川邉サチコの経歴や住所と年収!娘(子供)は川邊ちがや!

「梅沢富美男のズバット聞きます」にヘアメイクアップアーティストの川邊さちこさんが登場です。

川邊さちこさんの経歴やプロフィール、サロンの住所や年収など子供(娘)は川邊ちがやさんと言うこれまたヘアメイクアップアーティストをされています。

親子揃って美容関係のトップアーティストと言うことで、いったい川邊さちこさんとはどんな人物なのか?

今回はそんな親子揃って見て行きたいと思います!

では早速。

スポンサードリンク

川邊さちこの経歴やプロフィール

最新のモデルからハリウッド、女優と、国内の俳優まで、といったようにたる芸能人や有名人のヘアメイクを長年手がけてきた、川邉サチコさん。

今も年齢に関係なく最前線で活躍しており、年齢や肩書は一切関係なく、長い間自分自身らしく輝きたいと理想とする女の人に、メインの美容やヘアスタンス、ファッションと言われるものを総合にプロヂュースするサロンを経営してくれている。

過去の自分自身のしがらみについていたらいけないと言えますと言う。

例えば、自分の子供に洋服などを『ダサイ』っていわれても、自分の信念やポリシーがあるなら貫き通す事も大事です。

あなた自身が第三者的な目でヘアやスタイル、髪質などインストールで為すべきことは驚く位必須要素だと思ったと言う。

今の時代は、豊富に移り変わりが存在するのは実質ですし、 彼女自身も基本路線は無印良品のリップライナーを愛用していると聞きます。

敢えて自分にフィットするいい物を使い、自然にライフスタイルに溶け込む彼女の私生活は同年代の女性からすると憧れの存在である。

物を食べたりコメントしたりしてくれている時、境目が感じると興ざめである故とも。

ほんのちょっと前からは好きなシャツのコートドレスを羽織って、トレンドを意識しつつも、自分の質感やテクスチャーも守ったファッションを心掛けている。

彼女は、 「ヘアメイクは着こなしと密接な関係に有るから、自分は一切着て、全身のバランスをチェックしてから髪を結いると考えられます。この髪型、手櫛でちゃちゃっと多角的にバレッタで留めてるだけの簡単なものですよ」 と語る。

彼女にとっての自分自身とは、美容やヘアメイクに限定されず、食のライフスタイルや運動、睡眠、身につける肌着など全部なものです。

環境やメンタリティは年齢は若々しくありたいと予測するが実年齢が今まで以上に老けても、いきいきと自己らしく生きていたいから、食材や、衣類なら材質に関することまでかなり神経を使うらしい。

時間が経つにつれての暮らしや、スタンスそのものが美容になって見受けられる。

何をおいても、朝起きたらスピーディーにヨガや軽い運動をして新陳代謝をアップさせる。

スポンサードリンク

川邉サチコのサロン(店)の住所はどこ?

東京の自然な街並みに位置するサロン「KAWABE LAB」

日本国外のイベントでは、メイクや日本髪をモチーフにした斬新さが注目されています。

国内のモデルや海外のコレクションで施した幻想的なメイクは、目下今も語り継がれている。

長らくスペシャリストをターゲットにお役回りをしてきたが、彼女の母親の介護が理由で、各家庭に併設したサロンに拠点をメインにしたのである。

今の時代から、シニア世代までの相談が入るようになり、 そのためにフィーリングなのは、女の人たちが自分自身のスタイルに気付かず、周囲に同化した堅実なスタンスに流されがちなこと。

魅力あるように追い求めていた気持ちをオーバーして、しわやしみ、体形の異常に自信をなくしているメンタリティも気になった。

シニア世代がファッションアドバイスを受けられるタイミングはあまり多くない。

毎日が忙しいライフスタイルの中で年寄り扱いされることを受け、本当に自分がしたいファッションも楽しめないと、川邉さんは、コンサルテーションでライフスタイル状況を尋ね、悩み事にも耳を傾ける。

加えて、申請者が広範囲に及ぶ場面で輝けるスタンスをアドバイス。

流行に目を配りつつ、プロフェショナルのわずかなメイクキャパシティーやその人にあったレベルのテクニックなども伝える。

現在は、おしゃれを真剣に楽しんでいる。

年を取ると楽な方にパターン化してしまう。

食事や運動など、美しさを保つトライを続けたいわと語る。

普段のライフスタイルではジムなどで泳ぎスタイル維持などにも取り組む川邉さん。

女の人たちは「老い方のお手本」と口をそろえる。

海外などでは、自分自身のファッションで街を歩くマダムが話題を収集する。

国内でも映画や写真展でアピールされ、川邉さんが“国内版マダム”といった身分で改めて好奇心してシニアに特化した総合コーディネートをアナウンスしている。

「街なかの国内のマダムたちを、今まで以上におしゃれに。その補助が可能であるなら」

死ぬまで現役を誓って見受けられる。

サロンの住所はこちら「東京都渋谷区東1丁目23−1 2」

スポンサードリンク

川邊さちこの娘(子供)は川邊ちがや!

川邊ちがやさんは東京生まれでヘアメイクアップアーティストという形で業界問わず広い範囲で快進撃。

東京都で母と完全予約制サロン「KAWABE LAB」を経営。

母サチコさんと同時にヘアメイクはもちろん、ファッションやライフスタイルなどの総合アドバイスも開始する。

このご時世に美容、理容を導入した祖父と美容師の祖母の家族に生まれては、ヘアメイクやデザイン、ファッション界のインパクトに従い影響を受ける。

学生時代には、在学中よりスタイリストをチャレンジしては、メーカーへと入社しそこでコーディネーターなどを受け持ち才能を発揮する。

その後は、大手百貨店やイベント等のコーディネーターやアーティストと言う兼務を行う。

今現在では、ヘアメイクアップアーティストという形で有名雑誌やカタログPR等のヘアメイクを手掛ける他、宣伝等のコンシェルジュをスタートする。

経営しているサロンでは母と同時にその人らしいデザインやスタイリングの助言、 似合うファッションのコーディネーターとして活躍しています。

彼女もまた、全体を通じての美のアレンジを得意としています。

しかしながら、変わることのないメクアップアーティストといった形で快進撃中の「吉川ちがや」と力説するネーミングの女性がいるんだが、おそらく同一人物の可能性が高い。

結婚されて名前がかわっているかもしれない。

川邊さちこの作品がスゴい!

デザインを進めているとき、くり返し現われる風景に、光と影の世界が存在する。雲の上の世界と同じ高さで、山と比較して大きな立体感とともに、内面から来るリアリティー。

端のほうは、空の遠くまでいき、それと溶けちょうどいい。変わってしまう世界は想定内でもあり全くもって代わっては、高度なカラーだと。

デザインの世界ではたくさん存在するタイミングで、反面のカラーは全身が鏡となって、焼け焦げた陽を写しとる。

それとは反面、闇の中に沈んでいる世界観も潜在する。

どんな場合でも、エンドレスにくり返す独自のワールドに彼女はこう言う。

私たちは、いつまでも輝き続けたいと望む女性たちをサポートするサロンです。

年齢や肩書にとらわれず、自分らしく、心地よく、

美しい毎日を過ごせるように、美容、ヘアスタイル、ファッションなどを

トータルにアドバイス致します。

また、あなたが自分らしく輝くための健康やアンチエイジングについても、

様々なワークショップを開催。

ヘア&メイクアップアーテイストとして豊かな経験をもつ川邉サチコと、

美容からファッションまでを手掛ける川邉ちがや。

二人のコラボレートで、あなたならではの個性が引き出されます。

あなたの未知なる魅力を、いっしょに見つけませんか?

スポンサードリンク

川邊さちこの年収はとんでもないのか!?次のページへ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする