諫山創の結婚相手はやまもとありさ!?年収や本名とイケメンで天才!【情熱大陸】

「情熱大陸」に諫山創(いさやまはじめ)さんが特集されます。

諫山創(いさやまはじめ)さんの結婚相手がやまもとありさではないか?と言う事が噂になっていますが、その他にも年収や本名、イケメンでなんで天才と呼ばれているのか?などを見て行きたいと思います!

諫山創さんの今現在は漫画家として活動されていますが、そのブレイクポイントや彼が注目されたキッカケはなんなのか?

また、彼のプライベートではどのようなライフスタイルを送っているのか?についてピックアップして行きたいと思います。

では。

スポンサードリンク

諫山創の高校大学や経歴とプロフィール

本名:諫山創(いさやま はじめ)
生まれ: 1986年8月29日
32歳
出身:大分県
学歴:九州デザイナー学院 

諫山創さんは、大分県で誕生して日田林工高等学校を卒業しているとのことです。

学生時代のときに漫画家を目標にしたいと言われる考えがあり、親には漫画家を目指したいことを話すことができなかった少年でした。

そういったある日、自分自身が作った作人を父親が拝見して 「間違いなくなれないから、漫画家なんか目的とするな」といわれ、夢を諦めるように熟知したのです。

とは言っても、彼は漫画家を目指したいと考えられるドリームを絶対に成し遂げると心に誓っていた。

高校を卒業してからは、九州デザイナー学院に入学しては親には、この大学に進学することになった事情を「デザイナーを目標にしたい」とレクチャーして裏を返した。

諫山創さんはこの学校に入学してからと言うものそれからは父親からは「景気にも左右されないルーチンワークに勤務するように」と認識し持続する中、単身で上京を決心するのです。

東京へ上京した彼はオンラインカフェでパートしながら漫画を描き続け若干19歳のときにマガジングランプリにデビュー作なのだという「進撃の巨人」で受賞するべきことに願いが適ったのでした。

この漫画が諫山創さんにとって漫画業界からあっという間に話題に上っているようになり、それがキッカケでハッキリと自分自身の夢を叶えたと伺える。

今でも大分県にてファンに対してイベントを開催していると聞きます。

「進撃の巨人」は諫山創さんのデビュー作と考えられるのに、1作目がこれほどまでにヒットしたらいうのは考えられないとなっており、行く先どんどん諫山創さんの快進撃が注目されているのではないでしょうか。

デビュー作のヒットジャンルをチェックしてみたポイントでは、進撃の巨人は常に上位表示されています。

そんな作品とされていて「ワンピース」や「ドラゴンボール」などと同様な一作目から大ヒットとなっている作品と比較しても売れております。

そこからしようと考えても天才なのだということは確実であると考えられているフィーリングですよね。

しかしながらそういった天才なのだという諫山創さんも以前には有りえない経験をされていると思われているようなチャレンジも合致したと噂されています。

絵が下手すぎるとあまりに表現されるため、漫画家の夢を諦めそうになったとコメントした。

とんでもなくショックを受けたとは考えて間違いありませんが、めげずにマガジンに持ち込んだ集計で見事「佳作」に選ばれたとささやかれています。

あきらめずに突き進んだことで道を切り開いたと同様のフィーリングだと断定できます。

しかしながら、選ばれたケースになるととんでもなく逆に落ち込んだシーンだったようで、一目を置かれるのにそれよりも佳作に選択していた編集者の直感は堅実なのか?と同様の勘ぐりをもつくらいだったと言われているようです。

スポンサードリンク

諌山創は逮捕歴があるのか!?

今回は諌山さんに降りかかる被害とも言ってもいいインフォメーション等もご紹介していきたいと考えられます。

人気作家で存在する諌山さとは言え、根拠がないメディアやオンラインに頭が痛い上ないマターにたくさん巻き込まれているとの趣旨で、ざっくり多角的にいきました。

何はともあれ、この当時ではヤフーインフォメーションでも話題になりましたが、少年マガジンのカリスマ編集長A氏の逮捕ゴタゴタに関連してアナウンスしていきます。

大ベストセラー漫画「進撃の巨人」を立ち上げたカリスマ編集長A氏(41)の妻が、変死を遂げていたことが「週刊文春」の取材により明らかになった。 A氏は警察の事情聴取を受けているという。「進撃の巨人」は2009年、A氏が編集長(講談社での呼称は「編集班長」)として立ち上げた「別冊少年マガジン」で、創刊と同時にスタートした作品。 講談社関係者は「いまや社の業績を支える屋台骨。無名の若手で実績の無かった諫山創さんの起用を決断し、『進撃の巨人』を世に送り出したAさんのセンスは並外れていると言わざるを得ません。社内では畏敬の念を込めて“鬼才”と呼ぶ人もいるくらいです」

とアナウンスする。

だいたいのメディアがこの事件に関連してインフォメーションするケースで、A氏のことを「進撃の巨人元編集」と語っていました。

タイミングでよっては「進撃の巨人」と言うネーミングだけが一人歩きしてまったくもって作者なのだという諌山さんが逮捕されたかと一緒の内容なレポートがフリーズせずに公表されていました。

諌山さんが逮捕されたわけではないと考えられるレポートも即時に公表されていましたが、加えてなおもこの事件が彼に関係性があるとの誤報的な内容で、「進撃の巨人への風評損害がひどい」と考えられている意見も幾度も出されました。

それに加えてこの事件の重要ポイントでもある元編集長と言われるオンリーで、まったくもって進撃の巨人のお仕事はしたことがないという現実が後になり判明したわけです。

と言う理由から、ひとつとして関係のないわけだとは限りませんが、シンプルに考えれば諌山さんと元編集長はそれほど関係がないということに違いありません。

オンラインでは彼と関係がないハズがないと絡んで来るコメントもあったが、普通にに他人ではないでしょうか。

と言われているかマターはそうするためにはなく、容疑者名より注目度漫画の名前が先行してレポートにされていると考えられる本当のところです。

スポンサードリンク

諫山創の年収はヤバいのか!?

彼の代表作「進撃の巨人」は過去に累計6000万以上が人気となっている国内を代表する人気漫画ではないでしょうか。

そういった人気漫画のユーザーではないかと考えますから、収入もとんでもない数字になっているように思える。

シンプルな計算をしてみました。

開始するにあたり印税を1単価素早く40円と仮定してみます。

シンプルに今まで売り上げた作品の1単価で計算してみると、6000万×40=24億なのか!?

進撃の巨人は通算10年ほどぶっ通しのなので、24億を10で割ったサラリーはおそらく3億か!

勿論の事年を増すごとに決まって3億が得れるわけではないとあり得ないので収入や収益と考えるのはシンプル過ぎるとは言え確実に億プレイヤーだと間違いない。

と考えられると、年を増すごとに売り上げが増えているのと、本以外からの収入源も実用化したら余裕で給料三億超えはアリ得る。

集英社に進撃の巨人の原案と言われるマンガを持ち込んだところ、 「ジャンプもってこい!」 と追い返されたと言われるストーリーは思うようには話題に上るようになりました。

この時点の絵オンリーでジャッジして諌山先生を取り逃したのは割かし痛いことも考えられますね。

そのような画力のマターは、ビックリしますが諌山先生自分自身もメチャクチャネタにしていると聞きます

諫山創の結婚相手はやまもとありさなのか?

漫画家さんに関しても想像以上にイケメンのカテゴリーに入るであろう諫山創さん。

そういった諫山創さんの彼女や結婚相手が注目している人間も多いはず。

そうだとしても、諫山創さんには目下のところ彼女の噂がまったくもって見当たらず、ここへ来て依然として1人身の感じな趣旨。

あれだけの人気作品を作る天才なのに、彼女の噂が一部分もないとはオタクなのか? それもそのはず諫山創さん、担当直入に申し上げると想像以上にオタクと言うか家にいる性格だという事をご存知ですか。

漫画家と言われるルーティンワーク柄、引きこもってセールスにチャレンジすることが豊富みたい。

そういう理由で、恋人なんかに興味ないのか? これまでに諫山創さんはメディアをトータルしてストーリー企画をしており、そのプログラムがある中より女性に対する理想も高いのか?

そういった事を前後と言えるので、諫山創は恋人は興味ない絶え間なく独身でいいってイメージしてるパーセンテージが高いんです。

学生時代も絶え間なく教室の片隅で漫画を読んでいたと言っているようですから、学生時代から絶え間なく彼女はいなかったんじゃないかと想定されます。

通常であれば天才と呼ばれてるんである故、そのキャパシティーを咀嚼してればモテると思いますが。

ただ噂は広がるもので、「やまもとありさ」と言うネーミングがオンライン上で見かけられます。

この女性が彼女で結婚相手なのか?と思いましたが、今のところ因果関係はないですね。

休みの日はアイドルのライブにも足を運んでいるくらい。

今日この頃では、代表作の「進撃の巨人」が大ヒットしてるので、たいていにアイドルと知り合えるタイミングがありそうです

イケメンで好感度漫画家ですが、人気漫画家はとんでもなく多忙なライフスタイルかと考えられます。

もっと言うなら諫山創さんは割とインドア派でさほど広範囲にわたる人間と出会いを目論んでいるというカテゴリーではないであると聞きました。

進撃の巨人の連載が永続的な間のブライダルはないかもしれませんね。

スポンサードリンク

諫山創とジャンプとの関係は?

原稿が、そのネーミングも「進撃の巨人」。

数箇所の担当編集者にチェックしてもらっては「しょうもない」の連発。最後にお邪魔した「マガジン」でここ数年の受け持ち編集者と出会い、何とか「面白い」と言われる言葉を受け取る。

そのシーンのオンラインの反応は?

絵のレベルがネックだったんじゃないの。

読むのがかなり苦痛なレベルだからね。 アニメでは、もっと大胆に原作離れした作画にしても良かったと思う。

センスの欠片もない編集だな。 普通多少下手でも話が面白かったり伸び代があったらチャンス与えそうなもんだけどな単にジャンプとチャンピオンの担当がレベル低かったんじゃない。

と彼の才能を疑った人達に対しての否定的なコメントが多かった。

漫画家志望者に限って言えば持ち込みは、転職活動の面談みたいなものであり言うまでも無くプレッシャーするのです。

とは言え彼はもう失うものはないと判断してメンタリティで原稿を持ち込みました。

漫画家ですという目的は、幼少期からの夢だったので、ただの一度でもチェックしてもらわないと諦めがつかないと考えられる気持ちと、オリジナルの原稿を漫画のスペシャリストなのだという編集者に一度でもはチェックしてもらいたいと言われる想いから、原稿の持ち込みをしたわけです。

やはりこの行動力があったからこそ、今の地位を築いたんだと思います。

今後の活動に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする