのルーチンワークを持っておると考えられる。

スポンサードリンク

 鈴木弘子の今現在はアメフトオーナー!?

何をやるにもまるまる勝ちたいし、勝っても更にレベルアップがあるなら可能なだけ上へ行きたいんでしょう。

アスリートになるわけだとは断言できませんが、ちょっとした頃から身体が大きかったのでスポーツに触れるタイミングは多種多様、高校時代はこれしか無かったというわけでシンクロをやっていました。

短大卒業した後、パートをしていたスポーツジムに転職。インストラクターという形で協議などを教えました。

長いことレクチャーしてばかりいると、何かが見当たらずなっていくようなフィーリングがしたんです。

そのシーンでは所属していたのが企業内のアスリートジムで、普通の会社員のようなライフスタイルになっていったと言う。

彼女は次第に「習い事」に惹かれました。

学生時代には習い事は、親に勧められて繰り広げていたもの。

学校も雇い入れも自分が本当にやりたいことではなく、ただ自然の成り行きだった。

「何かを己で決定する」と考えられるチャンスが存在しませんでした。

「習い事」がしたくて実践したアメフト。

習い事をするなら、可能なようになるチャンスが存在するものがいいと感じ入りました。

アメフトと考えられるタイミングが存在するだろうとチャレンジしてみると、予想していた通り興味があったそう。

6か月間の休暇のつもりで、そのハマった競技を追求しようと理想的かつ腹を括ってアメリカへ。

したら初戦から活躍、短期間でオールスター選手になり、そこから波に飲まれるように進行する日常生活、センターと考えられるポジションには登記がつかないこともあって、正直実行できているのかいないのかわからなかったんではないでしょうか。

その他とんとん拍子で、とてつもない負傷もなく、選手生命という形ではスイスイとやってきましたが、昨年、チームのオーナーに就任してからは修行の延々した。

オーナーといっても雑用係で、グッズのデザインから、パンフレット組み立て、トレーニング以外のバーベキューも計画するんです。

手は気の済むまで抜けることだと言えますが、理想的だ選手を手放さないために、選手が楽しいものにすることからすると、やればやるほどルーチンワークはアップしてきていきます。

目下、自分自身の家には広範囲に及ぶスポーツ選手が来て、栄養学を教えたり、トレーナーをコーディネートしていると考えます。

今日この頃は人気を誇る選手ばかりとは言っても、これまで以上に所有に開放して、多方面に渡るヒトにレクチャーしていきたいです。

絶え間なく教えることをし続け、何かがなくなっていくとフィーリングを習い始め、そのために想像を越えたものを吸収して、現在教えることでお返しするケースかなと考えても良さそうです。

今後の活動に期待だ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする