明石定子の経歴や夫と出身高校大学はここ!年収や勤務先もここ!【プロフェッショナル】

「プロフェッショナル」に乳腺外科医の明石定子さんが特集されます。

明石定子さんの経歴プロフィールや夫(旦那)と子供は双子だと言う事です。

明石定子さんの出身高校大学や、年収と勤務先などもみて行きたいと思います。

明石定子さんの今現在はバリバリの乳腺外科医なので年収などもかなり稼いでいると推測されます。

ここへ来て、プロフェッショナルなどのメディアに出演されると言う事は業界でも折り紙付きの実力だと言えます。

早速みて行きたいと思います。

スポンサードリンク

明石定子の経歴プロフィール

本名:明石定子(あかしさだこ)
生まれ:1965年生まれ
53歳
学歴:東京大学医学部

兵庫県生まれの明石定子ドクターは、 大学時代の実績が適切だったという理由で、 進む未知のメカニズムで理科カテゴリーに進みました。

こと同じ様に明石定子ドクターは、 はじめから医者を目指していたわけでは 存在しませんでした。

ビックリしますが分析のしごとに就きたい とイメージしていたそうですが、 勉学一本よりヒトに関わるルーチンワークのほうが 自分に丁度いいと思ったことで、 理科カテゴリーへの再入学を機に、 医者を目指し実践したとのことです。

当時、男女雇い入れチャンスなどが 確立された世代でしたが、 やはり全くもって転職に男女の格差が 合致した時代だったとささやかれています。

ドクターなら男女差異なるないお役回りと言う理由からと思い描いていたと聞きましたが、 本当のことを言うとそうではつなげられないとささやかれています。

性格的に自分自身は外科に適任な と想像していた明石定子ドクターは、 男がメインでもある外科医のジャンルに進みましたが、 当時のクソ上司から 「女の子が研修に来てもいいけど、 トイレないよ。ロッカーないよ。 それと当直室もないよ」 と冷たい言い分をされます。

イますよね。こういうアホ上司。

今ならパワハラという形で訴えられそうな レベルとは言っても、 当時はこれがどこにでもある時代だったと言われます。

そうだとしても明石定子ドクターは負けずにあるいは奮起したと噂されています。

その他には女の人の先輩ドクターが存在する部署に配属されそこで数々の手術にトライするうちに、 手術がハッピーにてたまらなくなったとささやかれています。

人の施術が楽しいと思えるのはかなりビックリするぐらい合っていたのですね。

それからその後、 レジデントという形で手術のチャレンジを積み、

目下のところ乳がん手術で 一年間で100例を上回ることを受け、 通算手術経験数は3000件を越すと噂されています。

「ゴッドハンド」と呼ばれ、 がん施術の最前線に立ち続けてきている。

明石定子さんは、 自己が入職後修行した経験上、 最近では女性外科医を援助する 日本女性外科医会の役員も役目、 女の人が就業しやすい働き場所づくりにも挑戦しておられます。

その後のライフスタイルをアグレッシブに生きられると 予測しているなどと聞きました。 間違いなくその通りですよね。

手術して終わりでは、 クランケの手術後のライフスタイルの際も思考、 見立てに当たることが何より必要不可欠です。

外科手術のバックボーンは 「悪いポイントはトータル取りきること」 となっており、 取り払うシーンが たいがいだと呼んでいます。

乳管の内部にがんができ、 浸潤のベースに従ってステージが 駆け上がっていくポイントは胃がんなど これ以外の上皮がんと変わり映えのないでしょうが、 これ以外のがんにはない乳がんの特質に、 がん細胞の「広がり」と考えられる現象が向いて、 乳がんは浸潤がなくなりても乳管を進めながらがんが 拡大していくシーンが存在すると言われています。

広がりが高レベルのシーン、しこりが小さくても、 切除するフィールドがそう易々と、 乳房温存施術が難儀することもあるでしょう。

それと同じ様なシーンでは明石定子ドクターは、 細心の注意を払って説明されると思います。

初期の内に発見で合致したことを伝えつつも、 『じつは、同様ながんの広がりが 見られますから箇所切除が簡単に進まない。けれども、切除するポイントが大きくても、 がんの悪性度が高レベルであると言われることとは 更には別ではないかと考えます』 と全力で確信してもらうまで説明するのです。

スポンサードリンク

明石定子の勤務先はここ!

乳がん手術数が一年間で約100例と言われる昭和大学クリニック乳腺外科の明石定子ドクター。

神の手と呼ばれ、これまでも2000例を上回る施術の最前線のトップランナーとして活躍している。

「何はともあれオペが効率的に追い求めていた」とがん調査のエキスパートという形で業界に参入しては、ビジネスをやり続けてきた明石ドクター。

ではありますが双子の母親という形で育児に対して困難も経験。

とは言っても、歩みのテンポをゆるめることは存在しませんでした。

東京大学医学部医学科卒業した後、医学部附属病院に入局。今現在は外来病棟院長を務める。

明石定子の出身高校や大学はここ!

明石ドクターの出身高校は兵庫県立姫路西高校ではないでしょうか。

偏差値は70~74でかなり優秀と噂されています。

高校卒業した後は学習に限定されているわけではありませんが 大学中に合気道部に入部していました。

男らしく素晴らしいですね。

今日この頃では、乳腺外科医という身分で快進撃されている 明石定子ドクターは、 外科医という形でメスを執るだけということはなく、 過去にメディアや雑誌でも知名度があることを トータルして、乳がん施術に関連してスキルがない素人目線でも理解しやすく熟知し伝えられると考えられる 任務もされてきていると推定されます。

ならば、クランケが「確信」する施術を敢行すること。

簡単に説明すると「箇所は全摘出でもポイント的には残したいと思う」と考えられる 患者にはその切実な気持ちにこたえた手術に関して陣頭指揮を執っているとささやかれています。

それに匹敵するだけではなく 国内女性外科医会の役員も従事していて 当初明石ドクターも「ご婦人なのだという」と言われているオンリーで 努力してきたようです。

スポンサードリンク

明石定子の年収はハンパないのか!?

国のチェックを聞いてみると乳腺外科医の人数は約1700人でと「ドクターが少なめのクリニック」と言えるのではないでしょうか。

過去の乳腺外科医の数は約900人でしたので、今現在はかなりの数709人増と言えるでしょう。

「乳腺外科医の高齢化率は速め」と思われるポイントではないでしょうか。

臨床研修医にはなんていう風に名を馳せている診療科ではないと考えられることに違いありません。

平均年齢も若く業界では水準的にも年齢が低い傾向である為、乳腺外科医を目指していたら、平均年齢は急落することは保証します。

そうなっていないという事実は、「他科のドクターが乳腺外科医に転身した」と予想されます。

この見込みを裏付けるように基準値も年齢に限っては若い人が多い。

クリニックは開業医としたら、これに関しては「乳腺外科医は独立開業しやすいにも係わらず決して開業しにくいとは言ってもよい」とデータではないでしょうか。

特定の内科医より開業はシンプルといえるのです。 施術に手術を活用する乳腺外科の方が、慢性疾患患者が増えている腎臓内科などより「開業しやすい」のは意外なインプレッションを持ちます。

女性特有の病気を診ているのでだと思います。乳癌見立ては羞恥心を見えるディテールでしかないので、「女性専用診療所」へのニーズが一定程度存在しますのでしょう。

年俸の平均は約1,200万円~1,500万円がマーケットになっていて、実際の乳腺専門のドクターがキーポイント視されているインプレッションに出現したため、思っている以上に高レベルの給与額と言えるでしょう。

ちなみに国内のドクターの平均サラリーは(1000万、賞与80万勤務時間180時間)ではないでしょうか。

外科医に限定されることなくドクターは医局、民間のクリニック、開業で収入に一層ズレが出るので、配慮することが求められますね。

ドクターが働く場所を変えるチャームポイントは沢山あるとなります。

報酬に関しての愚痴、仕事内容時間を少なくしたいと考える、開業を設けたい、より高い地位につくことしたい、人間関係に関する悩みはだれでも1回は体験したことがありえると思います。

例えば職場の変更を少しでも思案しているヒトには、ドクター転職サイトの手続きをバックアップしています。

結婚した夫と子供は?

彼女は30代に双子をお産。

産後3ケ月で再び就職し、夜中には子供に何度も起こされ仕事もある中でかなり厳しい環境だった。

義母がアシストしてくれたことは気持ちてきにもサポートしてくれまだ楽ではあったが、それ以外では想像を上回るハードさだったと語る。

「小児科に育児中の女医さんがいらして、同時進行で院内保育園に預けていました。彼女がいてくれたことでメンタル的にラクになりましたね」朝、クリニックで仕事をしたあとに、子供を送りその後、家の事などのバックアップや母親に依頼すると同様なアライアンスで、綱渡りするのと一緒で子供の世話とルーチンワークを継続していた。

「レポートでないとすると業績にならないと教えられていたので、子供が寝た後にも書いていました。思っている以上にではありましたがそんな継続がキャパシティーとなり、目下のところ後輩にもレポートの指示の役に直結している」と語る。

今日この頃では、双子の子供は今現在中学生。

母親としては反省だらけです。

子育てって本当に難しい。

仕事は周りに教えてもらいながら大きくなっていけますが、母親業はチャレンジゼロからやらなくてはいけない。

子供にがんばってほしくて熱くなると逆効果だったりして。ルーチンワークをせずに専業主婦に限って言えば実用的にいったかというと、そうではないと検討するし。

帰着点がないその一方で苦悩しているポイントだろうと感じます。

今後の活躍が期待される。

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする