オールスター感謝祭2018・出演者やマラソンの結果!優勝者の賞金を占う!

オールスター感謝祭2018秋が開催されます。

そんな中でも今年のオールスター感謝祭2018の出演者やマラソンの結果、優勝者は誰の手に移るのか気になります。

オールスター感謝祭2018秋は毎年繰り広げられるオールスター感謝祭の中でも年の最後のオールスター感謝祭なので人気があります。

出演者の賞金や今後のドラマや俳優、女優の活動を占う知名度を見れるまとめ番組としても知名度があります。

今回はそんなオールスター感謝祭2018に迫ってみたいと思います。

では。

スポンサードリンク

オールスター感謝祭2018秋の見どころ

オールスター感謝祭2018秋は 多方面にわたる芸能人が出演し、芸能界のチャレンジにトライする支持率番組ではないでしょうか。

そのような中でも年を増すごとに目玉プログラムが「マラソン」だと考えられますね。

この企画はマラソンに自信のある有名人が参加され、多くの視聴者たちを感動させていますね。

なので 毎回楽しみにしてくれている人間も結構いるんではないでしょうか。

とは言っても、変わったところではこのマラソンプログラムを見てなかったという人物もいるはず。

そのため、今回はオールスター感謝祭2018秋のマラソンのインパクトをアナウンスするのです。

オールスター感謝祭2018は人気番組だが意外とクレームの声も

1991年に誕生した『オールスター感謝祭』は、毎回、無数の芸能人が集結し、新放送番組のアピールを実施しつつ、クイズを行うプログラムです。

それから過去にはそのまんま東が全体成績トップで優勝したのですが、なんとそのギャラはビックリ仰天わずか100万円!

これまでの優勝賞品といえば、過去に外車や高級マンションなどが多かっただけに、年を追うごとにそのシビア差が浮き彫りになっています。

クイズに答えて次々と賞金をゲットしていくフィーリングがパワフル。それに匹敵するだけに出演料を合わせると、従来は1回の放送番組で1億円を上回る制作費がかけられていたと考えられている。

しかしながら、ここ数年はテレビ局も不景気のあおりを受け、予算はその半分以下にに関することまで減少。

プログラム内容もシフトせざるを得ないといった場合にあると考えられる。

ここ数年、放送番組は経費削減が原因で、出演者は従来の250人近い数からから120人前後に激減。

もっと言うなら際立ったクイズも外注で予算がかかるという理由で、その数を減らし、プログラムモノを増加させて尺を儲ける方式を取っていると考えられます。

なおかつ『オールスター感謝祭』といえば、放送番組合間の休憩タイミングでゴハンを食べると言うプライベート感が人気だったが、今現在ではこの食材もこの他には思っている以上にステップダウンしてくれているということを示すわけで、地味な絵面以外にはならず、そのケースはちょっとしたことで処理されるようになりました

このように年々予算がシビアになってきているオールスター感謝祭2018なのだと言う。

スポンサードリンク

オールスター感謝祭2018春のマラソンはどうだったのか?

まず出演者です。

稲村亜美
金田朋子
バービー(フォーリンラブ)
まひる・よしこ(ガンバレルーヤ)
餅田コシヒカリ
あかつ
アキラ100%
内村遥
鰻和弘(銀シャリ)
おたけ(ジャングルポケット)
クロちゃん(安田大サーカス)
酒井健太(アルコ&ピース)
サンシャイン池崎
ジャッキーちゃん
田島直弥(アイデンティティ)
田中卓志(アンガールズ)
団長安田(安田大サーカス)
トランプマン
中西学
ハリウッドザコシショウ
福島善成(ガリットチュウ)
ボビー・オロゴン
八木真澄(サバンナ)
おばたのお兄さん
なかやまきんに君
ニッチロー
東国原英夫
山本博(ロバート)
小島よしお
ノッチ
ハリー杉山
森脇健司
森渉
山本浩司(タイムマシーン3号)
鈴木尚広(元読売ジャイアンツ)
下田裕太(青山学院大学)

上記の有名人がマラソンに出場したわけです。

去年は外国人枠は無かったそうですが今回は参戦されますね。

かなりの評価される実力の選手の快進撃にも興味したいポイントですね。

マラソンのプログラム時間の見込みができたところで出場者に関連してイメージしてみましょう。

なによりもまずプログラム出演者をウォッチングしたいと考える。

阿部寛
竹内涼真
有村架純
吉田羊
戸田恵梨香
ムロツヨシ
北川景子
田中圭
浦井健治
長澤まさみ

今回は出演者数が150人近くということですので、秋の新ドラマも有名人ばかりで期待ができます。

では確認してみましょう。

火曜ドラマ『中学聖日記』 毎週火曜

金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』毎週金曜日

曜劇場『下町ロケット』毎週 日曜

注目の秋ドラマはこの辺りですが、主要キャストはもう出演するって判明してましたね。

これ以外の他にもバラエティプログラム、インフォメーション、ニュースなどなど想像を越えた放送番組から5名規模出演されるのではないかと想定されます。

その中で体力を十八番とする人間がマラソンに出場するのですがなんと言っても森脇健児ではないか?

走る男でも知名度がありました。

俳優という形に限定されることなくマラソンランナーと考えても情熱がきてるフィーリングが確立されていますよね。

スポンサードリンク

オールスター感謝祭2018のクイズの優勝者は誰?

なかでも、クイズは最後にトータル成績などが出るので誰が優勝するのか把握していないと考えられるエンターテインメント性もありますよね。

以前のオールスター感謝祭2018春の優勝者は 阿佐ヶ谷姉妹の木村美穂さんでした。

2位 山口良一さん

3位 馬場裕之さん(ロバート)

4位 深沢邦之さん(Take2)

5位 アキラ100%さん

6位 勝俣州和

7位 高橋茂雄(サバンナ)

8位 児島一哉(アンジャッシュ)

9位 山村紅葉

10位 葵わかな

ですね。

オールスター感謝祭2018年春マラソンはどうだったのか?

まずは結果から。

1位 下田裕太(ゲスト走者:青山学院大学)

2位 森脇健児

3位 山本浩司(タイムマシーン3号)

4位 ノッチ(デンジャラス)

5位 ハリー杉山

6位 小島よしお

7位 東国原英夫

8位 おばたのお兄さん

オールスター感謝祭2018年秋のタイムテーブルは?

オールスター感謝祭2018年秋」の放送番組に関する組み立てとタイムテーブルの見込みはと言うとそのほかの競技はどんなものが存在していますのでしょ うか?

プログラムディテールと推測とは言え各タイムテーブルのアナウンスとなります。

放送番組のタイムテーブルは、過去のプログラムからの見込みとなります。

スゴ技職人に騙されるな一流職人が作った“偽物”を見破る企画。

常識的には、一流職人が生み出した“本物”を見つけると言 うというプロセスがほとんどだと思いますが、一流職人が生み出す“偽物”。

それほど気張らずに見破れるのか!と言う事です。

プレッシャーアーチェリーは極限のプレッシャーの中、展開されるストーリー。

極限のプレッシャーに打ち勝ち、乗り越えるための勝利者は誰!?

赤坂5丁目ミニマラソン毎回好評のミニマラソン。

今回は、日本国外のトップアスリートが参戦。 その男性選手はウィルソン・キプサング選手 と言われるポイント。

どんな規格外のまぎれもない走りを見せてくれる のでしょうか。

ぬるぬるトレジャーハンターは ぬるぬるのルートに活きの良いトラップが参戦。

このプログラムの100%女王の鈴木奈々がこのステージでも参戦。

秋ではこの鈴木奈々に物申す人物と言う理由で、須田亜香里と丸山桂里奈が参戦。 モダンなプログラムがアレンジされているようで す。

誰がどの競技にトライし始めるのか注目だ。

スポンサードリンク

オールスター感謝祭2018年秋の出演者はいかに!

まずはこちら。

火曜22時 『中学聖日記』

・有村架純   ・町田啓太

・吉田羊    ・加治将樹

・是近敦之   ・夏川結衣

・マキタスポーツ

金曜22時 『大恋愛〜僕を忘れる君と〜』

・戸田恵梨香  ・ムツヒロシ

・松岡昌宏   ・草刈民代

・黒川智花   ・杉野遥亮

・友近     ・夏樹陽子

・橋爪淳

日曜21時 『下町ロケット続編』

・阿部寛    ・竹内涼真

・立川談志   ・安田顕

・木下ほうか  ・今野浩喜

・朝倉あき   ・真矢ミキ

舞台 『メタルマクベス』

・長澤まさみ  ・浦井健治

・高杉真宙   ・ラサール石井

映画 『スマホを落としただけなのに』

・北川景子   ・田中圭

・千葉雄大

出演者は160人規模だ。

その他の出演者もこちら。

稲田直樹
(アインシュタイン)
河井ゆずる
(アインシュタイン)
アキラ100%
木村美穂
(阿佐ヶ谷姉妹)
渡辺江里子
(阿佐ヶ谷姉妹)
朝倉あき
朝日奈央
阿部寛
有村架純
酒井健太
(アルコ&ピース)
平子祐希
(アルコ&ピース)
児嶋一哉
(アンジャッシュ)
アン ミカ
伊沢拓司
石田純一
石原良純
IKKO
いとうあさこ
稲村亜美
井上咲楽
IMALU
浦井健治
北川愛乃
(SKE48)
北川綾巴
(SKE48)
須田亜香里
(SKE48)
松井珠理奈
(SKE48)
蛭子能収
伊藤一朗
(Every Little Thing)
大山加奈
岡井千聖
オカリナ
(おかずクラブ)
ゆいP
(おかずクラブ)
おばたのお兄さん
風見しんご
加治将樹
勝俣州和
金田朋子
熊谷岳大
(ガリットチュウ)
福島善成
(ガリットチュウ)
川合俊一
河北麻友子
川田裕美
神奈月
まひる
(ガンバレルーヤ)
よしこ
(ガンバレルーヤ)
菊地亜美
北川景子
木下ほうか
ワタリ119
(キラキラ関係)
鰻和弘
(銀シャリ)
橋本直
(銀シャリ)
草刈民代
具志堅用高
クリス松村
黒川智花
歌広場淳
(ゴールデンボンバー)
喜矢武豊
(ゴールデンボンバー)
鬼龍院翔
(ゴールデンボンバー)
樽美酒研二
(ゴールデンボンバー)
小坂なおみ
小島奈津子
小島よしお
是近敦之
今野浩喜
佐々木健介
高橋茂雄
(サバンナ)
八木真澄
(サバンナ)
東ブクロ
(さらば青春の光)
森田哲矢
(さらば青春の光)
清水ミチコ
太田博久
(ジャングルポケット)
おたけ
(ジャングルポケット)
斉藤慎二
(ジャングルポケット)
しゅんしゅんクリニックP
JOY
祥子
笑福亭笑瓶
杉野遥亮
鈴木奈々
鈴木光
井戸田潤
(スピードワゴン)
小沢一敬
(スピードワゴン)
高杉真宙
竹内涼真
武田修宏
立川談春
田中圭
田中道子
川村エミコ
(たんぽぽ)
白鳥久美子
(たんぽぽ)
千葉雄大
長田庄平
(チョコレートプラネット)
松尾駿
(チョコレートプラネット)
椿鬼奴
鶴崎修功
出口夏希
ノッチ
(デンジャラス)
徳光和夫
戸田恵梨香
とにかく明るい安村
友近
トランプマン
内藤大助
長澤まさみ
なかやまきんに君
夏川結衣
夏樹陽子
西川きよし
ニッチロー’
野村将希
袴田吉彦
橋爪淳
設楽統
(バナナマン)
日村勇紀
(バナナマン)
岩井勇気
(ハライチ)
原口あきまさ
原晋
ハリー杉山
はるな愛
東尾理子
東国原英夫
杉浦大毅
(ブリリアン)
徳田浩至
(ブリリアン)
徳井健太
(平成ノブシコブシ)
吉村崇
(平成ノブシコブシ)
ワッキー
(ペナルティ)
ほいけんた
北斗晶
ボビー・オロゴン
ホラン千秋
堀内孝雄
マキタスポーツ
魔裟斗
岡田圭右
(ますだおかだ)
増田英彦
(ますだおかだ)
町田啓太
松岡昌宏
真矢ミキ
丸山桂里奈
水上颯
Mr.シャチホコ
Mr.マリック
ミラクルひかる
ムロツヨシ
モーリー・ロバートソン
元木大介
本村健太郎
杜このみ
森崎ウィン
黒沢かずこ
(森三中)
森田正光
森脇健児
森渉
佐伯元輝
(やさしいズ)
タイ
(やさしいズ)
安田顕
山口良一
裕子
吉田羊
ラサール石井

スポンサードリンク

オールスター感謝祭2018秋の賞金はどうなのか!?

過去の賞金を比較検討してみよう。

優勝賞金25万円 ボーナスクイズ:賞金25万円 、チャンピオン決定:賞金15万円 ボーナスクイズ:賞金15万円 、 チャンピオン決定:賞金20万円と言う水準だ。

と言う理由から、同じような放送番組は豊富に過去にありました。

当時は、売り込みは何かと言えば、TVがメインでしたからね。

スポンサーも収益をつぎ込んでいたと断定できます。

という理由で、賞金をつけるという考え方が出来たと計算するし 前回の視聴率は「11%」と 今回は一桁台に行くのではとも認識していると思います。

芸能界は、アビリティーが存在する人間がのし上がる世界だと、今でもイメージしているので、リアルにありそうな気もします。

しかしながら、プログラムのPRも兼ねていますからギャランティにすれば、コマーシャル料を引かれていると思えば、アプローチしない気もします。

とは言っても、視聴率が低迷したら、自分自身たちでアピールをした方が、出演者の拘束エネルギーと考えられると、割高につくリスクもありそう。

司会者のコミッションは 100万円~200万円 とイメージするホームページが当たり前でした。

島田紳助がやっていたケースになると、2000万円とも想定されていたと言われているようです。

今とは時代が異なるので、これが高レベルか安いのかは、言われませんが・・・

ちなみに去年(2017)の総合順位は

1位:北斗晶
2位:勝俣州和

3位:岡副麻希

4位:椿鬼奴

5位:袴田吉彦

6位:陣内智則

7位:ピエール瀧

8位:鈴木あきえ

9位:高橋茂雄(サバンナ)

10位:小泉今日子

11位:福士蒼汰

12位:伊勢谷友介

13位:増田英彦(ますだおかだ)

14位:西野創人(コロコロチキチキペッパーズ)

15位:東尾理子

16位:クリス松村

17位:内藤大助

18位:団長安田(安田大サーカス)

19位:小峠英二(バイきんぐ)

20位:具志堅用高

21位:八木真澄(サバンナ)

22位:小島よしお

23位:金田朋子

24位:トランプマン

25位:西澤裕介(ダイアン)

26位:深沢邦之(Take2)

27位:武田鉄矢

28位:石田純一

29位:森脇健児

30位:神尾楓珠

31位:藤本敏史(FUJIWARA)

32位:佐野岳

33位:川田裕美

34位:ハリー杉山

35位:橋本直(銀シャリ)

36位:堀内孝雄

37位:山根良顕(アンガールズ)

38位:原晋

39位:笑福亭笑瓶

40位:原西孝幸(FUJIWARA)

41位:和田正人

42位:上白石萌音

43位:元木大介

44位:村上知子(森三中)

45位:吉田羊

46位:ガダルカナル・タカ

47位:なかやまきんに君

48位:鰻和弘(銀シャリ)

49位:津田篤宏(ダイアン)

50位:村上信五(関ジャニ∞)

となる。

とにかく今年のオールスター感謝祭2018秋には注目だ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする