淡島千景の結婚(夫・子供)や若い頃!資産や借金と淡路恵子との関係!【爆報フライデー】

「爆報フライデー」に淡島千景さんが特集されます。

淡島千景さんの結婚(夫・子供)や若い頃などをピックアップして行きたいと思います。

淡島千景さんは生前中に多額の借金や資産があったとされていますが、そのような事実は本当でしょうか?

また淡島千景さんは淡路恵子さんとの関係もあったと言うことで、2人はどんな関係性だったのかまとめて見ていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

淡島千景の若い頃や武勇伝

本名:中川 慶子(なかがわ けいこ)

生まれ:1924年2月24日

2012年2月16日(87歳没)

出身:東京都

淡島千景さんの若い頃が気になると言えますね。

若い頃も想像以上に惹きつけられる女優さんのお一人だったと嘆かれています。

何はともあれ、淡島千景さんの学歴ということよりさかのぼりましょう。

池上尋常小学校から武蔵野第一小学校に転校するのです。

その他には成蹊高等女学校を卒業後、1939年には宝塚音楽学校に入学。

言うだけにより「ハードな躾」と思い描いてしまうのです。

久慈あさみさんと南悠子さんその他には、淡島千景さんは『東京の三羽烏』 と呼ばれていた過去が存在するとささやかれています。

注目している淡島さん本人の芸名の由来なんですが、百人一首の 「淡路島~千鳥の鳴く」という理由で『淡路千鳥』とやりたての頃は、名付けられたとささやかれています。

とは言っても、同様の芸名の団員がいたという理由でも『淡島千景』 と力説するネーミングにしたんだろうと感じます。

知らぬ間にとなっていますが、独創的と力説するかシブいです。

そんな簡単にはこのご時世同様な名前の付け方は不在では、無いでしょうか? 現実的には宝塚だからは何かと言えばそれまでなんでしょう。

娘役スターという身分で想像以上に注目を集めていたそうで、手塚治虫さんが「リボンの騎士」のモデルにしたともいわれていると推定されます 若い頃の写真、思っている以上に綺麗です。

スポンサードリンク

淡島千景の資産や借金がヤバい!?

淡島千景さんのそれぞれのお家は都内でも有数な上等住宅街にあり 3階建ての一軒家だろうと感じます。

亡くなる2年前後まえに6000万円の借金が存在することが発覚したわけです。

インフォメーションでは、淡島千景さんが浪費家で稼いだギャランティを使い果たしていたと 想定されていたとささやかれていますが、 本当のところは自分自身のつくった借金ではつなげられないなどと聞きました。

長年マネージャーをしていた人が、熱海にホテルを建てたものの経営に 失敗、借金を残したまま亡くなられたとささやかれています。

財産の監視に無頓着だった淡島千景さんは 亡くなる過去にその実情を知ったようでした。

マネージャーの人を信じきっていたんだと言えますね 。

自分自身はまったくもって気がつかなかったのですが、その借金に気付いたのがお亡くなりに なる2年前だろうと感じます。

借金に関連してなんとかしようと思いコンサルテーションをもちかけたのが、石井ふく子プロデューサー だったとささやかれています。

石井ふく子プロデューサーは何かと言えば「渡る世間は鬼ばかり」でも人気が高くなっていますよね?

実際のところは、事なきを確認して、淡島千景さんは住まいを売らなくて済んだと言えます。

一歩間違えていた住居を提供する事にもなったそうで、何とも恐ろしいストーリーです。

淡島千景さんに限って言えば好きなセールスが最もで、収入は二の次だったのかも知れませんね。

だからこそ財産には特定種類の無頓着だったのかも知れません。

都民税を滞納、入院費も払えないほど金欠スタイルだったと考えられる大女優の晩年に関連してです。

開始するにあたり、淡島さんの葬儀で喪主を任務した甥の中川徹也さん(63)が「七回忌を終えた今と言う理由から」であるため取材に見合った。

「なんだか把握していないけど、収入がないの。サポートしてくれない?」と言われる電話が晩年の淡島さんからかかってきたことを明かした中川さん。

都内の住居を担保に銀行からお金を借りることを勧め、「4000万円借りた」と語る。

金欠することになった原因という形で、一つの事務所人員による使い込みを指導。

急激に家を建て替えたり、銀座で豪遊と言われるクチコミが合致した従業員が幾通りかいたと言われる。

⇒逸見政孝の妻(嫁)は逸見晴恵で死去!?息子や娘の今現在や遺体と家は豪邸!

淡島千景は結婚して旦那や子供はいるのか?

結論から言えば、淡島千景さんは一生涯独身を貫きました。

あれに限られた美貌の持ち主である故近隣の男性も放っておかなかったではないでしょうか。

独身を貫いたファクターやチャームポイントはずばり、映画や演劇にトータルを捧げたからだと考えます。

間違いなくこの当時は、嫁入りが女の幸運だった時代でもあるにも係わらず、 独身を貫いたと言われる事は想像以上に、淡島千景さんにとりましても勇気がいる事だったのかも知れません。

そうだとしても、そんな意味からも独身を貫いたのは、映画や演劇が恋人だったのかも知れませんね。

しかしながら噂がありますが岸信介が夫って言うことです。

大女優のライフスタイルを垣間見てきましたが、 結婚したか、もっと言うなら恋愛に関する詳しいポイントが語られていません。

結論からいうと、淡島千景さんは一生涯独身を貫いたといいます。

宝塚を退団後、映画界でもその美貌と正確無比な演技でどんな場合でも業界のトップランナーとして走り抜けた昭和の大女優は おそらく恋愛よりルーチンワークにのめりこんだかもしれないですね。

であるなら、岸信介さんとの関係はどうなのでしょうか?

チェックしてみますと、どうやら従来の内閣総理大臣岸信介 その他には佐藤栄作と 愛人関係だったのでは?と考えられるインフォメーションがありました。

この原因は噂レベルになっており、真相は不明ではないでしょうか。

天国で自分自身の晩年の波乱な一生涯がテレビで特集されることを、 淡島千景さんはどういった具合にイメージしているのでしょうか。

スポンサードリンク

淡島千景と淡路恵子との関係は?

淡島千景さんは2012年に亡くなっていますが、多くの著名人は「担当直入に申し上げるとファンだった」「あんなに色気のある女の人は滅多にいない」「あの人間のような気品と明るさは今も見習いたい」などなど、多種多様なリスペクトの声をいっぱい聞いたものでしたが、その女優という形でのビジネス歴、スタンスなどを確認してみますと、彼女たちの意見もなるほどと大いに頷けるものが存在します。

淡島さんと数十年の交流を持っていた淡路恵子さんは

「1番も2番も3番も、思い出がありすぎて…。絶え間なくいかなる時も思い続けていましたから。私の中に存在するその顔しか思い出しません。」

クリニックに会いに行って、1時間以上お伝えしましたと語る。

今までの武勇伝としてメディアに出演した作品などは『てんやわんや』で50年度のブルーリボン主演女優賞を受賞。

その後も

『自由学校』『本日休診』『やっさもっさ』などの渋谷監督作品をはじめ、小津安二郎『麦秋』『早春』『カルメン純情す』今井正『にごりえ』等といった名作に続々出演。

国内俳優提携副理事長という身分で俳優の権利上達にも力を尽くしたと言われているようですが、それと同じ様なスタイルが周囲からのリスペクトをもらうことにもつながっていったのでしょう。

ここ数年も同業の女性たちとアナウンスすると、淡路千景ほど美しい女優はいないと言われている意見をよく把握します。

それほどまでに彼女の魅力は多くの人間を引き込んでいったと言うことですな。

ご冥福をお祈りします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする