アメリカノースカロライナホテル殺人事件の犯人やジェフリーの死因!ジェンキンス夫婦の謎も!【アンビリバボー】

「アンビリバボー」にアメリカのノースカロライナ州で起きたホテル殺人事件の犯人や被害者ジェフリーとジェンキンス夫妻の死因などについて見て行きたいと思います!

アメリカノースカロライナ州で起きたホテル殺人事件の犯人の詳細やジェフリー君の両親でもあるジェンキンス夫妻はどのように事件に巻き込まれたのかをピックアップして行きたいと思いますが、かなり濃密な事件のようです。

早速見て行きたいと思います。

スポンサードリンク

アメリカノースカロライナ州ホテル殺人事件とは?

2013年にアメリカ・ノースカロライナ州のホテルで、ユーザーのジェニーウィリアムズと、その息子のジェフリー君が部屋で倒れたケースで見つかる。

2人は医療施設運ばれたがその統計で、ジェフリー君は死去されてしまいました。

息子が訪れていたホテルは、チェーン経営しており、ジェフリー君は、隣町からファミリーと同時にユーザーとしてこのホテルで寝泊まりして225号室に宿泊している状態でしたが、ビックリすると思いますがこの部屋ではおおよそ数ヶ月前にユーザーが死亡してしまうという奇妙な謎が発覚している。

しかもユーザーとして寝泊まりしていた1時間足らずの時期に相次いで死亡されていたのです。

サウスカロライナ州から母親のジニーとジェフリー君がホテルの部屋に入った時は何も問題なく快適に過ごされていた模様。

しかも、母親はジェフリー君に、「寝る前の仕度を実施するから」とレクチャーしていました。

しかし、母親は突然風呂でインプレッションが悪くなってしまい、意思を失いそうになりながら、携帯電話でバックアップを求めてと思い描いていたとささやかれています。

そんなふうにとなっていますが、母親はその後スピリットを失ってしまうのです。

それから、ジェフリー君も同じように亡くなってしまう。

母親のジニーさんは重体で数時間後に発見されました。

当時は検視レポートは保留になっており、ファクターが確かめられるまでには手間暇がかかったとささやかれていますが、その後トラブルの225号室から一酸化炭素が検出されたと言われている事が判明。

ジェフリー君が死亡したプールの水暖房メカニズムが225号室の直ぐ側に探知機があり、一酸化炭素が発生しそこのパイプから彼らの部屋に通過していたことが判明したわけです。

当初、ジニーさんとジェフリー君が宿泊するケースのホテル従業員は、数ヶ月前に変わることのない部屋で2人のゲストが死亡したことを当たり前の事をインフォメーションはしていませんでした。あるいはその件に同等部屋に泊まらせていたのです。

スポンサードリンク

アメリカノースカロライナホテル殺人事件の犯人がヤバい!?

ではこの事件の犯人はいないのか!?

となってしまうが詳細はどうなのか?

ホテルの一室で起きた3人の奇妙な死はたまたまなのか?

当初、ジェフリー君と、この夫婦の死に不審な点はなく、事故による通常死と考慮されていました。

とはいえ、メディアのインフォメーションの発表では、このホテルから一酸化炭素が確認されています。

225号室は、ホテルにセッティングされたプールの水の温度を上げるためのメソッドが反対に位置してくれているそうで、捜査は自然の事故だと思い描かれていたが、警察はあらゆるパーセンテージを視野に捜査に取り組んでいるといいます。

どちらにしても、幸せ一家の楽しい気分転換がこの ホテルで一酸化炭素が検出されたといえば最悪なケースを招いたと言った感じです。

インフォメーションの結果を見ると、警察の捜査は事故による死因が高く、現場の一酸化炭素の基準値はほぼ標準を超えていたそうで、プールのシステムが壊れ装置が正常に作動していなかったのが事情とみられていると断言します。

スポンサードリンク

被害者ジェフリーが犠牲になったが悲し過ぎる

アメリカの検視官はメディアに、両親とジェフリーくん3人の死に関する検視インフォメーションは保留となっていると話した。

反面地元のメディアではトラブルの客室から一酸化炭素が検出されたと報じた。

ファクターの一酸化炭素中毒で死亡したものとささやかれているようですホテルでは客室係がためらわずに遺体をゲットするので、モノが腐りやすい感じで手早く使うことができるシーンだと知って置く必要がある。

そうは言ってもそういったのやばくない? と考えますが、メディアが報じる著名人の自殺やこのような事件でもユーザーを導き入れる硫化水素自殺などのシーン以外は特定するのは現実では限界があるとささやかれています。

なのでそれ相愛の心の持ちようを決定して宿泊するしかなさとのことです。

死亡したジェンキンス夫婦や息子は、「どういう理由で同様の部屋に、全くもって客を泊めているのか」とホテルに対しては怒りをあらわにし、法的アプローチに名乗る構えを見せていたといいます。

これに関しては怒るのは当たり前ですよね。一般的な自殺ではなく要因不明の不審死である故、元を正せばでしたら合ってはいけない事となります。

国内のホテルで共通する事件が起こらない事を切に祈るばかりではないでしょうか。

一酸化炭素中毒ってそんなにヤバいの!?

一酸化炭素は色もなく無臭が原因で、異変に気付きにくく、毒性がパワフルな気体が理由で、たかだか少しでも吸い込んでしまうと気づかないうちに中毒なのだというリスクが存在するのです。

軽症のケースでは、はきけや腹痛などが出現するのですが、風邪の症状に似ているという理由で一酸化炭素に対する対処が遅れてしまうこともあると聞きます。

そうなれば、メンタリティは存在するが一歩一歩制御できなくなり、一酸化炭素中毒を疑う頃には自覚症状を覚えることなくあっという間に昏睡に陥ってしまうこともあると聞きます。

何とかそれぞれが注意深くいても、ホテルなどといったルールシステムなどが足りない状況だと、このように防ぎようのない最悪な事態になるのです。

その他には、まだまだ10代で若いと考えられるこれからが人生の青年と彼を育てておた両親の死を無意味にしないよう、ジェフリー君の両親が「財団法人」を立ち上げました。

ホテル、寮、家、専門業者での一酸化炭素の死を予防する目論見で、ジェフリー君を称える周辺環境を作りました。

ウィリアムズ一家がトライしたような悪夢が今後起きないようにとこれから先というタイミングで亡くなられたジェフリー君と、余生を楽しんでいた老夫婦の死を無意味にしないよう、あるいはこれらを教訓に、元を正せばは防げた事故を二度と変わることのない過ちを起こさないのと同じく、どちらの国でもマッチして欲しいでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする