百地祐輔のWIKIや高校大学と嫁(妻)は百地裕子!年収や会社がスゴい!【マツコ会議】

「マツコ会議」に百地裕子(チョコブランカ・ゲーマー)の旦那(夫)として百地祐輔さんが話題になりそうです。

百地祐輔さんのWIKIや高校大学、年収や会社をピックアップしていきたと思いますが結婚相手の嫁(妻)が同じゲーマーの百地裕子さんだとは中々ワイルドな人生を歩んでいると思います。

百地祐輔さんがゲーマーとしてどれだけのスキルや才能があるのかがとても気になりますが、果たして嫁の百地裕子とはいい勝負なのか?

それとも、旦那の方がスキルが上なのか?

早速見て行きたいと思います。

スポンサードリンク

百地祐輔のWIKI経歴やプロフィール

本名:百地祐輔(ももち ゆうすけ)
出身:愛媛県
生まれ:1986年2月12日 現在32歳

ゲームスタンスは ターゲットに添ったことなどからゲーマー界の異端児とも言われ立ち見回りが特色的で、 取り敢えずどんな状況下でもコンスタントなプレイスタンスを得意とする。

素晴らしいパフォーマンス力と丁寧なプレイ、もっと言うなら大胆な戦略で 対戦が芸術的なのだというと人々の人気が高水準です。

更には、彼のプレイスタンスで経験を積んできた的確な勝利と 対戦に関しての対戦強さにも定評があり、 直感なプレースタイルはまさに異端児ともなんていう風に。

彼は幼少期の頃からゲームが好きな子供だったと考えられる。

彼の家には「元祖ファミリーコンピュータ」があり、 最初に遊んだソフトは「スーパーマリオ」

父に購入してもらってからは、いつも中がいい友人を招きファミコンをやっていた。

運動も好きだったという理由で、 ゲームで遊ぶシーンも外で遊ぶということも、 どちらも好きだったとささやかれています。

すでにこの頃から、ゲームセンターに通い実践していた彼は18歳程の時点で、ヒット作品のストリートファイターのパワフルなライバルが存在すると言う理由で、引っ越しをするのです。

引越ししたあとのケースになると、フリーターを同時進行しながら、 ゲーセンに出向くにも日課になり週末には必ず顔を出していたので、まさに常連とも言える存在に。

当時は愛知県下のゲームセンターで深夜に至るまで遊んでたと考えられるライフスタイルだったと噂されています。

当時は今よりもゲームをしていたとささやかれています。

今日までの成績は、ゲーマーの武勇伝とされる「CAPCOM CUP」で優勝。

その他にも 「Evolution Championship Series」で優勝。 世界王者だという事をご存知ですかね。

現役でエキスパートゲーマーを続けながらも会社の代表取締役を任務、 今年に入り「ストリートファイターV」のスペシャリストゲーミングチームをオープンし、後進のトレーニングに注力していると推定されます。

スポンサードリンク

百地祐輔の嫁(妻)は百地裕子!

彼の嫁は同じゲーマーの百地裕子です。

学生時代は、陸上の選手という形で快進撃。

ずっと前からゲームが好きで、中心としてアライアンスプレイのゲームを実践していたが、このジャンルのゲームは未体験だった。

その後自動車企業であるマツダに関する雇い入れが決まり、 同じタイミングでストリートファイターをプレイしてチャレンジするとアマチュアながら他とベターな対戦ができたことで気持ちよくそれからゲームにハマる。

やがてこれまで以上に進化することを望むようになり本格的にゲーセンでバイトをスタート。

その後、数多くあるイベントにも出場するべきことで実力をつけていく。

ストリートファイターを行うにあたって、ネーミングの原点にもなっている「ブランカ」を実施して採用。

チャームポイントは、「コマンドがシンプルで」という理由で。

このせいで、彼女はストリートファイターの登場キャラでもある「ベガ」を実践キャラに選択します。

格闘ゲームは、毎に性能やクセが結構バラバラになって、タイミングは勿論の事、動きの速さやメンタリティーも異なっています。

これ以外には、幼少期よりゲーム好きで仕事とは別にゲーム漬けの日常生活を送っていたと言われているようです。

ルーチンワークが済みましたら、一時間かけて名古屋に行き、 朝に至るまでゲームで遊んで、 家に帰って少し寝てルーチンワークに行くと言われるライフスタイルを 6か月ほど長期間にわたっていたと言われるのでかなりヤバい。

スポンサードリンク

百地祐輔と百地裕子の馴れ初めはどうか?

彼女が百地祐輔と言われる人間を経験がない状態で見たのは今から10年前ぐらいだと言われています。

ストリートファイターにハマり、明けても暮れてものようにゲームセンターへトレーニングしに行っていた頃ではないでしょうか。

今後の就職への雇い入れなどの大事なタイミングでもあろうにと考えられているタイミングでもありました。

そんな中でもゲームセンターでプログラムしたストリートファイターのイベントに彼が登場した時だったんだとか。

彼女たちの間では、とっくにストリートファイターの強い現役プレーヤーという形で熟知されていたので「あれが百地さんか」と彼女はインパクトを受けたそう。

何度かゲームセンターで体験し、チャレンジしてもらったりしたとささやかれていますが、それよりも特にコミュニケーションは全く無かったそうです。

当然、勝負してはボコボコにやられたそうですが、彼はどんな時でも100%対戦していて、よそのプレーヤーたちと訴求することもめったに見られないと言われています。

どういった状況でも自分の最大限のスキルを使い、笑顔すら表示させることもあり得ないので、信念を持った人間と言われているインプレッションを感じたと彼女は語る。

彼女が彼に興味を持ったのは、ある日のトレーニング後の閉店後に集って飲みに行ったケースではないでしょうか。

この2人は経営者なのか!?

彼らがが経営する専門会社とは 株式会社【忍ism(シノビイズム)】をオープン。

東京営業所〒170-0005  東京都豊島区南大塚3丁目48-1 NCビル4階代表取締役

【忍ism(シノビイズム)】では、 「ゲームと人をつなげる」をポリシーとして、 イベントや主催の運営プログラム、後輩のトレーニングと言われるものを実施。

一歩一歩後輩もアビリティーをつけて奮闘しはじめているなんていう風に言われています。

インターネットメディアでも取り上げていただけたりしてゲーム界ではかなりの知名度と言われています。

もっと言うなら、彼らのコミュニティはゲーム好きな女子が中々恥ずかしくて参加できない傾向があり、 ゲームにもっと興味を持って欲しいと言う彼女の願いからアグレッシブにコミュニティに申し込める女の子をケアするという理由で今現在は彼女もハイレベルに活動されている。

これから先は、 「忍ism」の実践や思いを今まで以上に海外に広めていきたいとイメージしていると言われているようです。

スポンサードリンク

百地祐輔の年収はハンパない!?次のページへ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする