リーブアリューシャン航空8便事故の生存者や原因と真実真相や謎!【アンビリバボー】

「アンビリバボー」にリーブ・アリューシャン航空8便の緊急着陸事故の原因や真実と真相などの他にも生存者はどうなのか?と言う事がクローズされます。

リーブアリューシャン航空8便の事故は今も語り継がれる謎の事故ですが、事故から数十年たった今現在もなをその原因や真実、真相に曖昧なことや謎のポイントが多い。

今回はそんなリーブアリューシャン航空8便事故の謎や真実などにピックアップして行きたいと思います。

では。

スポンサードリンク

リーブ・アリューシャン航空8便緊急着陸事故の原因はクソだった!?

1983年、アメリカアラスカ州の沖合いでリーブ・アリューシャン航空8便から問題が発生。

コックピットの機能が全く効かなくなり、緊急着陸する事故が発生したわけです。

機体は外れたプロペラが海に落ちたため事故のファクターはいまだに認識していません。

しかしながら、8便に活用された機能の殆どがこれまでに連続事故を始めている機種となっており、旅客機という形ではさほど支持率がなかった事があとの調査で明らかになった。

離陸から数分たった時に、エンジン系の損傷があり機体が徐々に耐えれない状態になる。

その影響があり、穴が開いてしまうようです。

機内の通路にまで達したこの穴により機内の気圧があっという間にダウンすると同時に気温も急激に下り人体になで影響するには時間はさほどかからなかった。

間違いなくプロフェショナルなほどの緊急事態ですね。

それに加えてこの直後、手動に関しての操縦が効かなくなり機体はかなり旋回に移してしまいました。

手動から自動操縦に切り替えたポイントで機体は安定を取り戻したわけです。

その他には、高度を3000メートルまで下降させることに達成するのです。

基本にあるのは、クルーたちは緊急着陸を試みることだと考えます。

特定種類のとてつもない賭けでもありました。

機体は着陸後 炎上するべきこともなく無事に着陸実施することに大成しました。

原則的に、脱落ファクターは何とか把握することが出来なかった。

とは言っても、操縦不能に陥った要因は、エンジンの制御ケーブルもこれに左右されて切断されてしまったために相当することは判明した。

尚且つ、制御に挟まれていてもようやく操縦ができた。

スポンサードリンク

リーブアリューシャン航空8便事故の真相と謎な部分が多い!

実践機材はいかなる時もロッキード L-188を用いることで、クルーたちもこのコースを何度も何度も飛んでいたプロ揃いだった。

ではありますが、離陸して数分後、8便のどこからか異音が行っているのを機長が気付き、機体の振動が膨れ上がっていることに気付き、変化を察した。

という理由で急減圧が発生し、機体と操縦室は突発的な異常に左右されて発生した霧でルートを外れてかなり旋回し始めていた。

数を重ねて、機関士と同時に翼が落下するのを目撃したクルーが操縦室にやってきて、機体に穴が開いていることをレクチャーしてきた。

それには、機長の咄嗟の決断で自動操縦に切り替えたポイント機体は右に傾く癖が付き、自動操縦での旋回が容易ではないようになりもはや機体の制御はほぼ不可能となっていた。

そもそも機体のプログラムが古いために8便の自動操縦装置では着陸出来なかったどころか、燃料は満タンでエンジン出力を絞れない主旨で減速が出来ず、その上長い滑走路が存在するよその空港に向かおうともしたが、高い山脈があり、機長たちはそのアドバイスに難色を示したが、別途機体を安全に着陸させる選択肢が繋がらない。

その後いつの間にか、手動で制御可能なシーンが良くなっていた。

これに左右されて着陸は一先ず可能となったが、接地したかたわらで全エンジンを緊急停止し、非常ブレーキを利用することで減速を試みたと言われています。

その後の調査ではまだまだブラックボックスなどの回収により謎な部分が入り乱れており未だかつてその真相は明らかになっていない。

⇒日航機墜落事故の原因や真実と生存者の今現在!坂本九の遺体や陰謀説も!

乗客やパイロット達はどうか?

離陸からスピーディーにどこから異音が聞こえたため機体の状態をチェックするよう指令しました。

もっと言うなら機体も受けたダメージに影響を受けてタスク系統に障害が起こり、機体が右に傾きだすも操縦桿がフィットせず身体の位置すら継続できないケースに陥りました。

自動操縦へと切り替えたことに左右されてスタンスはようやく復元し、機体の維持すらならない中で管制と連絡を取り向いて近隣の空港へと飛行し、着陸メソッドまでの指示をうけた。

フレームが操縦桿と直結するケーブルを挟み込んだためフィットしなくなったものの、飛行中にパイロットらが隙間に動いたことに影響を受けて復元したであるとのことです。

事故発生に従って機体は右に更に傾き、それから操作系統にも変化が発生して方向、エンジン制御もままならないスタイルとなりました。

同様な状況下で機長はアシスト体制にある翼とエンジン推力を駆使して機体を継続し、不安定ながらもようやく操縦はできた。

クルーや顧客の上半身は連続して外に出たままで、それに加えて気流に従い色んなところに体や頭を打つと言うケースだったと考えられています。

それと同じ様な壮絶な状況下にも拘らず、事故背景はコックピット内の締めるボルトにあり、事故直前にチェンジされた窓ガラスに対しては規格とは別々のボルトがいっぱいあって使われていたことで強度欠如となり飛んだと言えます。

それに加えてアレンジの時点でこのボルトジャンルなどが一歩一歩確認されておらず、ピント外れのケースのまま飛んだことに影響を受けて絶大なる事故となりました。

スポンサードリンク

その後の調査や生存者はいかに?

要因究明は、消去法で行われる。別の言葉で言えば、証拠を参考にして事故ファクターとして難しい事を除外していき、要因としてパーセンテージが高水準のものを残し続ける。

中心的な事故ファクターは、画期的なようにカテゴリー出来る。

パイロットエラー機体の不備天候など自然ファクターは勿論の事、これらの複合条件により事故に直結するシーンもさまざまいる。

チェックには、新規のようなアプローチが用いられたり用いられなかったり実施すべき。

ブラックボックスの解析、レーダーの登記の解析残骸の回収などの広範囲に及ぶチェックでは回収した残骸を組立て、分解シーンのスタイルを再現する救命胴衣は使われていたか、何処のポイントが上昇し負傷しているか等証拠の山なのだという検証が展開されるにつれて、条件ごとに各種のメソッドを用いてチェックを進めていく。

ファクターが判明した後は、事故の再発防止策に関連して言及される。

将来においておんなじ事故が起こらないのと同様にレコメンドされた改善策と考えられるものを訴求する。

事故が起き数えきれないほどの犠牲が出るたびに安全性がアップしていくのがこの航空と考えられるフィールドです。

この事故においての生存者は奇跡的にすべての人であった。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする