伊藤圭(山小屋の場所)の経歴や結婚(嫁・妻)は敦子!年収や三俣山荘とは?【情熱大陸】

「情熱大陸」に伊藤圭さんが特集されます。

伊藤圭さんの今現在は、三俣山荘と呼ばれる山小屋の主人(経営者)として活動しています。

伊藤圭さんの経歴やWIKI、プロフィールなどと結婚して嫁や子供はいるのか?

なんでも伊藤圭さんはすでに結婚して嫁(妻)はおられるようです。

嫁さんは敦子さんと言う人で、伊藤圭さんを支えながら一緒に山小屋を経営されていますね。

そんな伊藤圭さんの年収などはいかほどなのか?

今回はそんな伊藤圭さんの様々にいたるところまでピックアップして行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

伊藤圭の経歴やWIKIとプロフィール

本名:伊藤圭(いとう けい)

生まれ:1977年 41歳

出身:東京都

伊藤さんは一体、 なぜ山小屋でのライフスタイルをスタートさせたのかが関心を持っている所ではないでしょうか。

写真だけ拝見すると、 ビックリするぐらい人の好さそうな主人に見えます。

伊藤さんの山歴は、 実は1歳の頃という理由です。

おとうさんが元を正せば山小屋経営をスタートしていたようで 父親に連れられ年を増すごとに山に行っていたそうだ。

物心ついたケースから山 と言われるか 一歳の息子を連れて 標高2500mの山小屋まで出向く父親がスゴイ ですが山登りのキーポイントになる装備は最低限にしていたそうだ。

まだ小さい伊藤圭さんを抱え、ただでさえシリアスな荷物で尋常でないのに、 そこに子供をしょってとか、半端ないです。

どんな方法で実施していたのか関心を持っている所だと想定できます。

そういった年々山に実施していた伊藤さんとは言っても、 都内の高校を卒業した後、 21歳~24歳まで 京都で音楽活動をしていたりなど 山から遠ざかっていたタイミングも 合致したとささやかれています。

が ここ数年は山小屋一筋でやられていると推定されます。

伊藤さんはカメラのキャリアも持っていて 18歳のの時期に経験がない状態でカメラを調達し、 父親からモノクロフィルムの 現像や焼き付けの手ほどきを受けていたそうで 山小屋の管理人に取り掛かってから 山に住んでいる人にだけしか取れない写真なども 撮影していたりしていますね。

最近は、長野県に記念館の見られるのは彼がカメラで撮影した作品なども取り扱っていると言われる。

最近では、標高2550mの地点にある三俣山荘と水晶山屋の二つの山小屋を経営中。

「私と水晶岳とその光」と言われる写真展も開催していると聞きます。

登山の愛好家からは登山ファンの憧れと呼ばれているとか。

その何かと取り沙汰されているチャームポイントを確認してみるとその背景にあります。

景色が魅力があるし、料理も最高で素晴らしい景色を見ながら魅力的な料理を味わいながら見る景色は最高ですね。

これに関しては登山が好きでもない人間でも行く値打ちはありえると思います。

スポンサードリンク

伊藤圭の山小屋「三俣山荘」と山小屋の場所は?

三俣山荘は、北アルプスの奥に位置している 山小屋で標高2550mに存在します。

北アルプスのダントツに奥にある山小屋で登山家の間では恋い焦がれる山小屋と言えるでしょう。

最盛期には、ビックリしますが200人を上回るユーザーが三俣山荘に泊ったとささやかれています!

初代経営者は、伊藤正一さんで「黒部の山賊」の著者という形で話題に上るようになりました。

「黒部の山賊」を読んで三俣山荘へ行きたくなりスタートした人間もおられると噂されています。

渓流をめぐるのにフィットした山小屋という特徴があります。

三俣山荘の付付近は、水が数えきれないほどあって山小屋より先にはゼロ円の水場が存在します。

数多くある人が顔を出す夏までは三俣クリニックが オープンされているので急病や負傷など想定外のケースも不安や心配はいりません。

収容人数は70名で近くにはテント場も存在します。

三俣山荘の名物はサイフォンで入れたコーヒーは別格です。

水も美味しいとのことですし空気も異なるのでそこで淹れたコーヒーの味は高水準である。

もっと言うなら、話題沸騰中のビーフシチューは彼の作るオリジナルで肉と野菜もたっぷりと言う理由から 登山のような体力を消耗するタイプにはピッタリではないか。

料金は1日(朝食・夕食付)で10000円と言えるでしょう。

食堂の食事は、ご飯とお味噌汁はお替り自由でボリュームもたっぷりとは言え 食堂自体が狭い空間と言う理由から混雑時は待たなければいけないことも考えられます。

素泊まりのケースでは、6000円です。

稜線の上回るとこにある山小屋となっていますが、辺り一辺ハイマツが大きくなっており数えきれないほどの 地下水に左右されて1年365日豊富と言えるでしょう。

特別に展望食堂から眺める景色は絶景でエキサイトする事が可能なのです。

ビックリしますが山の景色は何かと言えば空が命です。

⇒西山嘉克(一夫多妻)の妻(嫁)や年収とWIKI!宗教とは?【有吉ダレトク】

伊藤圭の嫁は敦子!?

伊藤圭さんは25歳時点で、 3つ下の敦子さんと結婚。

二人は山で知り合ったと考えられています。

それから、父親から 水晶小屋と三俣山荘の制約を 委任されるようになったといわれています。

近年二人で山小屋を切り盛りしながら 依然幼いお子さん2人と 同時進行で山小屋で暮らしていると聞きます。

伊藤さんの父親が山岳文学ファンの間で知名度のある 『黒部の山賊』の著者・伊藤正一さん。

4つの山小屋を経営されていたんではないかと考えます。 ビックリしますが正一さんは私財を投じて 登山口から山小屋までを繋ぐラインを開拓しました。

本音を言えば、リサーチに7年、フィニッシュに10年 北アルプス最奥部にある黒部の秘境に魅せられ、戦後手っ取り早く山小屋経営に乗り投資した。

パーフェクトになる開拓者ですね。

今日この頃はお亡くなりになられていらっしゃるようですが 87歳までは取材と考えられるものを受けている様子がネットサイトで見つかるので 90歳程までは生きてらっしゃったと想定されます。

かなり強力な人間だったと言われているようです。

スポンサードリンク

 伊藤圭の年収はいかに!?

伊藤圭さんの、お父さんは山岳文学で知名度のある伊藤正一さんと言われる人物ではないでしょうか。

戦後に、雲ノ平のチャームポイントに取り憑かれて数多くある人達にメリットをレクチャーしていき 1962年には、 三俣山荘をフィニッシュさせました。

山に対する本も書いていてそんな中でも「黒部の山賊」が人気が高くなっています。

父親の伊藤正一さんは、割り当てられた資産を山小屋まで24時間以内に着くことが出来る

「伊藤新道」を作成するという理由で一切活用したとささやかれています。

ちょっとしたケースから鍛えられているはずですから空気が薄い社会環境でも平気に相当するといわれています。

注目している収入ですが、伊藤圭さんが経営を公表されている三俣山荘と水晶山屋の 二つの山小屋は、名を馳せている山小屋で手間暇かけて出稼ぎに三俣山荘と水晶山屋に 働きに来る人間もいるらしいので、それなりのサラリーはありえると思います。

シーズンに左右されてユーザーの数は相違してきますが、何はともあれ頂上とほぼ一致した山頂ほど 収入も急騰すると想定されており、 パートの人間の収入で25万ぐらいなので 経営者だと月50万はいっているのではないのではないでしょうか?

年俸は600万程ぐらいではないでしょうか。

しかしながらセールス期間が決まっているはずなので きちんとした年収は期間でかなり左右されるんではないか。

⇒川島良彰(コーヒー)の経歴や評判!妻や店の場所と年収はどうか!【アナザースカイ】

じつは事故っていた!?

伊藤圭さんに関連して対比させてみると事故と言われるワードがありました。

リサーチをかけてみると、伊藤圭さんがヘリの墜落事故にフィットするそうとなっています。

北アルプスの奥地に存在する水晶岳に、小屋を立て直すスキームだった伊藤圭さん。

日に日にオープンが進行する中、建設業者の人間と現地へ向かいました。

移動はヘリで。

下見やまだ雪が残ったポイントで打ち合わせをして帰宅。 その帰路の途中、ヘリが墜落してしまったのです。

機長を含む2人が死亡。伊藤圭さんは助かるものの、骨折と言われる重傷を負い、ご婦人の敦子さんも怪我を負いました。

水晶岳は不安定な天候で強風も当たり前です。

このタイミングで、リスクで小屋を建築実践出来ない!とイメージしてしまいますよね。

実際、建築業者は撤退してしまうのです。

しかしながら、亡くなった人達の為にも小屋をフィニッシュさせると2人は意気込み、違う建築企業の人達と建築を再開。

無事に小屋はフィニッシュ。

最近では、広い範囲にわたる登山客が訪れているはずなのでしょうね。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする