平田進也の年収やファンクラブと経歴!嫁子供や講演会がスゲえ!

「梅沢富美男のズバッと聞きます」に添乗員の平田進也さんが特集されます。

平田進也さんの今現在は人気添乗員として話題になっていますが、その年収やファンクラブ、講演会など経歴をピックアップして行きたいと思います。

さらに平田進也さんの結婚など嫁や子供の事、なぜ添乗員として人気なのを細く分析して行きたいと思います。

添乗員なので、やはりオバちゃんや高齢者などに支持されており平田進也さんの何が魅力があるのか、添乗員として実力はどれほどのものなのかが気になります。

では早速。

スポンサードリンク

平田進也の経歴や武勇伝

本名:平田進也(ひらたしんや)

生まれ:1957年5月31日 60歳

出身:奈良県

AB型

学歴:京都外国語大学

平田進也さんが23歳のときに日本旅行に採用しているとのことです。

大学時代からテレビ出演等のメディアにいろいろと出演されていて 「カリスマ添乗員」と言われる異名をもっているんだろうと感じます。

高齢者世代に対象を絞って、 巧みな話術と変身芸が高い人気を誇るんですって。

レーシックの手術を受けていると推定されますね。 術後当日にブログを更新されていたのがビックリではないでしょうか。

日本旅行の同僚と3人でおもしろ旅計画ヒラタ屋を結成させて、 広範囲にわたるユーザーを興味深い旅にいざなっていると考えられていますよ。

過去に、バスに乗り続けているところを密着した放送番組を観ましたが、何はともあれ喋りがうまいと思います。

関西人特有のお笑いの条件もありつつ、バスの内からは注意深くしゃべることを心割いていると考えられています。

その事情を聞いたときに平田さん曰くいつまでもバスで移動続けているときに閉鎖された空間でうっとうしくならないためと語っている。

お話のあちこちにはユーザーをいじったり突っ込んだりと、ツアー出席の自分自身が笑いに包まれて魅力的な実情が印象的だった。

スポンサードリンク

平田進也のファンクラブとはいかに?

平田進也さんは2万人を上回る会員がいるファンクラブが存在すると言う理由です。

サラリーマンなのにファンクラブ?とイメージしてチェックしてみました。

常識的にはファンクラブって手間暇かけて入会したりといったものとは言え、平田進也さんが計画したツアーに参加したユーザーが「参加」と考えられる形になると噂されていますね。

その他にはファンクラブの人へは画期的なツアー計画などが存在するとお知らせが来るとささやかれています。

これ以外の旅行業者でも定期的にプログラム商品のインフォメーションなど来ますが、平田進也さんのファンでも存在するユーザーとのコミュニケーションを「ファンクラブ」ということは凄い感性だと断言します。

間違いなく、平田進也さんのツアーに加入したらリピート率90%以上と言われるので凄いデータですね。

どうやったらファンクラブに入れるの とチェックしてみたものの、インフォメーションは見当たりませんでした。

元を正せばファンクラブがオープンしたのは 平田進也さんが次回計画するツアーを出席されたユーザーにお知らせするのでだったとささやかれています。

売れなかったタイミングは一人ひとりに送っていたそうでしょうが、 やればやるだけユーザーが拡大して、次回の予定を聞かれることが多くなり 規定が容易ではないようになってくると 会員番号をユーザーに渡して パンフレットを届けるようになったんですって。

とされているところのは、 1回平田進也さんのツアーに出席しないといけないらしいですね。

最後にもしかしたらファンクラブへの加盟を告示するのかもしれないですね。

⇒【激レアさん】ビルリオングレローの和菓子や年収と店の場所!嫁や子供は?

平田進也の年収がヤバいのか!?

カリスマ添乗員と考えられる平田進也さんの収入も気になってしまうのです。

担当直入に申し上げると、平田さんの役職は日本旅行西日本営業本部受け持ち部長と言われる肩書も存在します。

日本旅行社の年俸は、勤続年数20年規模で営業課長だと600万円ぐらいのものです。

並びに見ると、平田さんは勤続年数も長く部長職と言う理由から600万円を上回るサラリーが高水準である。

それに加えて今や日本旅行に要求される存在と言えるでしょう。

プログラム力やカリスマ添乗員という形でのセールスぶりをみると1000万円はもらっていてもおかしくないに違いありません。

変わったところでは、ラジオ放送番組やテレビプログラムの出演、書籍を出版したりとサラリー以外のギャランティも考えられますよね。

それらを合わせると1500万円ぐらいと言われる年収と断言します。

たった一人で8億円の売り上げをたたきだす社員と言う理由ですが、 社員なので、日本旅行の給料規約を守りながらなっちゃうのか?

標準的な添乗員さんのギャランティという意味は日給制になっているそうで、 添乗日数に左右されて加算されているんだろうと感じます。

日本旅行の40歳の平均サラリーは566.78万円であると聞きました 2004年のデータのと考えられていますが、今もってさほど変動が見られないんであると聞きました。

まあたいてい でも平田さんは2009年に西日本営業本部担当部長に昇進しているとのことですし、 ユーザーの動員数も半端ないから そこのところの裁量は考えられているはずではないでしょうか。

ここまでの活躍で一般的と同じ報酬であればよっぽど会社がケチなのかと言う事になります。

このご時世、安さを理想としている人はウェブサイトでホテルを予約し旅行に行きます。

しかしながら高齢社会になり、パソコンが使えない、予約のアプローチが熟知していない、昔のシステムが好き、目をチェックして話したい、と言われる人間も大勢存在するようです。

そんな高齢者には彼は言う。

私はそのようなお客様に付加価値の付いた旅行を提供します。値打ちがあればお客様も納得されるので価格競争にはなりません。商売は近江商人のように三方よしであるべきです。付加価値をつけて利益率を保ち、夢をもって販売する。安売りで利益を減らすよりも、売り手も買い手も市場も嬉しいを目指します。

スポンサードリンク

平田進也に嫁や子供はいる?

添乗日数は一年間で150日以上に相当する平田進さん。

しょっちゅう旅行にでなくちゃダメでしょうが、 結婚されて存在するのでしょうか?

ご婦人と長男、次男の4人ファミリーなんであるとのことですよ。

添乗員と言われるルーティンワークを聞いていると、家を空けるセールスと言われるインプレッションを持ってしまうのです。

子供もお父さんがカリスマ添乗員と思われているなんていう風に嬉しいですよね。

お父さんが勤務している背中をチェックして育ってきたんだと断言しますね。

自分にピッタリのお父さんだと思います。 将来においてもやりがいのある計画でユーザーを喜ばせて欲しいです。

ご婦人は「冬のソナタ」の大ファンだったそうで、 冬のソナタ完了次第彼の追っかけに。

それには平田進也さんは冬のソナタのツアーを決行し 平田さんもヨン様に扮して添乗したら大好評だったとささやかれています。

お見合いブライダルだったみたいですが、 揉め事らしいゴタゴタはしてみたことがないらしい。

二人の子供に関してはインタビューで中学生と公表していたので 今は成人してますね。

家に帰れない日が普通でても ルーチンワークのストーリーをよくするそうで、 キャッチボールは必須にしているんですって。

ファミリーの支えが合って、 問題なく仕事に打込めるとか。

広い範囲にわたるシニア世代の人達と旅をともに優雅なひとときを提供し続ける彼の手腕には脱帽だ。

⇒駒田徳広のバー(店)の場所や閉店!?結婚(嫁・子供)や守備がヤバい!【爆報フライデー】

平田進也の講演会もスゴい!

彼いわく「商売」は「笑売」と語っている。

ショウバイは漢字で「商売」と書きますが、大阪では元を正せば笑いを提供する「笑売」だと言っているようです。

笑いはメンタル的なバリアを解き、財布のヒモも解きます。

どちらの企業からでもセレクトすることができるものを「あなた自身から買いたい」と公表していただくために、自分自身は笑わせて喜ばせるメンタル的なコミュニケーションから始めます。

ターゲットのことをよく熟知していないケースになると壁が存在します。

その壁を一目見た瞬間に破らないと商談は困難だと思います。例を挙げると玄関先ではためらうことなく追い返されるようなストーリーも、皆がくつろぐリビングや寝室ではふわっとした空気がパターン化しているためか理解してくれます。

商談も同様で、どんなふうにして壁を取り除いてふわっとした空気を組み立て、ユーザーの目線で懐に入っていけるか。自分自身は大阪で34年間、仕事場に勤めております。

ユーザーに叱られ、喜ばれ、認められ、感謝される、何度も何度も経験しましたと語る。

ユーザーの手中に収めたいものに変えて付加価値を付けて扱うことだと感じ入りました。

「夏のドナタ」は企業から褒められ、秋にも開催するよう頼まれました。

馬鹿の一部分で「秋のアンタ」を計画したわけです。とは言え申し込みは15人、思考錯誤して抜いた末のプログラムがユーザーへ響くのであって、2番煎じは通じないという理由です。

発想力のチェンジで、目下テレビで旅行を販売しています。

可能な限り、カメラの前でクルクル見回り喉を枯らして死にそうになりながら「ご婦人、自宅で寝てる状態じゃないですよ。同時に旅行にいくことが大事だと思います」とのことです。

これもためらうことなく2,000人の申し出がきます。

観光は、光を観ると書きます。

光のあるポイント、おもしろいポイントにユーザーは集中するのです。

基本、 ユーザーと1対1でキャッチボールをとります。

レポートプログラムの計画で関東で試してみたことが存在します。

フィットは全く異なってました。関東のユーザーはバスの中のお喋りには無反応で、宴会場のキャンドルキャンペーンでは隣の会場に逃げていきました。

それもあって自分自身は関西のユーザーにするのと同様に尽くし切りました。そうなれば2日目の昼、あるユーザーがこう言いました。

「平田さん、東京の人はね、おもしろくてもどう受け止めたらいいかわからないの。でもあなたの気持ちは伝わったし、本当は楽しかったのよ」

これ以降、このユーザーとはリピート関係になったと言う。

最後に

無限にアフターケアをして実際にこちらの誠意が見えたケースでは、ユーザーは認めて貰えます。

この先もユーザーが満喫することを根本的に思考しながら、ギブ・アンド・ギブをアレンジさせていただきたいと考えます。

それが自分自身のイメージするアフターサービス業ではないでしょうか。

彼の飛躍はますます飛び抜けるだろう。

今後の活躍に期待だ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする