逸見政孝の妻(嫁)は逸見晴恵で死去!?息子や娘の今現在や遺体と家は豪邸!

「直撃シンソウ坂上」に胃がんで亡くなった逸見政孝さんが特集されます。

逸見政孝さんの妻(嫁)は逸見晴恵さんでありますが、息子や娘の今現在はどうなっているのか?

また、逸見政孝さんの遺体や家は未だに豪邸と言う噂は本当なのか!?

逸見政孝さんが胃がんで亡くなってから数十年たちますが、彼のライフスタイルや経緯は一体どうなっていたのか?

今回はそんな逸見政孝さんの生前の武勇伝などをピックアップして行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

逸見政孝の妻(嫁)は逸見晴恵!

故逸見政孝氏のご婦人、逸見晴恵さんが亡くなっておられた。

61歳と言われる若さではないでしょうか。

腰痛から回復と想定されてスピーディーにのことで合致しただろうか。

そんな意味から下戸で、酒はある程度控えていたんだとか。

告別式の間中、気遣うことなく号泣していたのが多くの友人や知りあいだった。

今でも鮮明に忘れることができない。

早稲田大学演劇専修から同時進行でフジテレビに入社した逸見政孝ではあるが大真面目な人間であったし、遜色ない真面目な人で、放送番組内で後輩アナから冗談まじりで「取り次ぎ界の田村正和」なんていう風に言ってからかわれると、放映中でも烈火のごとく怒って叱責したほどでも合致した。

逸見政孝氏は、彼の死の13年前弟さんを変わり映えのないキャパシティー胃癌で亡くしている。

という理由でご夫人の晴恵さんも以前から身体の具合に気遣っていたようで対応したが、ご挨拶規模の葉書の往来は合致したものの、まさか当人が夫の死後ためらうことなく子宮頸癌を手術し、爾来その部分に伴う骨髄異形成症候群を告げられただ驚くほどに。

一歩一歩ひと際悔しかったに相違ない。自分自身も一度講演を聴いたというプロセスがあるが、すこぶる前向きな人間で、未だに信じられないで存在する。

骨髄異構築症候群は年を増すごとに抵抗力をなくして向かう血液の癌らしく、この四ヶ月間入退院をリピートしていたと言われる。

それから最初に力尽き21日肺胞蛋白症にて亡くなられた。ほとんどスピーディーに政孝氏のもとに行きたかったのか、一報に接し嗚咽して繋がらない。

学生時代の逸見は赤くちょっとしたアクセントを持ち歩いて勢いで必死になって、アナウンス研究会で一生懸命やっていたものと。服装は365日学生服でとにかく陽気で明るい雰囲気だったそうだ。

心の底から真剣にご冥福をお祈り申し上げ、願わくば息子でもある太郎や娘の愛にシビアな遺伝がなきようにと心から願うばかりだ。

スポンサードリンク

逸見政孝の息子(子供)は逸見太郎!

出身:東京都

生まれ:1972年12月24日

学歴:エマーソン大学

人気司会者でふさわしい逸見政孝の長男でいわゆる2世タレント。

父親の逸見政孝の親友で合致したビートたけしの監督作「HANABI」でメディアデビュー。

その後はテレビドラマや舞台、スポーツ放送番組などに出演してくれている。

逸見太郎さんのプロフィールをシンプルに書きましたが、少し前からとんと見かけなくなりました。

無難でいえば「5時に夢中!」に司会をされていたと考えます。

チェックしてみたところ2012年に同番組を最後にメディアから見なくなりました。

よくイメージしてみると逸見太郎さんはフリーの司会者となります。

それがあるので福島放送でお役回りをしていても何の不思議もないです。 おそらく福島放送側が予測する放送番組の司会に逸見太郎さんが合致したのでしょう。

今までのチャレンジも考慮されたのことも考えられます。 般の女の人と結婚したといっていたのが記憶に残っていましたので、ご婦人の写真とか画像が存在するのか求めてみましたが、やはり一般の人間と言う理由で存在しませんでした。

ところで逸見太郎さんはここ数年は別居されているといいます。

ご婦人は逸見太郎さんの豪邸が存在する世田谷区のアパートに住んでおり、週末に逸見太郎さんがアパートに行くと言われるライフスタイルを送っているといいます。

別居ポイントは仲が悪いという事ではなくファクターは逸見さんの豪邸でした。

この豪邸は父親の逸見政孝さんが建てたもので12億円と言われているようです。

この豪邸を立てた翌年の逸見政孝さんが他界してしまい、その支払いに逸見家は追われることではないでしょうか。

売れば良いと思われますが、逸見太郎さんはこの豪邸をファミリーの絆だとし売却しないことにファミリーで決断していると推定されます。

なんと維持費だけでも、光熱費だけで月20万、固定資産税は一年間で400万円かかるといいます。

であるため、同時進行で住むと嫁のギャランティを頼ってしまうので別居しているといいます。

父の遺品を住居ガレージに保管していたという太郎。それと同じ様な彼には、取り敢えず整理を行うかどうか苦悶している品があると言われる。

闘病中にファンから贈られた数珠とお守り、国内にインパクトが走ったがん告白会見で着たスーツや放送番組衣装の学生服と思われる衣類、多種多様な実績。

愛用のゴルフセット、あるいはトレードマークだったメガネ。

そういった特別な思い入れのある品々とオリジナルの心を、息子である太郎はどう整えるのかが今後の彼の務めではないか。

⇒草刈麻有の今現在や結婚相手と彼氏はいるのか!?水着画像も!【行列】

逸見政孝の遺体は?

1993年、会見を開いたフリーアナウンサー逸見政孝さんの口から発せられた言葉はインパクト的なものだった。

逸見政孝が言うには 「わたくしは1年後に亡くなるのは本意だとは断言できません」そう述べ、手術に至る経緯がアナウンスされる。

13年以前に31歳の若さで弟を胃がんで亡くしている趣旨、ドクターから手術の達成パーセンテージは数%と認識したことなどが語られた。スーツを着込み、アナウンサーという形で冷静沈着な動向を保っているように見えて、眼鏡の奥の瞳には動揺もフィーリングも取れる。

残されたのは妻と2人の子供たち。その他には新居のローン。

並びに16年、長男の太郎さんは司会者という形でお父さまと変わり映えのない道を歩み始めました。

長女愛さんもレポーターや司会など、行動の場を広げていると推定されます。生前、とりどりを語らなかったと言われる逸見さん。

死因でもあった「胃がんトータルの約1割を占めるスキルス性胃がんは、不本意ながら『助かりにくい』と言われるより『助からない』がんと考えられる事なんです。

これ以外の胃がんと一緒のようなもの、胃粘膜から発生するのですが、さほど粘膜面のアレンジを起こさないまま胃壁の別途大きくなっていくため、見立てがつきにくいのです。

そういう理由でスキルス性胃がんの『始まり』は想像以上に熟知しづらい。

やがて胃壁トータルが硬くなってスキルス性胃がんなのだというと判明するべきことがいっぱいいるのですが、そのタイミングではもう施術は単純ではないスタイルに陥っている。

スキルス性胃がんの『終わり』は、死に至ると言う理由です」 胃がんを引き起こす危険ポイントは、ピロリ菌と塩分の取り過ぎと考えられている。

失敗の可能性が高水準と考えられる。 胃がんの「始まり」、別の言葉で言えばその自覚症状という形では、胃痛、胸やけ、黒い便などが存在するが、初期のステップではその症状が出る人もいれば上げられない人もおり、ステージに左右されて助かる率が結構バラバラになってくる。

今現在、逸見政孝の遺体は自宅近くの墓地に安らかに眠っていると言う。

スポンサードリンク

逸見政孝の娘はどうか?

本名:逸見愛
生まれ: 1975年3月10日
出身:東京都

女優や舞台あるいはタレント行動と言われるものを行っていたらしいです。

嫁入りと言う事は目下のところそのような噂は存在しませんでした。

逸見太郎さんも逸見愛さんもお役回りが激減してあんまりギャランティがないらしいです。

豪邸の12億円の豪邸の継続費は遺産などにおいてまかなえるのかなってイメージしていましたが随分困難そうですね。思いがけず豪邸を売る日が来るかもしれないですね。

それかいっそのことマンションに立て替えて資産収入なんていいんじゃないですか?

まあ広い範囲にわたって築き上げたものお父さんの逸見政孝さんと同時に暮らした思い出の家をそうやすやすと売っぱらうことなんていう風にできないのです。

逸見政孝さん死後、ご婦人の逸見晴恵さんには12億円の豪邸のローンが残っており、12億円中7億円は生命保険などに於いて返すことができたそうなんですがあとの5億円はローンで逸見晴恵さん独自にエッセイストとなり夫の「がん」の向き合い方と考えられるものを記した本を書いたらしいです。

もともとはフジテレビでトライを積み、そのあとフリーになって快進撃。

旦那が亡くなってからは、もっぱら自分で稼いでいかなければならない環境になったことで色んな事にチャレンジしたと言います。

逆の意味でもいいことだと思います。

今現在娘の愛も、仕事をして稼がないといけない立場でもありますのでファミリー揃って頑張って欲しいものだ。

⇒大桃美代子の離婚や今現在子供は諦めた?年収がヤバく病気だった!?【ザ因縁】

逸見政孝の家(自宅)はいまだ豪邸!?

ガンで亡くなる92年に12億円をかけて実用化された逸見邸は当時でも想像以上に注目度が高く逸見さんのサクセスの象徴でもありました。

今でも年に渡っての維持費が200万も体験するという大豪邸ではないでしょうか。

住所は、世田谷区に存在します。 131坪の土地にビックリしますが12億円で建設したんだとか。

スタンスからしてみても、ずいぶんと本格的にズッシリとした門構えで見るからに立派ですもんね。

この豪邸となっていますが、今も逸見さんの名義でいると推定されます。

しかしながらこの豪邸の返済は先を見据えたギャランティを見越してのものだったため死去してからはご婦人が返済という事態を受けてアグレッシブに働かれたんだとか。

その状態を眺めていた、息子の太郎さんはファミリーの絆のこの家を今でも固めた上でいるそう。

逸見さんの没後、妻でエッセイストの晴恵さんは数千万にも及ぶ1ヶ月の返済に頭を抱え、売却も思考しましたが 「逸見政孝のサクセスの象徴なのだという逸見邸は何があった場合でも手放さない」 と設定したようです。

晴恵さんは借金返済が理由で、テレビ放送番組にアグレッシブに出演するなど本格的に行動しましたが、夫と一緒のガンが発覚。

それもあっても負けずにガンを乗り越え、突破後は全国の至る所でガンに関しての講演をスタートするなど同時進行しながら返済と高水準の生命保険の掛金の支払いを続けたとささやかれています。

それから晴恵さんが亡くなった際、息子の太郎さんが借金に関連して対比させてみると晴恵さんの保険ですべて完済。

わかりやすく説明すると晴恵さんは逸見邸の危機を乗り越えたと言うことですね。

そういったエピソードが存在するので太郎さんは何とか支払いが苦しくても手放すわけにはいかないんですね。

まさにアウトロー的な人生には好かれるインプレッションにあるようというわけなので、アグレッシブに今後も頑張って欲しい。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする