【千葉逆走事故】山口耀子の運転!原因や現場とスピード超過か?

千葉県で逆走事故があり、正面衝突と言うことです。

運転者の山口耀子(やまぐちようこ)さんの死因や原因と事故現場などを見て行きたいと思いますが、最大の原因はスピードの出しすぎなのか?と推測されます。

山口耀子さんが運転していた軽自動車は現場に差し掛かると急なカーブと鉢合わせしており、おそらく速度超過か高齢者の判断低下が原因と見ています。

今回はそんな山口耀子さんの事故原因などを見て行きたいと思います。

スポンサードリンク

千葉県で軽自動車による正面衝突の逆走事故が勃発!

まず、報道されていることから見ていただきたい。

柏市の路上で、軽自動車と普通乗用車、ワゴン車2台のあわせて4台が絡む事故があった。

警察などによると、軽自動車が反対車線を逆走してワゴン車と正面衝突し、それぞれの後ろを走っていた乗用車とワゴン車も巻き込まれたという。

軽自動車を運転していたのは、柏市に住む山口耀子さん(78)で、病院に運ばれたが亡くなった。

また、山口さんの車に同乗していた男性と、正面衝突したワゴン車を運転していた男性の2人が軽傷を負った。

とあります。

78歳の山口耀子さんは当然高齢者であり、何らかの運転ミスで今回の事故が勃発しています。

ただ、不可解なことはなぜ逆走したのか?

よっぽどの事がない限り、逆走なんてまずあり得ない。

高齢者独自の判断ミスなのか?それともスピードの出しすぎ?

いや、そんな要素があっても逆走するか?

かなり謎です。

山口耀子の経歴は?

本名:山口 耀子(やまぐち ようこ)

年齢:78歳

生まれ:千葉県柏市

今や日本は高齢化社会です。

千葉県だけでもおおよそ5人に1人は高齢者だという事をご存知ですか。

今回も高齢者による交通事故ですが、過去にもかなり千葉県内で交通事故がおきています。

判断が鈍る高齢者による事故ですが、やはりファミリーでのカウンセリングなどが要求されることになります。

もっと言うなら隣に乗っていた人物は何者なのか?

もし子供と考えるならどういう理由で高齢者の親に車を預けていたのか?

子供が免許を所有していないパーセンテージがおっきいでしょう。

スポンサードリンク

今回の事件現場はどんな感じ?

今回事故がおきた場所は千葉県柏市の道路です。

この道路は国道でしょうか?市道でしょうか?

なんせ片側の過半数ある車線ではなく、たった1車線で起きています。

しかもカーブでおきました。

彼女の運転する車は軽自動車ですから、ランクが高いクルマよりは性能が落ち、車種や年式にも左右されます。

もし、型が古い軽自動車であれば事故防止の性能などあまりついていないと思いますし、急なカーブでスピードの出しすぎでもあれば中々とっさに制御できない可能性は高いと思います。

ただ今の時代の軽自動車でも、かなり高級車並の性能があるのでそのへんの信憑性はどうなのか?

スポンサードリンク

千葉県逆走事故の原因は?

あくまでも見通しだと知っておいてください。

イメージしてみたところ過剰速度や判断の低下が想定されます。

なにわともあれ、高齢者なのだというと急な行動やとっさの判断などから、対応できないチェックポイントだと思います。

しかも55歳から基準値が低下し敢行するとささやかれています。

取り敢えず判断力の中でも落ち込むパーセンテージが存在すると考えられています。

とっさの行動や急な発作なども考えられます。

このへんがファクターかもしれないですね。

想像以上に簡単に進まないですがやはり同様な事故を起こさないために運転のキーポイントになる判断力が存在するのかを全力で突き止めることが重要になります。

簡単に免許は取れますが、このケースでは実技をするのも良いと思われます。

一步間違えば、加害者なのだというリスクが高水準ではないでしょうか。

もっと言うなら、事故を起こす傾向が急騰します。

初期の内に点灯が重要なポイントです。

高齢者の交通事故が多発!

高齢運転者は、自分自身で安全運転を心掛けているつもりでも、他人が客観的にみると安全運転とはいえないその一方であると考えられます。

そのポイントとして、個人差はいっぱいありますが、 注意力や集中力が低下してくれていること瞬間的な判断力が低下していること過去のトライにとらわれるパーセンテージにあること等が存在しています。

もっと言うなら、常識的にはは加齢に伴っての動体視力の衰えや応対時期の対応不可で活動の移り変わりにより、リスクの発見が遅れがちになるという考え方が想定されます。

車種に左右されて機能も沢山あるので、雪や雨に影響を受けてメカニズム機能しないケースが考えられます。

どんなケースも向こうが止まってくれると依存しないで、24時間体制で集中して運転することが重要だ。

ご冥福を祈る。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする