麻生れいみの経歴プロフィールや砂糖に注意!年収やダイエット効果は?【梅沢富美男のズバっと聞きます】

「梅沢富美男のズバっと聞きます」に管理栄養士の麻生れいみさんが出演されます。

管理栄養士の麻生れいみさんの経歴プロフィールやダイエットに関しての効果や砂糖に注意スべきポイントなど、年収などを見て行きたいと思います!

麻生れいみさんは長々管理栄養士として活躍中ですが、今現在も現役のバリバリとして自身のダイエットにも成功された実力者でもあります。

そんな説得力が高い麻生れいみさんの丸秘ダイエット方や砂糖に関してのスキル、効果などをピックアップして行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

麻生れいみの経歴やプロフィール

管理栄養士。低糖質料理研究家。出版社の編集、雑貨店経営などを経て、自らのダイエット成功の謎と理論を解くべく栄養士の道へ。服部栄養専門学校栄養士科を卒業。現在は、大手企業の特定保健指導・栄養相談、病院の臨床研究においての栄養療法を監修。ダイエットにおいては約6000人を指導。

1年間で20kg減という驚異のダイエットを成功させた管理栄養士、麻生れいみさん。30代後半という誰もがやせにくくなる世代にあって、糖質オフレシピで65kg→45kgと20kg減! 52歳までの15年間、体重も体形もキープし続けています。

 本誌には、そんな麻生さんの実体験に基づいた「糖質オフ」の多彩なアイデアと、管理栄養士ならではの視点で提案する、簡単に作れておいしい作りおきレシピが満載です。

大手出版会社の編集・ライターを経て、服部栄養専門学校栄養士科卒業。「夏は冷しゃぶ、冬は鍋」の食事で、健康的に20kg減量に成功。当時、流行していたダイエット法と違っていたため、疑問を抱き栄養学を学ぶ。
企業の特定保健指導・栄養相談を務める傍ら、病院の臨床研究において栄養療法を監修。医療と予防医学、栄養学を深く結びつける役割を担うべく、料理研究を行う。

ダイエット指導においては、自らもやせた経験を基に、これまで約6000人以上に指導。その他、飲食店メニュー開発、調理指導、フードコーディネート、講演等、活動は多岐にわたる。日本病態栄養学会会員、日本抗加齢医学会会員、食育栄養インストラクター。

著書に『作りおきでやせぐせがつく糖質オフバイブル』(主婦の友社)、『20kgやせた!レンチンおかず』(宝島社)、『麻生れいみ式ロカボダイエット』(ワニブックス)、『脂肪と疲労をためるジェットコースター血糖の恐怖』(講談社)、『免疫栄養ケトン食でがんに勝つレシピ』(光文社)など。

スポンサードリンク

麻生れいみのオススメダイエット法は?

何はともあれ、太ると考えられるケースがどういう理由で起こるかイメージしてみることをおすすめします。

そこには、新陳代謝が結構関係しているとのことです。

代謝という意味は、食事という形でとり込んだ栄養素が体内でシステム化される沢山の応対のことで、仮に言えば、脂質などは体内の労力源という形で使われ、体のシステム成分となるなど一連のしくみを指していきます。

そこの部分がおそまつになると、やたら疲れやすい、シミやくすみなどの数多くある不調も出てきます。

であるなら、どうしたらいいかと言われると、食品でフリーズせずに代謝可能なのと同じく栄養価が高レベルな同食品を同時進行でとればいのです。

炭水化物などのケースではビタミンB1、フライなど脂肪をとるケースではビタミンB2、鶏肉やささみなどのたんぱく質をとるケースではビタミンをとる。

こういう食のシステム化によって繰り広げていけば、いつの間にか脂肪が付きにくくなり糖質を燃やすのに通用するのが、ビタミン類となります。

ここの部分を無数にありながら多く含むのが魚などの魚介類のジャンルではないでしょうか。シンプルなポイントでいえば、鮭やイワシなどの代謝がフリーズせずに進行する組み合わせ。

タンパク質などで言えば、豚肉メニューを選びになるという意識が解決策ではないでしょうか。

ピーナッツやクルミなどにも多くビタミンは含まれるという理由で、昆布などを使用したりして気軽にゴハンのお供にすればイチオシ。

もっと言うなら、米や小麦の胚芽箇所に多方面にわたって含まれるので、ごはんを玄米に変えたりすることもオススメ。

それに匹敵するだけ脂肪は燃えやすくなり、脂質を燃やすにはビタミン類とレバー類、何と言いましても鶏、豚、ではないでしょうか。

どんな食材にもシステム化しやすい乳製品などと考えられるものを上手に導入るのが当てはまります。

スポンサードリンク

麻生れいみが言うこれをやれば太るし肥満になる!

自分自身の体は、食事をした場合では血糖値が上昇するように進んでいると考えます。

血糖値が上昇すると体内から分泌が起こりうると考えられるホルモンは、糖分をエネルギーに変え、血糖値を下げるシステムが想定されます。

そうだとしても、糖質には脂肪に変える働きもあるため、体に脂肪が取り込まれ、それが太る原因に直結するのです。

予防することを狙うなら、平凡な食生活で糖質を控えるというプロセスが必須要素になると思います。

血糖値のアップを防御する為の食事法は何をおいても、防御することを願うなら、糖質のあまり多くない食事をスタートしてみることが必要不可欠です。

データで描き出すと、1年365日で60g以下が目安ではないでしょうか。

規定ダイエットをするケースだと2週目からは糖質量最低限一日25g以下に収めよう。

それ以降は体重をキープするタイミングに入りますので、この期間に関することまで摂取しても無難です。

その上ちゃんと栄養価の高いものを取るのも必須。

タンパク質などの栄養価は2バリエーションが想定されます。

水溶性は粘性があり、消化管を時間を掛けてくら替えする途中で血糖値の上昇を防ぎます。

というのとは反対に、不溶性は水分を吸収して膨らむことで、内蔵系の機関を促していきます。

食べ方という形でレコメンドなのは野菜を多く摂ると考えられるメソッドではないでしょうか。

何をおいても、野菜やタンパク質の根源となる肉類を食べます。

これを実施していけば、血糖値の急上昇を防ぎ、もっと言うなら脂質の吸収もブロックするべきことができることになります。

糖質制限中、そんな簡単には上手くいかないので腹が減れば繊維の多い食品をとるシーンと言う理由で、カカオが多いチョコレートや、ピーナッツと思われているおつまみ系のお菓子を常備しておくと実用的ではないでしょうか。

スポンサードリンク

麻生れいみのロカボダイエットには砂糖に注意!

自分自身たった一度はダイエットに挑戦しスタートしたことが有り得ると思います。

ほんのちょっと前からダイエットや糖質ファクターや多岐にわたるダイエットサンプルやアプリがリリースされていたり、相当に何を信じればいいのか、どう敢行したらダイエットにうまく進むのか悩みを抱えている人間もいっぱいいますね。

自分たちが普段食べた食品に左右されて糖類に分解され、労力に変えられるのですが、それ以外は脂肪という形で体に蓄積していきます。

それが積み重ねていくと主に腕や腹、顔などに脂肪という形で蓄えられてしまうこともあると聞きます。

人々の体は、水分やタンパク質、アミノ酸で労力源としていきます。

糖質を体から抜くことで、油濃い脂質などを燃焼していき そうすると、脂肪を蓄えない痩せる体のサイクルを作っていくのが、ロカボダイエットだという事をご存知ですか。

キャリアと同時に食のライフスタイルが変わり以前よりもストレスなどに糖質を多く摂取するようになった現代を行うにあたって、糖質回路が回っているため、自分自身たちの体には余計な油分が蓄積されていることがあり得ます。

過剰になっている糖質をまるっきり抜くことで、開始するにあたり、100%の形で糖質を抜いた食生活を繰り広げていきます。

体内から糖質をパーフェクトになくすことで脂肪の付きにくい体質にしていくことが大切だと思います。

なのでこれを意識するしないでは全く結果がかわるし、やればやるほど更に脂肪を燃焼していってくれる体にアレンジするんではないでしょうか。

スポンサードリンク

麻生れいみの年収はいかに?次のページへ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする