【マツコ会議】3畳ワンルーム部屋の家賃や間取図が人気!?評判はいかに!

「マツコ会議」に3畳ワンルームマンション部屋が人気になっていることで、家賃や間取図、評判などについて見て行きたいと思います!

マツコ会議に紹介される3畳一間のワンルームマンション部屋のタイプが若者たちに流行っていると言う事ですがその家賃や間取図に人気があるんでしょうか?

なんで今更、3畳一間のワンルームマンションなんかが話題になっているんでしょうか?

今回はその真相について見て行きたいと思います!

では早速。

スポンサードリンク

3畳ワンルームマンションが注目されている要因と家賃相場は?

ほんのちょっと前から、都心に的を絞って3畳の狭小アパートが大人気だと聞いています。この原因は、都心と言われている客受け地区に家賃5万円ほどで住めるからだ。

そうするために、3畳弱の狭い物件に範囲を狭めてアパート調教を母体となっている限られた土地に際立った部屋数をゲットすることでアパートを安く、オーナーには重要なプラスを用意できるよう実用化したのです。

何はさておき日頃のルーチンワークがてんてこ舞いになると、家に帰ることが困難そうになってきた時代です。

そのために、会社の近隣で物件を調査することにしたのです。

ところが、新宿で家賃5~6万円の物件は、築30年を上回る畳部屋の風呂なし物件ばかりだったなんていう風に。

セパレートで、水回りが惹きつけられる物件は、面積以上で10万円を上回る物件ばかり。

そうだとしても、ルーチンワークがメインのライフスタイルと言う理由から、自宅では寝られるスペースさえゲット出来れば十分なわけです。

面積が狭くても、ひとつとして誤っているということはありません。

そのために、トイレとシャワールームを各々にした水回りが魅了される物件に関連して、面積を狭く実施することで、家賃を6万円から7万円に抑えられるのでは、と考案した。

勿論の事狭いことは手堅いですが、ひとり暮らしなら極端に窮屈というのもないのではないでしょうか。

ここ5~10年程で3畳ほどの物件も選ぶべき肢も多くなりました。

客受けゾーンの駅近で、部屋もキレイだけども、狭いから思っている以上に家賃が安いと言われる物件も見つけ出すと割と見つかります。

以前だと多かった“古い畳敷きの四畳半”と一緒の狭小物件とは、だいぶインプレッションが別個のと断言。

結局のところ狭くなったのですが、比較的不便は見出していません。

外に出向くことが多種多様なサラリーマン。

食事も外食中心と言う理由から、部屋は基本にあるのはお風呂に入って寝るだけ。

そういう理由で布団が敷けるに限った広さで申し分ないんです。

ちょっと前まではいろんな家具などを持っていて、さらに書籍や漫画なども大量にあったが今はまるまるPCやスマホの電子書籍ではないでしょうか。

テレビもオンラインもスマホ一つで事足りますし、スマホケースにカードや部屋のキーポイントなども収納してくれている家に居るタイミングがあまり多くないヒト、趣味に収入をかけたいヒトにふさわしい生活パターンかもしれないですね。

スポンサードリンク

なぜ3畳一間の部屋が人気があるのか?

家賃は管理費込みで4~6万円台と言われるマーケット。

それに加えて、3畳ワンルームが手早く満室になるケースが後を絶たないと言われる。

もっと言うなら、敷金・礼金・更新料がゼロ円ではないでしょうか。

この巷で話題の3畳一間の環境とのギャップがいいのだと若者たちは力説する。

この3畳ワンルームの支持率に関連してここ2~3年、一歩一歩3畳ワンルームマンションの物件が増加し、おおよそのオーナーで埋まって見受けられる。

従来の5~6畳のマンションタイプのバリエーションはセパレートではないアライアンスだったが、目下は部屋にアレンジ付けられている。

台所や風呂等の水回りが快適で好感度だと検討する。

これ以外のにも同様な物件はあるのだろうか。

多数ある3畳ワンルームに住む人間に、チャームポイントを傾聴すると、駅から近いなど立地ファクターが理想的だとのこと。

他にも狭いスペースなので掃除がシンプルで無駄なことに時間を費やさなくていいなのだというと考えられるものをあげていた。

スポンサードリンク

時代によってライフスタイルの変化が理由か!?

今のスタイルの3畳一間とも言っても良い3畳ワンルームのプログラムは運営と考えられるものを将来において広大化して行くとイメージしている。

今日この頃ではコンパクト部屋とも呼ばれていて、今までにのような一人暮らしには家具とテレビがないとダメと言われるような生活パターンから、PCやスマホがあったなら生活に困らないと言われる生活様式へのアレンジが、今が旬の不可避ポイントに相当する。

ITの進展がこのような物件でも住むというプロセスで可能な環境を生んだとも言っても良い。

世間一般の引越しで経費が多額にかかる負担も必要最低限に済む要素も豊富にある。

しかも敷金・礼金がゼロの3畳一間は、このご時世にマッチしているのかもしれない。

3畳ワンルームマンションの間取図や部屋の構造は多種多様とはいっても、 新築で身なりもきれい。

陳列する場所不足から、全くそれを感じさせないライフスタイルではないか?

1DKとの相違点は部屋以外の空間の広さに設けられていると言う理由です。

しかしながら、畳のスケールのとらえ方のギャップや、仕切が足りなくなりても1Kという形でいたり部屋のブランクの中には風呂やトイレ等の分の広さもカウントしてくれているケースも見ることができますから、事実上のポテンシャルはそんなに変わらない。

物件を見つけるときは間取り図をよくチェックしてした方が良いですよね。

同じような間取りとなると、ズレがでるのは風呂やトイレがセパレートなのか?

のポイントではないでしょうか。

広さがかわるとしっかりしも同様なズレがあるわけだとは限りません。

そんな物件でも部屋が10畳程あるものもあれば、狭くても、部屋を4畳程におさえて、キッチンブランクがゆったりとして存在するものも想定されます。

もっと言うならのタイミングに、それと同じ様な物件に関しては書きたいと考えます。

設備が整備されているのか、熟知しにくいと断言しますが対比させてみるとシンプルなと断言します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする