赤い色や物で呼吸(アレルギー)に!?原因はコチニール色素とエンジムシ?危険性と対策予防は?【仰天ニュース】

「仰天ニュース」に赤い色や物で呼吸困難になったりアレルギーになる原因が放送されます。

赤い色や物で呼吸アレルギーとはなんなのか?

その原因や危険性と対策予防などはどうやらコチニール色素と呼ばれるものとエンジムシと呼ばれるものから来ている事がわかりました。

一体これらのコチニール色素やエンジムシとはなんなのか?

また原因や危険性などの予防法や対策はあるのか?

見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

そもそもコチニール色素とはなんなのか!?

取り敢えず今回の「仰天ニュース」で、すべての赤いものに反応するアレルギーとしてコチニール色素と呼ばれる成分がある。

これには、アレルギーを持った人が赤い色で反応して呼吸困難を起こしてしまう恐ろしいものです。

エンジムシと呼ばれる昆虫の雌を乾燥化したものから抽出される赤色色素で、カルミン酸が主成分だと思います。

天然原材料から生み出す色素という形で、食品、あるいは口紅や化粧品、頬紅等々のコチニール色素の化合物なのだという「カルミン」が広範囲に使われていると言います。

国内のルールでは輸入品や海外メーカーが専念すると、この辺が厳密に対処予測されていないパーセンテージが綿密に存在します。

国は呼吸困難など重篤な症状となるパーセンテージもあるという形で、同色素を含む化粧品を活用したり食品を摂取したりしてかゆみ等を含んだ症状が出たケースではスピーディーに専業医を受診するよう呼びかけている。

つまり赤いものを飲んだり食べたりしたら、じんましんや下痢、頭痛等の急性アレルギー症状を開始していた。

専門家はコチニール色素は数多くある食品や化粧品に使われており、原則的には安全性が想像以上に高水準である色素と思われている。

しかしながら、アレルギーなのだという人物がいるのと一緒で、この色素で危険性を持つリスクも多少なりともあるそうだ。

まれな発症にも関わらず、重症化したら生命を左右するだけにケアが必須と指示する。

過去に、この色素を含む化粧品の利用でお肌の以上や過剰なかゆみを認識していたご婦人が呼吸困難を伴う重篤なアレルギー応対を起こしたシーンがアナウンスされている。

もっと言うなら、輸入品の飲食物にはディテール物がオープンになっていないまま含まれているというのも存在する。

化粧品などに於いて昆虫の成分「たんぱく質」が少量ながらも日常生活の様に体内に入り、さらには食品で摂取するとなると、いつか急性症状なのだという事もパーセンテージ的にあり得なくはないと考えられるスペシャリストの仮説から、少し前から、コチニール色素を避けるユーザーが増え、専門業者もその声に聞きつけてきている現実です。

スポンサードリンク

コチニール色素の危険性はどうか?

その他の症状のチャレンジですべて安全性を固めていると考えられる反面重篤なアレルギーを発症したとのインフォメーションも存在します。

不純物が要因でコチニール色素を抽出する時点で、カイガラムシに含まれるたんぱく質を除去しきれず不純物という形で残り、それがアレルギー背景となるというプロセスが承諾していると考えられます。

ここの部分を摂取した全員がアレルギーフィットを起こすことは存在しませんが食品と一緒で個人差は想像以上にあり、フィットしやすい人、そうでない人に分類します。

女性が一日中用いる化粧品にも商品次第でコチニール色素が含まれていると考えられます。

別の言葉で言えば明けても暮れても不純物なのだというタンパク質を皮膚に塗っていると考えられることになり、その不純物に向けて体が敏感に対応するようになってしまうケースがあり、このシーンを皮膚感作と考えられています。

このケースで食品に含まれるコチニール色素を摂取した場合アレルギー一致を起こしやすくなると考えられています。

何よりもリスクなアレルギー症状で呼吸困難などの症状を起こし、最後にははメンタリティさえも不明に陥り死亡する危険性もあるいたってリスクな症状だと思います。

もっと言うなら、コチニール色素を活用した食品や化粧品の製造に出くわす人間の中に稀ながら労働性喘息を生じるというプロセスがあり、食物アレルギーのレポートも存在します。

しかしながらこれらは全てアレルギー反応と同様になる人そうでない人と別れて必ずしもの症状ではないと言うのが本音ではないか。

最近では極めて人体に影響がない色素が合成されるようになってきました。

⇒丸亀製麺のボツになったメニュー(商品)が意外!半額セールとは?【有吉ダレトク】

予防法はあるのか!?

今の時代では広範囲に利用されている着色料である為割と数多くあるところで活用されているのではないでしょうか。

予備データをつけて、もうアレルギー体質の人は赤いものは食べない飲まない他ないでしょう。

海外ではパーフェクトに菜食主義者からの問い合わせと署名で利用は消えてしまったとささやかれていますが日本では国が完全に使用不可としていません。

化粧品関係。口紅やチークなどに利用されているのです。

コチニール色素を活用した食品や化粧品の製造に直面する人々の間での製造工程で不純物が充分に排除可能となっていないケース、リスクも存在します。

日本国外の添加物メーカーの中に試験が手薄なポイントも実際に存在するとの噂もある。

スポンサードリンク

エンジムシとはなんなのか!?

エンジムシ=別名カーマインとも呼ばれている赤の色素で、化粧品や口紅と言われるものを生み出すのに使われます。

もっと言うなら常識的にはは、食品にも添加されそうです。

驚くほどに、普段何気に食べている乳酸品や食物にも微量の成分が含まれていることもあるでしょう。

それと同じ様なカテゴリーのカイガラムシから製造されると思いますが、 コチニールは、メインとして南米ペルーなどを宿主として養殖されているのではないでしょうか。

一方で炭酸ナトリウムで溶解され、溶剤だという事をご存知ですか。

この場合に液体にならない残りの体のポイントは取り除かれます。

更には、レーキと言われる赤い物体が加えられます。

この物質は自然界であるなら捕食の抑止という形で活動していると聞きますが、同じような例なのだというというプロセスが認識できるではないでしょうか。

色彩と長時間長続きさせると考えられる本質に惹きつけられ、乾燥したエンジムシはメインの貿易取引品になってしまうのです。

とにかく、アレルギー体質を持った人には今回のコチニール色素には十分気をつけて欲しいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする