岡本依子の今現在は宗教にハマる!結婚や名言と協会や年収はどうか!【爆報フライデー】

岡本依子の年収もハンパないのか!?

原則的にテコンドー選手のギャランティは金メダルゲットなら、参加企業から5000万円、スポンサーからの数百万円、委員会からの数百万円とかなりの報奨金を確保できる。

テコンドー宗主国は韓国。

でも実力が一番高水準の国も韓国ではないでしょうか。

で言うと世界でテコンドーの支持率が何よりも高水準の国はと言うと、イランではないでしょうか。

すべての出場選手がメダルをゲットしたチームは韓国だけ スポーツインストラクターのサラリーは、業務形態や企業のスケールに左右されて変わってしまいます。

企業次第では、30歳で年俸600万円と言われる人物もいると噂されていますが、見受けられるフィットネスクラブに就業するインストラクターのケースでは、30歳で月給が約30万円、年俸が約400万という性質があります。

スポーツインストラクターという形で支持率がでたり、本格派の資格をゲットするなどして高水準のデータなどが認められれば、気持ちよく昇給しているのです。

高給が予見できてしまうと言われるルーティンワークでは絶対にありませんが、スポーツが好きということで勤務するヒトが多くいます。

働ける期間も一般30代までとは言っても、

変わったところでは、スポーツトレーナーに転身したり、事務職や制約職として企業に残る人間も存在しています。

1時間あたり2500から4000円がマーケットになっていて、週数本程度のレッスンで月15万から24万円ほどではないでしょうか。

彼女のケースではテコンドー界の知名度がありますので、一般的サラリーマンよりは遥かに稼いでいるんでしょうね。

今後の活動に期待だ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク