伊能すみ子(エスニック料理)の経歴やオススメ!年収や結婚とセミナーが反響!【マツコの知らない世界】

「マツコの知らない世界」エスニック料理のスペシャリスト伊能すみ子さんが特集されます。

伊能すみ子さんはエスニック料理を推奨する一任者でもあり、経歴やオススメのエスニック料理が気になります。

伊能すみ子さんの年収や結婚されて旦那や子供などいるのかや、セミナーなども大反響と言う噂もあります。

今回はそんな伊能すみ子さんの経歴からWIKI、プロフィール、プライベートのことまで掘り下げて行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

伊能すみ子の経歴やWIKIとプロフィール

本名:伊能すみ子(いのう すみこ)

出身:東京都

元を正せば舞台制作や、民法の気象放送番組のディレクター をやられていたそうで、食文化を学習しながら 食のエキスパートなのだという一級のフードアナリストという形で 現在行動をされていそうです。

メディアに的を絞って飲食インフォメーションのアドバイスや アジア様々な地域の料理(エスニック料理)の ライターと考えても活躍中。

肩書が数えきれないほどあってびっくり 「ASIAN食のエージェント」 「タイフードコンサルタント」 「カンボジア旅のリポーター」 「アジアンフードディレクター」 などなど、多岐にわたる肩書をお持ちという側面を持っています。

真正面からどんなコトをしてくれているかと言われると 年に数回アジア諸国を巡り、 屋台料理からハイレベルトレンドまで現地でトライ、 その事情を限定webサイトなどにおいて発信をしていると聞きます。

メディア出演などもあり、 過去に「スッキリ?」にて出演されていました。

目的とするのは、国内に居ながらも これ以外のアジア諸国のおいしい料理を楽しめる経済状態づくり エスニック料理にハマったキッカケは 以前から旅が好き、食べる事が好きだった伊能さん。

1999年、シンガポールに旅行にスタートしたケースで 東南アジアの食に目覚めたんだろうと感じます。

そこから食のエキスパートになったとのことです。

最近では、フードディレクターという形での行動から ライター、講演、講師、レシピの制作と考えられるものを やられている人とささやかれています。

年齢は公式にオープンになってないようなので これに関しては見通ししてみましょう。

ちょっとキーポイントになるレポートがありました。

これに関しては、スッキリで中華街をアピールするという理由で 登場したケースの状況。 中華街に通って30年以上 ここから見込みしてみましょう。

これに対しては伊能さんもブログで 「中華街に通って30年以上」とアナウンスされましたが、 ライターになってからではありません。

幼少の頃からファミリーで中華街に行っていたので、 その事情を遡っての年数ではないでしょうか。

幼少の頃からとの事となっていますが 幼少と言い切れるのはおおむね小学6年くらいまでです。

そうだとしても、伊能さんの記憶が存在するので 小学校低学年、と仮定してしまうと7~9歳のタイミング。

そこから30年以上を純粋に足すと、 今日この頃は40代前半パーセンテージがでかいです。

スポンサードリンク

伊能すみ子の今現在の活動は?

食の満足感をアナウンスするジュニア野菜ソムリエ、1級フードアナリスト、調味料マイスター等を含んだ資格を持つ。

自分自身のアンチエイジングフードの実質的には「スパイス」。

古代エジプトより薬という形で使用されたスパイスをこよなく愛する。

気象放送番組ディレクターを経験して、日本中をはじめ世界様々な地域の料理や食文化を自分のものにする。

エスニック、スイーツに的を絞って、多岐にわたる食のインフォメーションをテレビ、雑誌、WEBサイト等のメディアにてアドバイスしています。

なんかよくわからんが何でも屋と言うことでしょうか?

⇒長安良明(カワウソ)の経歴や年収!場所や飼い方と値段(料金)はいかに!【マツコの知らない世界】

伊能すみ子のおススメするエスニックレトルトとは?

伊能さんが放送番組でおススメしているカレーは何はともあれベトナムカレー「フーティユボーコー」ではないでしょうか。

ベトナム南部で何かと取り沙汰されている牛シチュー麺。

フーティユと言われるコシのある細いお米麺と、ベトナムスタンスの牛シチューでいただく麺料理。

昭和44年から発展し継続しているらしく、作っている工場も国内最大級なんだと言えます。 そんなエスニックレトルトは何かといえば「タイカレー」ではないでしょうか。

今年発売されたタイのおつまみ缶って断言する物もあるんです。

これに関してはまだたったの一つになるに違いありませんが、自分自身もコンビニで見かけたことがあると考えます。

明らかに国内のカップラーメンとはかけ離れていて容器のデザインからしてもエスニック調な実情を想像してしまうようです。

唯一、カップラーメンでエスニックをインプレッションしたくなったら管理人別のものを選択します。

伊能すみ子さんが計算するエスニックとは想像以上にかけ離れていると考えます。

エスニックレトルトって今、流行っているんですかね?

全くもって放送前と言う理由から伊能すみ子さんがイチオシのエスニックレトルトが何かは熟知しませんが、ブログでイチオシを載せていたのでそちらをご提案します。

エスニックなカップ麺をよく食べていると噂されています。 伊能すみ子さんの公式ブログでアナウンスされていました。

ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺だと認識してください。

花椒のピリリと尋常でない刺激に左右されて食欲が促進されると書いてありました。

レトルトカレー名店シリーズの「インドカレーカーマ」だと思います。

スパイスの後味が間違いなく残るのでイチオシと書いてありました。

美味しそうですし外観も本格的という側面を持っています。

さほどにも外観にインパクトを受けたので伊能すみ子さんのブログからアナウンスしました。

たかだか一部分だけご紹介したわけですが、マツコの知らない世界ではどんなレトルトの世界をアドバイスしてくれるのかエンターテインメント性ではないでしょうか。

目下レトルト食品の業界もこれまでに対比させてみると想像以上にバラバラになって来ているんですね。

レトルト食品にも関わらず人間の口に入るものなのでまったくもっての妥協をしない業者努力といった考え方が伺えますね。

見えないトライのお陰でユーザー達はどんどん安くて美味しいレトルト食品を食べるというプロセスが実現すると思います。

⇒前田尚毅(サスエ)の経歴や年収と結婚(嫁・子供)!料理や技術!【情熱大陸】

伊能すみ子の年収はいかに!?

伊能さんはフードアナリストという形で行動されていると思われますが フードアナリストの資格を保持している人間でもワークスタイルは幅広いので、 はっきりと年収の金額が出せないのが現在の状態です。

そうだとしても、このフードアナリストの資格を 利用しているというだけで収入が3000円~5000円上向きになるところや 資格手当を出してくれることになります。

独立をしたり フリーランスで行動されている人は 上級を手に入れていると推定されます。

伊能さんも、勿論の事フリーランスと言う理由から 1級をゲットされているのではないでしょうかね。

打診される業務や、 発信するディテールに左右されて 金額は別々のと断言しますが、 伊能さんが ざっくりどのような”ルーチンワーク”をしてくれているか 多角的にみました。

メディア系のお仕事やセミナーなどがいっぱいいるのがベターですね。

やはりメディアのお役回りは割と収入が発生する様で 世間一般のサラリーマンの収入よりは 現実的にオーバーしていると想定されます。

ちょこちょこ海外にいって行動していたりするのも セールスといわれるもののど経費もかかります。

おおよそ、600~700万ほどは稼いでいるんではないか?

スポンサードリンク

伊能すみ子は結婚して旦那や子供はいるのか!?

年齢はインフォーマルとなっているわけですから100%の形で憶測になってしまうのですが、おそらく30代後半~40代程だと断定できますね。

そう考慮すると嫁入りしてお子さんがいても依然不思議ではないと言えます。

が、お役回りといえど世界様々な地域を飛び回っているとファミリーを持つのは困難を極めるかなと断言します。

独身なら仕事場で各家庭を何日も空けるのは大丈夫ですが、旦那さんや子供がいるとさすがにひんしゅくを買ってしまうこともあるそうです。

子供がちょっとしたうちは子供の世話もしっかりしなければいけないので、職場のことからしてやはり伊能すみ子さんは独身なんじゃないかと断言します。

それか想像以上に初期の内に嫁入りをしてお子さんも早めのに作り、養育に手がかからなくなってから今日この頃の業務をスタートしたパーセンテージも高いですね。

旦那さんの賛同があり養育に手がかからなくなってからなら現在のルーチンワークのスタンスでも手堅いでしょう。

どちらにせよ通常の人間なので個人的なことはあまり公に考えられていませんね。

こちらに関してはまたデータが分かりましたら、追記して行きたいと考えます。

伊能すみ子のセミナーはどうか?

話を聞いたり、食べたり、シンガポールに来たような勘違いしてしまうほど、行き届いたセミナーだと言われています。

よくオシャレなタイ料理のカフェレストランなどを使用して行うこともあれば、普通の講演会スタイルで行うこともあるようです。

やはりエスニック料理を得意としている伊能すみ子ですから生春巻やソムタム(青いパパイヤのサラダ)から味わって、ガイヤーン(若鶏のグリル)やトムヤムクン等といった本格タイ料理などのスキルはハンパなく高いものがあります。

すっかり気分はオリエンタル・リゾートとなる人も続出しているんだとか。

セミナーや講演会は不定期に行われるそうですが、最初からチケットなどもソールドアウトするほどの人気があり伊能すみ子さんのエスニックワールドは未だ健在ですな。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする