小森悠冊のWIKIや出身高校大学と母親は小森美紀!結婚(嫁)や年収!【行列】

「行列相談所」にダンサーの小森悠冊(こもりゆうさく)さんが登場です。

小森悠冊さんのWIKIや経歴、出身高校大学などをピックアップして行きたいと思いますが実は小森悠冊さんの母親が小森美紀さんで同じく親子でダンサーをしている訳です。

小森悠冊さんは他にも結婚して嫁や子供がいるのか?

年収などはいかほど稼いでいるのか?

今回はそんな小森悠冊さんの伝説などを見て行きたいと思います。

では。

スポンサードリンク

小森悠冊のWIKIや経歴プロフィール

本名:小森悠冊(こもりゆうさく)
生まれ:1990年 28歳

依然として28歳とお若いと考えられますね。

ニューヨーク生まれで、ここへ来てニューヨーク在住のライフスタイルを送っているんです。

幼少の時分に母親である小森美紀さんに左右されてダンスを始めます。

その後、高校卒業した後に渡米。

たったの6か月で若手精鋭グループに推薦されヨーロッパを飛び回ります。

ここ数年の小森悠冊さんはと言われると、ニューヨークに戻り「McDonald SelznickAssociates」 と考えられる事務所に籍を置き小森さんの様に世界で奮闘をされている人間を確認すると、相当刺激になると言えます。

特待生にチョイスする程である故このご時世には相当な実力が合致したのでしょうね。

すでに数々の実績を頼りに、ワールドツアーにも関与したとささやかれています。

その他には2018年に映画「グレイテストショーマン」にダンサー役という形で日本人で唯一出演していると聞きます。

今もってニューヨークを拠点にダンサー、舞踏家という形で実践しているそうです。

ダンサーになったキーポイントはマイケルジャクソンのダンスからと言うことらしいです。

母親もダンサーをしていたというのも合って、あっという間にダンスの訴求力にハマっていったのでしょうね。

本人の身長ですが、そんなに身長が高いと言われるフィーリングではなさそうですね。

ダンスムーブとは、小森悠冊さんは申し分なく、小森悠冊さんのお母様など、実力あるインストラクターが整っているダンス・スクールではないでしょうか。

小森悠冊さんも、ここから世界に快進撃を広げていきました。

ダンス未経験者~経験者、あるいはスペシャリストを目的とする人と言われるものをターゲットにしたジャンルなど、広範囲に及ぶため不安なく学べますよ。

パーフェクトなカテゴリーから自分にピッタリのカテゴリーを選定、ハッピーにダンスをものにする絶好の機会に興味がある人は一度体験してみるといい。

スポンサードリンク

小森悠冊は結婚して嫁や子供はいるのか!?

小森悠冊さんの個人的なポイントもきになったのでちょっとチェックしてみました。

成婚しているのかなとチェックしてみたのですが、インフォメーションはなく、ブログとかをチェックしても結婚してるようなかんじではなさそうだったので独身のパーセンテージが確実であるのかなと感じ入りました。

成婚していないようなので子供もいなさそうと言われますね。

アメリカ在住と言われることですからアメリカ人の彼女がいるというパーセンテージはありそうですね。

まあ、まだ若いですし自分のやりたいことが山積みなのかもしれない。

ダンサーと言う特殊なライフスタイルから理解してくれる人物でないと結婚などは難しい気もします。

小森悠冊の母親は小森美紀!

小森悠冊さんの母親も今現在アメリカで快進撃していて人気を博しているダンサーさんだったといわれています。

名前は小森美紀さんと言われる人で「Star Search’89」と言われる現地の放送番組に出演してフィールドチャンピオンに一目を置かれているくらいの実力が合致したとささやかれています。

小森美紀さんは近年ダンスムーヴと言われるスクールを経営してる企業の代表取締役をしているに違いありません。

海外スタジオにて講師、パフォーマーという身分で快進撃中と言われることなので想像以上にすごい人間らしいですね。

親子でダンサーをやっているということですごいですね。

父親もダンサーをやっているというインフォメーションが合致したので、親子3人でダンサーをしてくれているわけですね。

ダンスをスタートする必須条件となった小森さんの母親とはどういった人間なのでしょうか?

小森美紀さんとは、国内だけに留まらずにアメリカでも奮闘されていました。

そもそもダンサーと言われる事で、小さい頃から英才教育にチャレンジしていてもおかしくないですね。

小森悠冊さんは、4歳の頃まで「ダンスというものは男がやる物ではない」とイメージしていたとささやかれています。

そのスタンスを変えたのが、マイケルの衝撃のダンスです。

母親が知名度のあるダンサーとは言っても息子さんが一緒の舞台で奮闘するのは並大抵のトライがないと達成しないことではないでしょうか。

間近からの見る目もバラバラになってきますし、ストレスとの勝負も存在しますからサクセスされた小森悠冊さんは想像以上に苦労されたのでしょう。

その他には、小森悠冊さんが人気を博しているチャームポイントが存在します。

アメリカの映画に唯一日本人という身分で出演しているそうです。

仲間と同時に発達していく外観が描かれている。

映画がある中よりは生い立ちと言えるものは描かれておらず、アメリカに渡った後からの対話と言えるでしょう。

ビックリするほど想定できない役柄での出演に相違ありませんが、ダンスに映画での演技に、広い範囲に渡り快進撃中の小森悠冊さんだと断言できます。

スポンサードリンク

小森悠冊の出身高校や大学はどこ?

小森悠冊の出身高校をチェックたら卒業先が認識しました 秀明学園を卒業されていると思われます。

秀明高等学校は中高と連携しています。

進学に関連して両親の社会環境や子供の基盤を対談し合った結果この学校がフィットしていたんだと言えますね。

その後、アメリカに渡りアルヴィン エイリースクールに入学しています。

このときから彼のダンスセンスが発揮させられていて、周囲ではもはやかなりの知名度がありました。

周りは皆アメリカ人ですから、その中で1人白人の日本人がいたら返って目立ちます。

そこでダンスが飛び抜けてうまかったら、そりゃ知名度はハンパないものです。

そこから彼の武勇伝が始まったと言っても過言ではない。

大学に関しては、行ってないですね。

⇒MINAKO(米米クラブ)の今現在や年収と旦那は金子隆博!子供や会社は?【爆報】

小森悠冊の年収はどうか!?

ダンサーは、さほどプロダクションや劇団などに参加する人間と、フリーランスで労働する人間に分けられますが、原則的に1ステージや1つのルーチンワーク毎に「コミッション」といった身分で収入をもらっていると考えられます。

ギャランティはステージディテールの影響でだいぶバラバラになってきますし、それぞれのダンサーのキャパシティーや知名度、トライの影響で結構なズレがあるようですが、常識的にはイベントやクラブなどに於いて踊るストリート系ダンサーは、1ステージ3万円ほどと考えられています。

バックダンサーのケースでは日給でコミッションをもらっている人間が当たり前で、日に7000円~12000円クラスが市場と言えるでしょう。

コミッションも決して恵まれているとはいえないため、ダンス教室などの役回りと掛け持ちしている人間が大部分となります。

自分自身が踊るセールスオンリーで安定して食べていけるようになろうとするなら、実力を磨きながら業界に関しての人脈制定も望まれているなど、相当な探究を持っているとささやかれています。

ダンサーでありながら、同時進行で振り付けのセールスをトライする人間もいると推定されます。

そうすることでギャランティは結構上進して、売れっ子の振り付け師になればサラリー1000万円以上を手に入れる人間も少なくないと言われています。

他には、コマーシャル出演などに於いて利益をあげる人間もいると推定されます。

名の知れた人は給料の高いルーチンワークが望めるなど、実力主義の世界と言えるでしょうね。

ダンス教室やダンススタジオのインストラクターのケースでは、月毎にどんだけのレッスンをしたかに左右されて月収という形でサラリーを貰います。

場所次第では1レッスンで一定を上回る人数が集まったケースだと固定額に上乗せされた金額を貰える場所も存在するらしいです。

向けて歩合制とは言っても、これに関してはダンススタジオにさまざまいるようで、個人個人そのダンススタジオで取り付けられた金額×一つのレッスンにユーザー数でギャランティが決まるので1ヶ月の収入が一定でなく安定しないようではというかもしれませんが、知名度や雑誌でも取り上げられているダンサーで言うとより更に収益を上げることが十分あるのです。

今後の活躍に期待だ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする