足立聖弥(水球)のWIKIや高校大学と熱愛彼女!結婚の噂や年収がエグい!【ナカイの窓】

「ナカイの窓」に水泳の足立聖弥(あだちせいや)さんが特集されます。

足立聖弥さんのWIKIや出身高校や大学と熱愛彼女、結婚や年収の噂について見て行きたいと思います。

足立聖弥さんは今現在水泳選手として活躍されていますが、具体的には私生活などが殆どないので彼女や結婚しているのか?と言う事が気になります。

今回はそんな足立聖弥さんの武勇伝などを見て行きたいと思います。

では。

スポンサードリンク

足立聖弥のWIKIや経歴やプロフィール

本名:足立 聖弥(あだち せいや)
生まれ:1995/6/24
出身:岐阜県

足立聖弥さんは岐阜県出身となります。

学生時代から初めに水球にトライしていた兄を足掛かりに水球の世界に飛び込みました。

体は決して結構ないものの、五感をインプレッションさせるプレーを至る所に披露することでいた足立聖弥選手は、水球名門校なのだという埼玉の秀明英光高行くようになります。

この時分から評価に従い高い専門のテクニックを駆使しています。

それから当たり前のように、水球国内一のチームなのだという日本体育大に進学し、 大本ヘッドコーチに基づいて訓練をスタートすることとなりました。

彼の得意なテクニックとキャパシティはターゲットが推定できない鋭いドライブに限定されることなく、ミドルシュートも打て、テンポと力強さの両方を併せ持つ稀有な選手という性質があります。

チーム最年少のどこにもない現役大学生という身分でリオ五輪出場が決定しました。

決定力にしてもまぎれもないキャパシティーを持つ選手ではないでしょうか。

足立選手たった一人でたたき出したことに世界はとてつもないインパクトを受けました。

その対戦直後から、足立選手はハンガリーの数個のプロチームからオファーを受けるほどでした。

国際試合では日本は過去まったくもって勝利したことがなかったアメリカに勝つことができてその大半が彼の特に功績と言われています。

ただ本人は至ってクールで 「自分は自分自身に望めることをやるのみです」 代表デビューまでトントン拍子で大きくなってきたかに思われましたが、 足立聖弥選手にはウィークポイントがありました。これに関しては 好不調の波が激しいのである。

フラストレーションの溜まりにくいフィールドワークと直感溢れるシュートはなりを潜め、彼らしいプレーはできませんでした。

「自分自身は、まだまだだと思い知らされました」 それもあっても1回ハマれば絶大なるのも、足立聖弥選手の良さなんであるとのことです。

スポンサードリンク

足立聖弥のコーチはだれ?

彼のコーチでもある大本ヘッドコーチも 「東京五輪では中心選手になってもらいたい。いや、なって貰わないとダメでしょう」 と、足立聖弥選手にかける関心は高レベルです。

好不調の波を小さくするべきこと。

海外選手の当たりに遜色ない体を組み立て上げること。

コーチがアドバイスする攻撃型システムなのだという。

パターンを回るメカニズムなんだそうです。

ここの部分を32分間全力を傾けて泳ぎ続けられる体力をつけること。

タスクは多いと思いますが、それも伸びしろ。

全くもって23歳になったばかりの足立聖弥選手は、水球選手という形での実績をチャレンジさせたばかりではないでしょうか。

足立聖弥選手は間違いなく、2年後の東京五輪の舞台で躍動する様子を見せてくれることでしょうね。

ちなみに水球をしていた有名人になると吉川晃司さんとなります。

学生時代から水球の選手という形で快進撃ししていました。

学生時代には殆どの大会やイベントで成績を納める高水準の選手だったんだと思います。

水球の最年少国内代表という形で海外のイベントにも加入したトライもあるほどの、国際レベルで快進撃していたのです。

水球の選手はイケメンが多いと思いますが、吉川晃司他ならぬ、足立聖弥も今回のメディアで知名度を上げれば人気が出てくるほどのキャパシティを兼ね揃えていますね。

スポンサードリンク

足立聖弥の高校大学はどこ?

足立は、水球名門校の埼玉の秀明英光高だと思います。

足立選手が高校生の時点で、

代表クラスの幹部からこいつは行けると評価を受けていました。

そしてその時点から材料的には逸材であるとのジャッジを受けていました。

高校生の時から、世界で快進撃可能だと思われるプレーをしていた足立選手は、スタイルの不利をものともしない直感のあるプレーで快進撃されていたんですね。

その他には、大学は、水球国内一のチームなのだという日本体育大に進学したわけです。

大会で、経験がない状態で代表入りをしたわけです。

足立選手はデビュー戦となるアジア大会でも、物おじ施すことなくその直感を爆発。

今では正確に奮闘できると言うのは中々簡単に進まない事ではないでしょうか。

そういった重圧感を実感する舞台でも奮闘可能なんてハンパない精神である。

⇒木村真野紗野の結婚(旦那)は黒澤翼!実家や年収がエグい!カップや性格悪い?【ナカイの窓】

足立聖弥と熱愛彼女や結婚の噂は?

足立選手の彼女に関連して、チェックしきれなかったので、彼女がいるのかここへ来て認識しませんでした。

であっても、世界で活躍するアスリートなのでそのうち熱愛彼女が誕生する事は間違いないです。

結婚の噂でも今現在付き合いしている人の噂がないので、まだ結婚までのことはないとしてもこれもそのうちと言うことになるんでしょうね。

足立聖弥の年収はいかに!?

仕方ないのですがマイナースポーツだという水球は、ギャラがビックリするほど少ないでしょう。

世界のトップ選手でも一年間で700万前後。 関心が集まらないためスポンサーも極高々、国内代表選手の約半数は無職と言われるケースでした。

国内男子代表監督の大本監督はこう訴えているはずです。

水球の認知度が上向きになるタイミングだと実感する。選手たちのだいたいが雇用していない。

五輪が済みましたらルーチンワークもない。何と言いましてもサラリーが欠けていると言われる所でしょう。

ここから日増しに向上されればいいですね 例えて言えば水泳選手でも、北島選手ほどの実力と国民的支持率があったなら、スポンサーと契約を結び、プロフェショナルという形で選手行動を送ることも出来ます。

けれども、国内の水泳選手で、従来スポンサーと契約して競技くらしを送ったのは、北島選手だけだと言っても過言ではありません。

優勝したら約1000万円、2位で約500万円、3位で300万円貰えますが、対戦ごとの賞金は、1位になっても約15万円だと思います。

賞金試合に出場していくらかの賞金を稼いでも、競技行動には、その何倍もの費用がかかります。

ふだんのライフスタイル費以外に、対戦に加入するための遠征費、コーチやトレーナーを雇う費用、プールの使用料などといったところです。

世界を見ても、水泳オンリーで日常生活する選手は、やはり高レベルである実力と国民的な注目度を兼ね備えたごくごく一部分の選手だけだと言っても過言ではありません。

なので、大抵は企業に雇い入れします。

企業では、ルーチンワークを免除され、社員選手という形で競技くらしに専念出来ます。収入は、大学卒の一般社員と同様のスケールです。

雇い入れ1年目で200万から300万円が市場となります。

それでも平凡な活動費や遠征費と考えられるものを受け持ちしてもらえますので、選手という形では恵まれていると推定されます。

今後の活躍に期待だ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする