堤美由紀の今現在や生い立ちと画像!手記や判決がサイコパス!

久留米看護婦保険金殺人事件の堤美由紀の今現在や、生い立ち、画像や手記、判決についてピックアップして行きたいと思います。

堤美由紀の今現在は獄中で罪を償っているんだと思いますが、生い立ちや手記などはあまり明かされていない。

堤美由紀の判決に関する情報もあまりネット上にはないので、本人の情報が未だに明確になっていないのは事実だ。

そこで、今回はそんな久留米保険金殺人事件の首謀者である吉田純子の影響をモロに受けた堤美由紀について見て行きたいと思います。

では。

スポンサードリンク

そもそも久留米看護婦保険金殺人事件とは?

2002年に突如として行われた福岡久留米看護師連続保険金殺人。

その犯人グループとしして四人は看護スタッフで、医学データを悪用して殺人を実行。 池上の夫を、そして石井の夫を殺害し、保険金を搾取して実践した。

メインリーダーは吉田で、これ以外のメンバー三人は彼女の言うなりで犯行に共犯して行った。

その後吉田に死刑判決、堤に無期懲役、石井に懲役17年の実刑判決。池上はすでに死去。

ガンだった。

その後他の3人は再度告訴したが堤、石井の刑はジャッジ。

吉田も死刑がジャッジした。

四人は同様の看護スタッフの同僚で普段から仲が良かった。

吉田純子は恵まれないファミリーの生まれで金銭欲が強く、十代の頃から周囲の人物を言葉巧みに操り、金を巻き上げていた。

堤美由紀・石井ヒト美・池上和子はそんな彼女のまやかしのターゲットとなり金を搾り取られた挙げ句、共犯という形で犯罪に荷担させられるようになった。

彼女たちは吉田とおんなじ住まいに個人個人部屋を手に入れており、まるで部下同様に扱われていたと考えられる。

三人の中で吉田とダントツに高度な関係に沿ったのは堤で、レズな関係にフィットすると言われている。

吉田と堤は同様の医療施設の一員としていたが、この2人が体の関係になったキーポイントは、堤が異性関係のケンカを吉田にコンサルティングしたことだった。

吉田は妄想の「ドクター」をでっち上げ、彼に揉め事克服を任せると言われる名目で堤から金を詐取した。

その他にはその後も自分達の後ろにいる「ドクター」をことある毎にちらつかせ、彼女を洗脳していった。

その後吉田は、肉体関係まで迫るようになった。 他には、他二人においても、吉田は堤の時とさほど共通する手口で近づいている。

再度、けんかをでっち上げ、その克服解決を「ドクター」を活用するといった形で金を巻き上げ、今まで以上に恩を取り引きすることで今後の事件の仲間として加担させていく。

吉田はそれ以外の三人から割高の金を詐取していたが、贅沢なライフスタイルと借金返済と言う理由でなお巨額の金を必須としていた。

そうは言っても、被害者の身体の具合に移り変わりは現れなかった。

看護婦なので薬剤系の知識は豊富で、殺害するプログラムを立てた。

プログラムはその後実施された。そうは言っても、このケースになると途中で被害者が目を覚ますなどしてうまく展開しない。

四人は再度プログラムを開始する。

スポンサードリンク

堤美由紀の生い立ちがやばかった!

看護スタッフ4人組による「久留米看護師連続保険金殺人事件」は、メンバーの石井が犯した事を自首したことにより事件が克服。

それに加えて吉田純子死刑囚は3人のウィークポイントを握り、もめごとを解決するためと嘘偽りを上げ自分自身に理にかなっていて服従させていたのである。

自首した石井らは、吉田死刑囚と変わり映えのない施設に一緒に住んでいたが、吉田が実践したマインドコントロールで750万円をだまし没収されており、堤美由紀被告とは同姓愛関係に合致する。

前もって吉田は、別居していた旦那の資産を担保に3千万円を借りた上、旦那にローンを組ませてマンションの中に子供と同居させたと言う。

詐欺した金で贅沢な暮らしを同時進行しながら、他のメンバーに自分自身と同様のマンションに住むよう強要するなど、まるで教祖と同じ様に対応。

メンバーの一生涯を狂わせたのだった。

それと同等の吉田は二審判決直前の2006年弁護人を通じインフォメーション機関に手記を寄せている。

手記には、一審判決で「主犯格」となっていたことを認めないで、「イーブンの関係の中、スキルを出し合い、共謀へと及んだ哀しいインパクトだったのです」と書かれていた。

それに加えて、「被害者の人々の魂が、どうか、天国で安らかでありますように。

心より、お詫び申し上げます」と結んだが、その後にに死刑がジャッジ。

メンタリティ医学的に言うと『サイコパス』と考えられるのですが、人間的な感情を大して持たないという側面を持っています。

周囲のところどころを良心の呵責を思えることなく嘘っぱち、命まで奪っていく。

3人とも、ためらいなく、場合はエンターテインメント性を感じながら犯罪を遂行しているように考えて間違いありません。

わかりやすく説明すると堤美由紀と吉田純子は性的関係に合致したと言うことだと言えます。

不倫を清算してもらえるという純子のアドバイスを美由紀は当たり前に受け入れた。

純子の結果を見るとドクターは配下の人物がいっぱいいる大物で、影響力も強くかつ怖い存在でもあると考えられる。

ではありますが、ストレートに言うとそういったドクターは存在しない。

スポンサードリンク

リーダーの吉田純子以外の共犯はただのモルモットだったのか!?

この世の重大事件の中に、多くの場合似ている点が指示されるものが存在する。

考えている以上にほんのちょっと前から尼崎不審死事件の角田美代子、北九州連続殺人の松永太、あるいはこの事件の吉田純子なのだという。

これらに結びつくのが、メイン犯人に関するリスクやマインドコントロールによる“洗脳”と”統率”だ。

それから特にこの事件の最大のミステリーが上等マンションに 堤美由紀、池上和子、石井ヒト美も住んでいたと考えられる。

吉田純子は、堤美由紀、池上和子、石井ヒト美ら3人に 自分自身のことを『吉田様』と呼ぶのと同様にマインドコントロールして王と奴隷の関係をつくりあげていたと噂されています。

その他にはそのライフスタイルでは吉田純子のケア役とヘルプ役がいたというストーリーだった。

ますます、吉田純子と堤美由紀は同性愛の 関係でも合致したようだ、堤美由紀に明けても暮れても関係を迫ったようだ。

⇒上田里美(爪切り看護師)の今現在や結婚(旦那・子供)!なぜ無罪になったのか!?【アンビリバボー】

そもそも吉田純子は相当なサイコパスだった!

事件の最大のポイントは男性2人を殺害したのが女4人組であり、いずれにしてもナースという人間の命を救うはずのルーティンワークにあったことだ。

だが、より更に社会を進展させたのが4人の変遷な関係だった。

その頂点に君臨していたのが吉田純子なのだという。

すべての事件のメインポイントはヒト美、池上和子その他には堤美由紀をパーフェクトにな支配下においていた。

その抑圧は彼女たちのウィークポイントに付け入り、完璧なまでのマインドコントロールやケースになると実際的な暴力を伴ったものだった。

さらに日増しにその支配には“レズ活動”が含まれていたことも世間の好奇心を浴びることなのだという。

彼女は 父、母、弟の4人暮らしだっただと聞いています。

父親は自衛官をしていたらしのですが、除隊して 自動車修理のルーチンワークをしていたと言われているようです。

お役回りは毎日夜遅くに帰ってくるライフスタイルをしていたと思われます。

母親も働きに出て家計をバックアップしていたということ 吉田純子の学生時代はヤンキーだったと考えられる事は なかったと囁かれていますが、虚言壁なポイントは合致したと言われているようです。

彼女は高校を卒業するためにたった一人で奨学金システムを活かし佐賀女子高校衛生看護科に入学をした。

その後、妊娠と言われている嘘をつきカンパを収集する まやかし活動をしている最中です。

このため、処分に基づいているそうです。

ここで堤美由紀、池上和子、石井ヒト美と 出会っていると断言できます、

その当時から吉田純子は このメンバーの殿様的存在だったと言われているようです。

スポンサードリンク

堤美由紀の今現在や判決がサイコパス!

堤美由紀は言うまでも無くながら無期懲役と言う判決をうけて今現在も服役中だと思われる。

まだ獄中の中で死去したと言う情報はないので、今現在も現役で罪を償っているものと思われる。

しかし、こんな事件が本当に存在するだけでゾッとするのは管理人だけか?

ただ洗脳だけで、これほど人間の感情が揺さぶられることがあるのだろか?

人を殺めてしまうほどのマインドコントロールですから相当なスキルが吉田純子にはあったと言うことでしょう。

どこで身につけたのかはわかりませんが、相当なスキルだと思います。

こんな事普通の凡人では中々できることではありませんし、下手をするとすべてが自分の想いのままに 動かす事ができる訳ですから恐ろしいと言えば恐ろしいです。

今現在もその罪の重さを実感しているでしょう。

無期懲役なので、亡くなるまで一般社会に復帰することはもうありませんがとにかく今現在でも被害者の事を第一に思って毎日悔いの無いように生きて欲しい。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする