【2017】アメリカウィスコンシン州引っ越した隣人ヒラリーとドーンの今現在!【アンビリバボー】

「アンビリバボー」に2017アメリカウィスコンシン州に引っ越した隣人としてヒラリーとドーンの今現在などをピックアップして行きたいと思います。

2017年にアメリカウィスコンシン州で引っ越した先に隣人との奇怪な現象があったとして、その人物がヒラリーとドーンと言う人物が関係しています。

今回はその奇怪な出来事や、2人の今現在などを見ていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

【2017】アメリカウィスコンシン州で引っ越した隣人ストーリーとは?

ここ数年はヒラリーさんは、幼いころアメリカ、ウィスコンシン州に住むファミリーに養子という身分で引き取られた。

好意的なファミリーと同時に暮らしてきたが、彼女は自分自身の養子縁組ファイルに登記されていた自分自身の姉の存在を忘れ去ることは結び付けられなかった。

この世界のどこかで生きていますから自分自身と血のつながった姉の存在がヒラリーさんの脳陰にはどんな場合でも合致した。

何年もの間、ヒラリーさんはWEBを使い、姉らしきヒューマンを捜索したがそれらしき女の人は見つからず落胆の日常生活が続いた。

生まれてあっという間に兄と次なるファミリーの養子となったが、養父母を受けて幸せに育った。

やがて嫁入り後愛娘を授かり、自分自身の親になって改めての生みの親に会いたいと言われる想いが募る。

その他には実の親を捜し取り組みると、思わぬファクトが浮上した。

養子縁組の過去の登記から、実父が9年前に他界していた悲しい現実のほか、ビックリしますが異母姉の存在を経験がない状態で知ったのだ。

そこにフィットする姉に関してのシンプルなインフォメーションがあった。

その町の祭で開催され大会でクイーンに選ばれたこと。

その他に全くもって見ぬ姉に会いたい。

その一心でSNSなどにおいて捜索を試みたが、キーポイント一つも全く足取りはなかった。

スポンサードリンク

隣人との関係や奇怪な現象は?

姉の存在を熟知してから数年たち、隣に引っ越してきたファミリーがいた。

そのファミリーの女の人は50歳くらいで、さほど近所付き合いが得意ではなさそうなフィーリング。

近過ぎる隣人同士のコミュニケーションはあいさつ規模ですぐには深まることも結びつかない。

夫のランスさんは、新規の隣人との日常生活のあいさつやコミュニケーションから分かったことをヒラリーさんに告げた。

ファミリーは遠方から越してきて、ご婦人の名はドーンなのだというとヒラリーさんはフィーリングに駆られたが、アグレッシブにメソッドもできずもやもやしていた。

何はともあれ手っ取り早く思ったそう。

自分自身の姉さんじゃないかって。

であっても彼女は旦那と相談してまだ半信半疑でした。

それから2カ月後、ヒラリーさんのインプレッションが承認へと変わってしまう日が訪れた。

ドーンさん宅に屋根を新しく張り替えるための資材が配達され、庭先でそれたまたま考えたヒラリーさんは息を飲んだ。

資材を梱包したシートに存在する苗字が書かれていた。

ビックリしますが「Johnson」の文が。

確かであると承認するも、直接会ってその事情をチェックする勇気がつなげられない。

興奮とリスクが入りまじったヒラリーさんはその晩、外出していたドーンさんの携帯に対するメッセージで切り始めてみることにした。

従来祭のコンテストで優勝してみたことがあるか耳を傾けてみると、YESと言われる返信。 予定通り最後の切り札なのだというのは彼女の父の名前を尋ねてみた。

そうするとドーンさんからためらわずに返信が。

そのファクターはヒラリーの実父と姓名一文字違わぬ同一の名前である。

彼女は幸福感で満ち溢れた。 ドーンさんたちが新居を決定づけるまでお邪魔した物件数は20件以上。

奇しくもこのゾーン内の約5万ファミリーの内から、遠方から数百kmも離れたヒラリーさんの隣の家をセレクトしたとは。

自分自身たちがシェアしていたのはこの私道だけではつなげられない。

とは言っても、加えて30年後、まさかその妹の隣の家に越してきたとは夢にも検討していなかった。

偶然では弱い、運命が自分自身たちを補ったやまない姉妹は、ブランクの30年間を埋めるみたいに深確認して隣人から血のつながった事実上のファミリーになった。

スポンサードリンク

今回のストーリーで思ったこと

一戸建てに住もうとも辺鄙な孤島にでも住まない限りはどこへいっても近所づきあいは大事になってきます。

とくにマンション等のケースでは密集しているので、わずかな身の回り音でもケンカになりがちです。

取り敢えず都会のケースでは隣に住んでいる人がどんな人か全く身に着けていないのも怖いですよね。

その部分にそのマンション唯一の決まりがあったり、集会が合致したりするケースでは人付き合いは避けては通れません。

隣人による問題を避けるためにも、近所づきあいは良くしておきたいものです。

アンケートに左右されて、まるっきりどんな近所づきあいをしているのかが判明したわけです。

近所づきあいができているという正解がありましたが、本当のところはそこまで近所の人と関りがない人のほうが普通です。

ひとまず知り合いになっているわけだとは限りませんが。

お会いしたらスムーズに挨拶をかわせるスケールのご近所づきあいができていると考えます」「密接な近所づきあいはしていないが。ゴミ捨てや多岐に渡るファクターもあるのでそれのおしゃべりなどをやるからに近所の付き合いは進めている」「何はともあれ親しくしてくれているわけなどでは断じてありませんが。一層険悪なムードでもなく、どこにでもあるお付き合いをさせていただいているのです」 変わったところでは旅行に始めたお土産を交換し合う人も見られますが、実際のところはは挨拶だけに限られた関係が当たり前です。

近所づきあいが実行できていないと結論した人のたいがいは隣にどんな人が住んでいるのか熟知していないとささやかれています。

「過去は持ち家の一軒家だったので、回覧板やエリア行事の加盟が一般的だったが。引っ越してきたのは貸家が密集する場所…回覧板も地域行事もあり得ないので、隣の貸家に住んでいるのがどんな人なのか、名前すらも把握していない」

現実的には都会のケースでは隣人と行き来するのは想定できないのかもしれないですね。

もっと言うなら、ルーチンワーク次第でライフスタイル習慣が全く別個のこともあるので、元を正せば挨拶すら出来ない人も中にはいると考えますが。

ご近所さんに関しても何はともあれ人付き合いを気にしない人もいるようというわけなので、どんな人でも仲良く、とは行かないらしいです。

勿論の事、エリアの行事等の緻密なことをしることを狙うならご近所さんと親しく付き合うことが求められると言われているようです。

⇒山辺節子の今現在は獄中!息子や娘と昔!タイ人彼氏はどうなった?【仰天ニュース】

引っ越しには挨拶周りはやはり必要なのか!?

引越しをするケースでは、心配りになった旧居のご近所への挨拶と、この先配慮になる新居のご近所への挨拶を行います。

ここ数年は挨拶をしない人も多くなっているようですが、挨拶をしないことによる不利益や悪いインプレッションがついてしまうパーセンテージがあるため、可能な限り挨拶には実施しておくのが当たり前でしょう。

アンケートチェックを確認すると全体の50%の人が挨拶回りをしてくれている集計となりました。

もっと言うなら、入居後に近所の人に向けて挨拶回りをしてくれている人が56%と、将来において始まる新生活にかかわる新居の近辺住民との関係をポイントにしているインプレッションにあるようです。

引越し挨拶の意味合いチェックのアンケートを単身者のみの情報でみたポイント、半数以上もの人が近所への挨拶回りをしていないというプロセスが認識しました。

このリサーチからも、一人暮らしの人は近所付き合いがさほど不足しているというプロセスがうかがい知れます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする