スティエパンとコウノトリのマレーナ(夫婦)の今現在!クレペタンも気になる!【アンビリバボー】

「アンビリバボー」にスティエパンとコウノトリのマレーナ夫婦の今現在などに着目する。

アンビリバボーでこの手のストーリーは珍しいが、スティエパンさんとコウノトリのマレーナ夫婦、またはクレペタンとの関係性は極めて深いものがあります。

今現在、スティエパンさんとこのコウノトリ夫婦はどうなっているのか?

その真相が気になります。

早速行ってみたいと思います。

スポンサードリンク

スティエパンとコウノトリのマレーナ(夫婦)やクレペタンとの生い立ちなど

クロアチアのブロドスキー・バロシュと言われる村には、長期間すれ違うことのないコウノトリの夫婦が存在するのです。

このコウノトリの夫婦はクロアチアの国民がメディアでも取り上げるほど注意して眺めている有名なストーリーなのです。

継続する二羽のネーミングはクレペタンとマレナ。

マレナは山中のハンターに羽を鉄砲で打たれてから空へ飛べなくなり、その後はクロアチアに住むコウノトリたちは年を増すごとに夏が終了する時分に今後の冬のために南アフリカへ行き来するんですが、空を飛ぶことができないマレナは冬をたった1人で過ごすことになってしまうんです。

南アフリカからクレペタンが帰って来るのをひたすら待ちわびて見受けられます。

ビックリしますがクロアチアから南アフリカまでの走行距離は約1万キロ。

その距離をクレペタンは年を増すごとに欠かさずマレーナの元に従って返ってきます。

その一途なクレペタンとマレーナの外観を、時間が経つにつれて喜びに温かくガードして続けているクロアチアのところどころ。

その期待度は想像以上に上向いて、年々度々結構インフォメーションで取り上げられます。 何はさておきクレペタンが返ってくるのは国中の興味するイベントになっているんだとか。

その状態は全国の至る所でメディアにも注目されています。

マレナに限ったことではなく、クロアチア中がクレペタンの帰省を待ちわびているはずです。

ただ、傷ついたマレーナを今までケアしてきた1人のクロアチア人がいます。

彼がスティエパン・ヴォキッチさんと言われる男性で、マレナを温かくケアしていると聞きます。

マレナとヴォキッチさんの馴れ初めは銃で打たれ傷ついたマレナの羽をヴォキッチさんが保護されたと考えられています。

ヴォキッチさんはこのコウノトリを保護してちゃんと社会復帰できるようにと介護をしていきます。

もう空は飛べませんが、絶え間なくヴォキッチさん共々と幸せに暮らしているとのこと。

スポンサードリンク

そもそもコウノトリって何ナノ?

コウノトリのオス・メスには相性と似ているものがあり、お互いの性格が一致しなければ間違いなく夫婦にはならない。

嫌いなターゲットが近隣に存在するだけで相手を傷つけてしまうことさえ存在します。

鳥の中ではコロニーと評価される集団を確立するジャンルが存在しています。

こうした鳥は範囲が広い結婚対象がいますので夫婦になりやすいとささやかれています。

夫婦なのだというまでは皆さん自身一羽で歩むので、結婚対象を見いだすことが困難とされるのです。

そうだとしても、一度でも相性が整うとその絆は深く、死ぬまでを共におくると考えられています。

カテゴリーに左右されて別個のが屋根の上などに営巣する。

基本的には、熱帯エリアに分布し,水辺や草地に生息する。各種のカテゴリーは幅広い。

全長約1メートル強で、体重は4キロほど。

翼を広げるとトータルで2メートルくらいは広がる。

全国の至る所ではこれまでに東北から九州まで大規模に分布していたが野生復帰を目指した放鳥をチャレンジ。

野外で誕生したヒナが巣立った。

外国やヨーロッパでは「伝説の鳥」と熟知されている。

日本中では、従来色んな所にとんでもなく豊富すんでいたらしい。

スポンサードリンク

マレーナ(コウノトリ)の今現在は?

元を正せばキーポイントはクロアチアに住む スティエパンと言われる 老人が 銃で撃たれて傷ついた メスのコウノトリを保護して看病 した事からストーリーははじまりました。

責務のパワフルなスティエパンさんはマレーナがこれから先飛べないし とてつもない敵の餌にされてしまうとイメージしては、メスのコウノトリを 「マレナ」とネーミングして彼と 同時に住むことになりました。

彼はすでに子供も大きいし、 ご婦人も亡くなっていることから、スティエパンさんはこのコウノトリと人生を共にするのがベターなタイミングだったことも考えられます。

最近では一人暮らしだ。

過去には全くもって幼いマレナは翼に銃弾を受け動けないシーンだった。その事情を見つけ出した彼は一目散とマレーナを保護している。

コウノトリは渡り鳥であり絶え間なく同時にいることは実施できないが、彼との生活は10年以上にも及ぶ。

冬を経験するのである クロアチアではこの2羽のコウノトリは評価が高く、年を増すごとにメディアがリスクな旅から無事に戻ってきているかどうか勘ぐりし、レポートしているという。

とは言ってもこれまでまったくもってクレペタンが返って来なかった事はなかったと言う。

来年も、マレーナの待つクロアチアへと戻ってくることは保証できます。

スティエパン・ヴォーキッチの今現在は?

地元の学校で管理人に従事していたスチェパン・ボキッチさん。

春なのだというとボキッチさんはマレーナの為に、屋根にでっかい巣をつくる。

それとは反面、クレペタンは子供たちに飛び方をレクチャーする。

それを終了する頃には、飛べないマレーナをおいて南アフリカ近くまで、1か月以上かけて移転すると考えられる。

飛べないマレーナは、彼と一緒に暮らす。

コウノトリの生息地なのだという湿地から離れているために、マレーナの体を洗ったり、その他のケアを行う。

この町で波風を立てることもなく暮らしています。

スティエパン・ヴォーキッチさんは 3人の息子は独立し、妻は他界したため、最近では1人で日常生活しています。

明けても暮れても遠くの釣り場に行き、ファミリーの為に魚を釣るんだとか。

そのあいだはクレペタンは子供たちに飛ぶためのトレーニングを実践します。

トレーニングの速度は思っている以上に早く、誕生から2ヶ月もトライすると飛ぶことが可能となり、アフリカを目指して飛び立ちます。

クレペタンはその間マレナと同時に過ごし、子どもたちの後を追っていきます。

別れのケースになると、この夫婦については一番ツラいタイミングとなってしまうのです。

スティエパンさんの話によれば、

「あなたは早く行って。私は行けないから」と

そうすることでクレペタンは高水準である所へ上昇し、彼女を思うのだ。

この間にマレナが生きているかチェックしてみて、クレペタンはアフリカへと飛び立っていきます。

今後のクレペタンの活動やスティエパンさんの活動にも期待だ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする