川島良彰(コーヒー)の経歴や評判!妻や店の場所と年収はどうか!【アナザースカイ】

「アナザースカイ」にコーヒーハンターこと、コーヒーのスペシャリストである川島良彰さんが特集されます。

川島良彰さんの今現在の活動や、経歴、評判、結婚して妻(嫁)や子供はいるのか?

はたまた、川島良彰さんが経営する店の場所や年収などの稼ぎについても見ていきたいと思います。

それでは早速。

スポンサードリンク

川島良彰の経歴やプロフィール

静岡県生まれ高校卒業後は、外国などを多数まわり主にエルサルバドルなどのコーヒーの名産地などを巡る。

今現在は、国立コーヒー研究所に入所してコーヒーの研究に明け暮れるライフスタイルである。

サラリーマン時代にはUCC上島珈琲に入社して、コーヒーにかんするスキルや知識を学び多くの外国人からも信頼を得る。

そして自身では2008年にミカフェートと言う店を独立開業する。

普段からコーヒーアドバイザー、日本航空コーヒーディレクターなどを務めるほか、世界中を巡ってコーヒーを探し出し絶滅したとされていたブルボン・ポワントゥを発見、再生させるなど世界のコーヒー産業に貢献進行している。

Grand Cru Cafeグラン クリュ カフェの生みの親でもありワインの世界に倣い、素晴らしい農園から取り敢えず社会環境の十分な畑をチョイスし、特別なファクターの元にのみ促進、収穫、精選されたコーヒーを用いることで、正真正銘の特級豆を作り出現させる。

国内で当たり前んい話題になるのは焙煎のことばかりだが、コーヒーの木の開発から始まって加工にも運搬にも保持にも「まったくもっての妥協を排した自分に合うコーヒー」を到達できるのは、コーヒー一筋に生きてきた川島を除いてなおいないだろう。

グラン クリュ カフェという形で世に送り提示させる川島のコーヒー豆は希少性が高いレベルにありエネルギーかけたものだけに、言うまでも無く割高で、ユーザーもファクターされてしまう。

そうだとしてもこの試み自体がコーヒーのメリットを守り、コーヒー産業の底上げをし、経済状態と人間を守ると言われる大いなる挑戦を伴っているという理由で、グラン クリュ カフェのユーザーは決してそれが高レベルであるものではない、と希望通りのことだろう。

当然のことで元麻布のコーヒーセラーに、葉巻やワインと比較して肝心に保管された豆たちを顧みてもそう思案するに違いない。

その他には何より、その味。セラーの掲載されている場所で、ふくよかに香る一杯を飲んでみれば、実際に納得できるものがどのようにして清々しい余韻を残すかと言われることに思い至る。

焙煎後の活きの良い 豆はまだ生きている。

元々家を継ぐからには産地に実施しコーヒー栽培の習得をしてみたい、とその頃からイメージしていたんです。

6年生において是非とも中南米に行きたくて、ブラジル大使館に「コーヒー農園で仕事したい」と手紙を出すまでのキャパシティが存在する。

留学を反対されてしょうがなく入学したのは地元の名門私立校。とは言ってもそこから国内の大学に進学し、経済環境や経営を理解するというセレクトは彼の中にはつなげられない。

南米の研究所でアクセスしたことと事実上の農園経営はまったくもってギャップがありました。

トータルを俯瞰で見なきゃいけない中で経験がない状態で知ったのが、変わることのない農園でも畑の位置や山の斜面に左右されて花が咲くタイミングも、実が赤くなる順番も異なるということ。

ブルーマウンテン山脈でも北斜面と南斜面だとすればでき方も味も異なることが熟知しました。

そうするためにトライは今でも彼の中に存在する。

スポンサードリンク

川島良彰の評判はいかに?

彼のコーヒーの原点でもあるブルーマウンテンは、ジャマイカの東側にあるブルーマウンテン山脈の限られた地域で栽培されるコーヒー豆ですが、山脈の南側と北側の斜面では、全くもって味がバラバラになってきます。

日や風の当たり方など環境が違うわけである故言うまでも無くなのですが、今、国内で売られているブルーマウンテンに関連して、どちらの畑で採れたものかたずねても、誰も結論できないのではないでしょうか。

彼の店で取り扱っている豆は特殊な畑で採れたものです。農園がある中より、ダントツに早く朝日を浴び、日射量が何よりも長期間浴び続けています。

コーヒーは不本意ながら、収穫年、産地、カテゴリーを間違いなく示して市場に出回っていないので、人並みは「コーヒーはどこをとっても一緒」とイメージしている。何回も言いますが、コーヒーは農産物、果実となります。

ワインと同一で、コーヒーも、同じ畑でも、年度に左右されて味が異なってしまいます。

生豆は、そのままにしてあるとすれば酸化して、時間が経つにつれて風味が落ちます。新米がおいしいのとも同様ではないでしょうか。

である故、トータルの豆に結果年度を付け、新豆の味をそのままキープするために徹底した温度統制をして、空気に触れないようターゲットとしたコーヒーセラーで保管しているそうです。

コーヒーは、植物学的にコーヒーと考えられている中の、何千分の1。

一切番号も控えられて、出国のケースで一部分一つチェックされるようなケースでしたし、かなり厳重に管理されているのもコーヒーがいかに希少価値が高いかの証明でもあろう。

⇒亜樹直のワインや姉の樹林ゆうこ!自宅や伝説のワインが149万円!【マツコの知らない世界】

川島良彰の今現在の活動は?

2008年独立し、株式会社ミカフェートを設立。 様々なプロジェクトを遂行し、成功させました。

その後、UCCを勇退し会社員という身分での安定を求めず、オリジナルの夢に向かって新鮮な一歩を踏み出した。

プロジェクトをうまく運んで世に出して、あるスケール評価をいただいたと言われる達成感が得られたこと。

あともう一つは、今ミカフェートで実施されていることをやりたくて社内でプレゼンしたけど一切わかってもらえなかった事なんです。

そんな意味からも2代目の社長は2人でやろうって言ってくれたんですが、これ以上僕をかばってもらうのは申し訳ないんで、これから先リスクを背負って自分自身でやろうと思ったんではないでしょうか。

そもそもサラリーマンを辞める決め手となったのは2代目は気も合ったんですよね。

初代の上島さんは事業家という形でコーヒーに夢とロマンを持っていた人で、当時、僕は全くもって農園開発を経験したことが結びつかないから希望されても困りますって言っても、「お前を信じるから好きなようにやってくれ」って力説するような人でした。

というのとは反対に、2代目は文化人としての夢とロマンが存在する人だった。そういう理由で、 モダンなコーヒーの文化を作りたかったので、迷いはひとつとしてなかったんだと思います。

ただ彼はサラリーマンの役員でサラリーがビックリするぐらい良かったので、独立したケースになると近隣のあちこちに「ご婦人はよく辞めさせてくれたね」って言われたそうだ。

彼の哲学には、後悔するよりも納得できるチャレンジをしたと思えるようにしているんではないでしょうか。

「納得できるトライをさせてもらったし、次の手は共通する失敗を繰り返さないようにしよう」って思えば、個々に下に向かうことはない。加えてむしろ諦めないことではないでしょうか。

安定したサラリーマンを捨ててまで彼がこだわったコーヒーの哲学には凄いとしか言いようがない。

スポンサードリンク

川島良彰は結婚して妻(嫁)や子供はいるのか?

彼が結婚して妻や子供はいるのかが気になります。

情報筋では結婚されて妻もいるそうです。

静岡の田舎から出て行ったのは18歳のケース、70年代でまだ日本中が貧しかった頃ではないでしょうか。

コーヒーハンターと言われる言葉には、ジャングルの奥地を分け入って希少な生物を調査し出す学者と一緒の響きが存在するが、川島のコーヒーハンティングは興味を裏切らないものだ。

過去にエチオピア正教の修道士たちが植えたと言われるコーヒーを調査しに実施したことも存在する。

想像以上に泡立ちが魅力的で、エスプレッソに合っていると囁かれていた。「現地の人達は日に数え切れないほど、そのコーヒーを愛用していた。

今は低価格商品のレースをマスコミが騒いでいるけれど、その事情を作るのに、堅実に誰かが泣いているわけだ。

安く売らなければ、安く仕入れなければ、と言われるのは必ずマーケット的にも飽和する。

コーヒーにもそれと同じ様な課題が合って、国際マーケットが上がったと考えても専門業者やスーパーは仕入れ値は確実に上げない。

喫茶店だって1kg10円上昇させるのには尋常じゃないことになると言わざるを得ません。

であっても、そのような世界が続いて言ったら、理想的なものはやればやるだけ存在しなくなるし、納得できるものを作ろうとしている人は生き残れなくなってしまう。

今まで誰も体現化できなかった、ワインと比較して奥深いコーヒーの世界。

明けても暮れてもプロフェショナルなものを飲むための、または特別な日にライフスタイルを彩るための、それと同じ様なふうに楽しめるコーヒーが存在してもベターです。

このような経験や体験をされてきている人は数すくないはずなので、妻や子供は相当彼の理解者で他ならない。

スポンサードリンク

川島良彰の年収はどうか!?は次のページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする