【ブラジルバスジャック事件】犯人や被害者の今現在や真相と謎!サンドロはサイコパス野郎!

「土曜プレミアム」にブラジルバスジャック事件が見解されます。

ブラジルバスジャック事件の犯人や被害者の今現在や、事件の真相や謎、犯人と称されるサンドロ ド ナシメントのことなどについて見て行きたいと思います!

ブラジルバスジャック事件とは、ブラジル本土でも超話題になり全国放送されていました。

その話題の中心となるのがやはり犯人のサンドロではないか?

今現在彼はなんと警官に首を絞めれたと言うことでとんでもない事になっている。

一方で、被害者達の今現在なども気になる。

今回はそんな全容を見て行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

そもそもブラジルバスジャック事件の真相や経緯は?

ブラジルでバスジャック事件が起きたのは2000年。

ブラジルの首都リオデジャネイロの街を走るラインバスで人質になったのは数名の民間人。

拳銃を所有する犯人に従ってバスジャックされました。

犯人のネーミングは、「サンドロ・ド・ナシメント」

担当直入に申し上げると、全く未知の状態でサンドロはバス強盗に失敗したわけです。

とはいえ、あまりバスジャックするとは本人も考えておらず、ただの成り行きでバスジャックへと広大化して乗客を人質あっけなく立て籠もってしまうとのことです。

警察はバスジャックされた現場を制圧するこができずに、現場の近辺に報道関係のレポーター達のタイミングでわたって生中継されました。

テレビを見たところどころは次から次へと野次馬となってバスジャックされた現場に駆けつけたレポーター達。

警察に限定されることなく、広範囲にわたるニュースとともに左右されて、犯人のサンドロは訳がわからない状態になりサイコパス野郎と化していく。

警察にファクターを質問されても、気分でバスジャックしたのみの動機と言う理由からサンドロは何も制限せず、その後、複数の人質が解放されると思いますが、しばらく絶え間なく落ち着かないシーンが続いてしまうのでした。

サンドロと警察の落ち着かないシーンがしばらくした後、ようやくサンドロが人質と同時にバスの外へ出てきました。

警察は威嚇射撃などを行い、弾丸はトータルで外れてしまうのです。

実質的には、警察官に左右されてサンドロが押さえられてフィニッシュではないでしょうか。

ようやく無事に事件は解決したかと言うと、そうじゃないのです。

連行される車両がある内から犯人が殺されると言う非錠な結果になり、その殺した警察官はなんと後々裁判で無罪が確定しています。

ありえん。

スポンサードリンク

ブラジルバスジャック事件の犯人サンドロの動機はなに?

犯人のサンドロが警察と対峙するシーンが続いていた時に、彼はオリジナルの過去を気付く間もなく語り始めたなどと言われています。

ブラジルの経済状態の根本的なステージでもあるスラムで誕生したサンドロは、子供の時点で母親が犠牲になりました。

その後、叔母の家庭で世話になっていたが当時のブラジルの経済環境は悪く、貧乏な子供は世帯内暴力などでマンホールに住み、まともな勉学も受けられずルーチンワークもないという子供が信じられないほど多数いたとささやかれています。

こんな彼も家を出てストリートチルドレンとなり、自分自身と共通する友を見つけ、その近辺でライフスタイルを送っていた。

とは言っても、 当時、なんとか生きるために窃盗や強盗を何度も行うしかチョイスがつなげられないストレートチルドレンに関しては警察も承認していたと言う噂もある。

サンドロの仲間も警察に影響を受けて目の前で犠牲なのだという状態を見ていました。

サンドロ自身も幼い頃からこのような厳しい環境で生き抜いてきた人間ですから、思いがけずそれが動機となって元を正せば警察たちに戦いを挑もうとしていたことも考えられます。

この事件の本当の姿を浮き彫りである事件でした。

スポンサードリンク

犯人サンドロ ド ナシメントの伝説!

犯人・サンドロ ド ナシメントの伝説や生き様は、首都リオデジャネイロでもっとも貧しいスラム街で誕生した。

両親は彼が生まれる過去に死去しているため、母親に育てられたと考えられる。

もっと言うなら経済的に厳しい環境でも彼は基本的に明るい元気な子だった。

そうだとしても、幼い時分に母親を何者かに殺され、親戚の家に引き取られてからライフスタイルは一変する。

彼は大好きだった母親のことを忘れようと、叔母のもとから離れ、路上で暮すストリートチルドレンと化していた。

そこからは、薬物のトレードなどの危険なルートに手を染め、そのブツが不足している子供たちの簡易宿泊所という形で、飲食や学習指図などのサポートを実施している施設で密かに生活をしていた。

それから、警察によるストリートチルドレンに関する無差別的な虐待や殴る蹴るの暴行が連日のように行われていた。

それから、この環境になんとか生き残った彼はこの事件にインパクトを受けた。

この頃から薬物依存に関する事が激しくなり、 なおかつライフスタイルを継続するために、窃盗を何度も行うようになったと考えられている。

そう実施した犯罪を何度も何度もえたサンドロ ド ナシメントは、幾度も補導され、本当のところは少年院にも何度も足を運ぶ。

少年院から芽生えてきても、再犯を繰り返し、しまいには刑務所に数え切れないほど収監される日常生活を送ったのだった。

犯人のサンドロがどれほどサイコパス野郎だったのか検証!

事件は、 現場での警察の封鎖に失敗したため、 数時間もの間、ブラジルで話題沸騰でした。

犯人のサンドロは、バスジャックで人質を殺すつもりは全くなく ファクターも存在しませんでした。

どういう理由でと言うと、そもそもジャックに失敗してバスジャックをしたからだと考えられます。

そこにスキームなんてものはなく、言うまでも無く、制約も存在しませんでした。

その他には、数えきれないほどの警察や報道陣らがパニックシーンになっていたとささやかれています。

そうだとしても、肝心のバスの運転手が逃げてしまったということより代役と逃亡用の武器を制約するのです。

その条件が通らないことが認識できると彼は1人1人殺していくと脅していました。

しかしながらサンドロは、予定通り人質を殺す気は繋がらないようで 人質の殺害を演じたり、人質にも演技を募っていたとささやかれています。

ブラジルには警察の「死の部隊」と評価されるグループがあり、 治安悪化などに於いて観光客等の客足が伸び困惑するという理由で、 年収の低い極悪非道の警官などがこうした申請にチャレンジして 路上生活者などをターゲットにして金ペンを巻き上げたり殺人などを実行しています。

警察が利益をもらって、暴行や殺人を繰り返すこの国の不安定化が鵜呑みになります。

ブラジルバスジャック事件の今現在やその後の経緯は?

バスジャック事件の解決は逮捕で幕を下ろす形かと誰しもが思っていたが、サンドロは警察に取り押さえられ車両に載せられ、その後 窒息死したわけです。

同乗していた警察官に首を絞められたのです。

その後、その警察官は逮捕されましたが 裁判では無罪になるので その後も勤務していると言うとんでもない事が起こっています。

当時サンドロが訴えていたブラジルの司法メカニズムがどんなふうにして貧困層に不当なのだというかを 体現するかと似た判決だ。

社会の残酷な現実の姿を描いたもので合致したことを考えると、 その様相は、4時間もの間生中継されました。

今現在、本当は服役中のはずが無残にもこの世を去ってしまったサンドロ。

被害者もそうだが、決してこの事件に関して追求していくと彼のみがサイコパス野郎ではなかったようにも思えてくる。

スポンサードリンク

そもそもブラジルのスラム街は最高にヤバいエリア!次のページへ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする