フリッツル事件とエリーザベトの今現在や動機と犯人はヨーゼフ!【オーストリア監禁事件】

「土曜プレミアム」オーストリア監禁事件のフリッツル事件が解明されます。

フリッツル事件の犯人でもある父親のヨーゼフフリッツルと娘のエリーザベトフリッツルによる監禁事件で今現在や動機が話題になっています。

この事件の最大のキーワードは、父親のヨーゼフが娘のエリーザベトにむりやり子供を産ませて結果的に7人の子供をはらませたと言う前代未聞の事件です。

子供をはらませている期間は、ずっと自分の自宅下の地下室に彼女を監禁させ、好き放題の事をやらかしていた犯人で父親でもあるヨーゼフ。

まさに鬼竹と言うか、サイコパス野郎だと言うかこんな人間がこの世にいたのか!?と言うレベルではないか?

今回はこの事件の真相に迫ってみたいと思う。

スポンサードリンク

そもそもフリッツル事件の動機はなんなのか?

フリッツル事件が明るみに出るキーポイントとなったのは、エリーザベトの姉が病気という理由で地下室でスピリットを失った部分なのです。

母親がエリザベートに懇願された父親は、旅行で出掛けていて沿った隙をついて娘たちを地下室から連れ出し、そこから救命車両に乗せてクリニックに行きました。

娘がクリニックに搬送されたのち、ドクターが彼女のポケットから何やら「お願い助けてください」と書かれたメモを見つけ出します。

ドクターは、メモのディテールとヨーゼフの曖昧な受けごたえに懸念間を覚えて、ヨーゼフに向けて不審を抱きます。

このことからドクターはこの親子の関係がおかしいと判断して、このキッカケがフリッツル事件発覚の足掛かりになりました。

ドクターはメモのインプレッションが重篤な腎不全と言う理由で過去の歴を把握することが不可欠であると考えられることで、ヨーゼフに母親の居所を比較検討します。

しかし、母親が行方不明なのだということは、テレビでもインフォメーションされ、母親の行方に関連してずっと前から足跡をたどっていました。

その後ドクターはヨーゼフに自分自身も医療施設に連れていくように懇願したわけです。

娘が医療施設から搬送されてからは2人の息子の一方で地下室からようやく脱出して解放された。

ヨーゼフとエリーザベトがクリニックに付いたときにはドクターの通報によりヨーゼフが警察官に連行されることではないでしょうか。

スポンサードリンク

父親で犯人のヨーゼフ・フリッツルがどれほどサイコパス野郎なのか!?

犯人は、娘達の日常生活のものを取りに帰るために子供の各家庭にマンションをアクセスしたケースで、とっくに子供に関する失踪届が出されていて、自宅にも警察の捜査が入った後で合致したことに気付いた。

パニックに陥ってしまったヨーゼフは、子供達がたった一人で実践できて犯人と駆け落ちでもしたかのような嘘の証言を子供に強要し、警察に無事なのだということを証明したが、ある警察官が不審に思ったのか左右されてシンプルに逮捕されたと言う理由である。

スキームと設定は周到に練られたものであったが、予想を超えた展開にはあまりにもバカな犯罪者と言える。

ヨーゼフ・フリッツルは間をおかずに逮捕され、世界中に知れ渡るインフォメーションとなりました。

今回の裁判でヨーゼフは、監禁や強姦などを含むまるまるの罪状を認めているみたいですが、やりたての頃は殺人や地下での娘達への応対に関しては刑を軽くするように訴えかけていた。

とは言え娘の証言を見た後、一転してさっぱりの罪状を認めたのです。

子供たちは事件が明るみになり、保護されるまで自由のないライフスタイルをしていたのです。

中にはドアの配置を手伝うため地下室に行くように指摘されそのままヨーゼフに左右されてパワーで圧倒されそのまま監禁されます。

長い期間は未動き取れないシーンだったとささやかれています。

電気は何度も何度も切れ、ひどいときには何週間も暗闇の中だと嘆かれています。

食糧は手早くなくなり、ヨーゼフがいつ配給に現れるのか把握していないという理由で、いかなる時も効率的に分配しなければならなかったと嘆かれています。

監禁室にいたケースでは、恐怖心、鬱のケースにいかなる時もさらされ、数え切れないほど自殺したくなったなどと言われています。

しかも鎖でつながれていたとささやかれています。

生きていけないことを数え切れないほど示し、戻ってこないと脅すことを受けました。

精神衛生上追い詰められ、妊娠中はとくに不安定になったとささやかれています。

医療的なバックアップは何も得られず、妊娠するたびにリスクで沢山だったとささやかれています。

殺人罪が適用されなければ7年ほどで出てきてしまうことだ。

オーストリアの監禁や近親相姦罪の最高刑が1年というプロセスが信じられない。

10年もやり通せば目新しいヨーゼフが出てくるではないでしょうか。

彼の弁護士が彼をサイコパス野郎と思わないと言うなら、彼もユーザーと同じ様にサイコパス野郎なんだと思います。

ネット上でもこんな意見が。

あんな悪魔を保護してやる必要があるのか。

スポンサードリンク

フリッツル事件の犯人、父ヨーゼフの生い立ちとは?

ヨーゼフ・フリッツルは1935年に生まれました。彼が幼少期のシーンでは、父がファミリーを見捨てたため彼は母に一人っ子という身分で育てられることだと考えます。

ヨーゼフの母は使用人という形でビックリするぐらいの労働者でもあった。

彼の発表では彼女はルーチンワークにも学習にもビックリするほど本格的に自分自身を規律していた。

幼いヨーゼフを邪魔者扱いしてはそのケースになると「一生涯においての汚点」だと熟知したことも合致したと噂されています。

彼は幼い頃から親の愛情を招き入れるというのも抱きしめてもらうこともなく、両親の愛情を覚えていないまま育ちました。

彼は若くして結婚し、母と同時に成婚くらしを始めます。

そうするために結婚後も母のチェックと規律の厳しい環境でライフスタイルを過ごしていたヨーゼフは、フリッツル事件と比較してもずっと前に実の母親を自宅に軟禁状態にしています。

すでにこの頃から、監禁くせがついていた ヨーゼフはメンタリティ科医に特殊なパーソナリティ障害だと見立てされ、人間性の不安定や精神的な移り変わりの偏向の形式で現れていたとジャッジされました。

その事が原因でこの事件の監禁と考えられる極端な形で活動に移され、フリッツル事件が発覚したようにも思える。

ヨーゼフの犯行の動機とは?

ヨーゼフはフリッツル事件の犯行動機に関連して、別のように供述しているとのことです。

「私の娘エリーザベトが10代になり、様々な規律を彼女が破っていくのを見るにつれて、私は行動を起こさなくてはと感じた。彼女を力づくでも外界から隔絶して、保護・監視しておくための場所が必要なのだ。」

この同様にかれが言うには母親から受けてきた厳しい習得の作用をうかがい知るというプロセスができるにちがいありません。

もっと言うなら異常なまでの独裁者のような規律がこの時世に学習を受けたというやり方も、敏感なまでに執着するスピリットの構築に関わったことになると考えられます。

このスキームの構想は彼がこれ以外の事件で収監されているタイミングで行ったと公表していると考えます。

スポンサードリンク

サイコパス野郎の父親の嘘を見抜いた医師が存在した!次のページへ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする