情熱大陸

ヨシタケシンスケの経歴や年収と結婚(嫁・妻・子供)イベントも!高校大学は?【情熱大陸】

投稿日:

「情熱大陸」にヨシタケシンスケさんが特集されます。

 

ヨシタケシンスケさんの経歴プロフィールや、年収と結婚して嫁(妻)や子供はどうなのか?

 

ヨシタケシンスケさんの高校大学やイベントなどもピックアップしてみたいと思います。

 

作家として有名なヨシタケシンスケさんの本はベストセラーとなるなど、かなりの巷では知名度の高いイラストレーターとも言える存在です。

 

そんなヨシタケシンスケさんの私生活や今現在の活躍などを見て行きたいと思います!

 

では。

スポンサードリンク

ヨシタケシンスケの経歴プロフィール

名前:ヨシタケシンスケ

出身:神奈川県

生まれ:1973年(45歳)

ヨシタケシンスケさんは、 筑波大学のカリキュラムで学業を学んだ後に、 サラリーマンライフスタイルを経験して、 努めている時点では広告のPRやイラストを描くルーチンワークを約14年長期間にわたってやっていたとささやかれています。

 

始めたころは作家ではなくイラストレーターとしての活動をやっていて、イラストレーターという身分で長い期間行動した30代は全くと言ってもいいほど売れなかったと嘆かれていますが、長期的に学んできたスキルを最大限に生かしその後ヨシタケシンスケさんが10年後の40代堺に作家として最初にリリースした 「りんごかもしれない」が突如としたブレイク。

 

その後にアナウンスした他の作品でも3年継続の入賞を現実化されました。

 

のみならず他の受賞作は驚くほどたくさんあり、 ヨシタケシンスケさんはあっという間に注目度No.1の 絵本作家として認めて貰えるようになった。

 

彼が作る作品は 子供には人気があるが、それだけに限定されることなく、 大人たちにもファンが 増えているといわれています。

スポンサードリンク

ヨシタケシンスケの高校大学はどこ?

そんな理由から、ヨシタケシンスケさんの出身大学と高校も確かめてみてみたいと考えます。

ヨシタケさんの出身大学は筑波大学となります。

 

彼はその後筑波大学入学したわけですが それから同校のカリキュラムに進み、1998年に過程を終了しているのです。

 

卒業後は絵本などやアートの作品を作っていました。

 

基本的に作品作りはあまり得意分野ではなく、周りからは「なんで?」とされるくらいでした。

 

高校に関しては、彼が通った高校は認識しませんでしたが出身が神奈川県なので間違いなく神奈川県下の高校ではと考えられています。

 

高校にいった場合は、ひとまず志望するところもなく転々としていた日々が続き、マスターしたいこともなく、担当先生にただ「行ったらどうだ?」と言われたから、願書を出しに行くまでの運びです。

 

しかも彼はその高校すら知らなかったとささやかれています

スポンサードリンク

ヨシタケシンスケの結婚や嫁子供は?

ご成婚は2003年にされたと言われています。

婚姻に関わることまで子供を作るまでのストーリーをこう話していると考えられます。

 

「嫁はぼくの編み出すものにはひとつとして関心を示さなかったんですけど、 ぼく自分自身には関心を示してくれたんですよね。」

 

において、嫁はかなりのハイプレスをかけてきては相当な強気な妻だったそうです。

 

そういった強気なヒトがいるんだと、彼自身も相当ビビっていたそうですがだとしても、現在の世の中ここまで強気にPRしないと 結婚は難しいのかな?とも感じ入りましたとも語っている。

 

ヨシタケシンスケさんは、 講演などに於いて育児の大変さをコメントされているので ご婦人にお願いするわけではなく、ヘルプもされていたと考えられていますね。

 

子供と育児に関連して嫁が子供を産んだ時にはすでに34歳のケースだったそうで、 それから、ご婦人が体調などで体の痛みから子供を抱えることすら困難にいたったそうで、想像以上だったと聞きました。

 

最初の子供が誕生した当時は彼は昼間職務をしていたので、 家庭内もグッチャグチャでルーチンワークから帰ると散らかりマクリの部屋で彼が仕事をしていたと言われているようです。

 

育児は想像以上にだと言いますが、 こんな修行をされている人間もいるんだなとイメージすると、 自分自身はいかに恵まれた環境で生活しているのかと実感します。

 

ルーチンワークしながらも子供の世話は予想外ですよね。

ヨシタケシンスケのオススメ絵本はどうか!?

インパクトのデビュー作『りんごかもしれない』今までありそうで結びつかない着眼点のトータルはここから誕生したと言っても過言ではない。

この絵本を出版されるシーンでは、セールス担当の人から「絵本はそう簡単にセールスできるほど甘いものではない。

 

さほど期待はしないほうがいい」と言われ、ヨシタケさんもその心の持ちようはできていたとささやかれています。

 

しかしながらいよいよ出版されると、日本中の人々の心を掴みいたる箇所で大ブレイクした。

 

彼はトータルで思案する、今までになかったまったくもってモダンな絵本といった形でところどころを熱狂させ、この作品1つで彼の人生は全く別物になった。

 

りんご一つで、こんなにストーリーが広がると言えるものは何処のアイデアも想像以上にとりつかない。

 

一般的にも推定も常識を覆す作品でもありやればやるほど結構ふくらんでいくそのインパクトに目が離せません。

 

思いのほか目立ったインパクトはあまり多くないのに、見ればためらわずにヨシタケシンスケさんだと認識できる他にはない絵。

 

しかしながら、ひと目見ただけで彼に興味をひいてる人間であれば彼の作品だと理解できる不思議な基盤と言えるでしょう。

 

りんご一部分から進んでいくストーリーの展開は中々他の絵本では真似のできない一冊ではないでしょうか。

 

これぞ、彼が産み出す作品の真髄ではないか。

 

ヨシタケ作品のビッグなチャームポイントは、どのようなことでもこんな風にトータルで思案することができるんだ、と考えられるアイディアを差し出してくれるポイントではないでしょうか。

ヨシタケシンスケはイベントもやっている!

世帯に特化したイベントが彼主体でよく開催されています。

 

参加キャンペーンという形でグッズがサービスされるほか、小さい子供向けのために絵本の基本的な読み方やファミリーでエンジョイできるイベントを多数開催。

 

終了後にはサイン会も実践。

 

早い段階から予約者に限りファミリーでもイベントに入会できるなどの特典も盛り込んでいます。

 

基本的な参加費は 一般:840円親子で1,080円ほど。

スポンサードリンク

ヨシタケシンスケの年収はハンパないのか!?次のページへ!

次のページへ >



こちらの記事もオモシロイ!

-情熱大陸
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.