シンシアリッグズとハワードアドベリーの今現在や暗号手紙と子供は?【アンビリバボー】

「アンビリバボー」にシンシアリッグスとハワードアドベリーさんが特集されます。

シンシアリッグスとハワードアドベリーさんの今現在や暗号の手紙と子供などはどうなのか?

また2人の馴れ初めや経緯、暗号化された謎の手紙とはなんなのか?

と言うことにピックアップして行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

シンシアリッグスとハワードアドベリーの馴れ初めや経緯は?

名前:ハワード・アドベリー

出身:アメリカ

生まれ:1921年

年齢:97歳

職業:公衆衛生歯科医師

アメリカカリフォルニアで公衆衛生歯科ドクター という形で実践してきた彼。

彼女と一緒になる前は、一度結婚しています。

つまりバツイチですかね。

名前:シンシア・リッグス

生まれ: 1931年6月15日 (87歳)

出身地: アメリカ

職業:地質学者・ミステリー作家

学歴:アンティオーク・カレッジ

シンシアリッグズさんはミステリー作家でだと言う。

シンシア・リッグズはビックリしますが82歳で92歳のハワード・アテブリーさんと嫁入りするのです。

これにはシンプルには語れない、長い長いラブ講話が合致したのです。

シンシアさんが当時18歳のケース、ハワードさんは28歳の時でした。

2人は地質学の追及の仕分けタスクをしていて、当時シンシアさんはタオルにお役回りの不平や自分自身に気合いを入れるために暗号文を書いていました。

同僚だったハワードはその暗号文の解読キャパシティーを持っていたという理由で、暗号文でコミュニケーションを交わしていました。

シンシアさんは、 スキルの高い学歴が存在して地質学者という形で アメリカ石油協会に労働され 海洋リサーチに長年従事されていました。

その後は実家が民宿を営んでいたので お手伝いをされてます。

その後、母が他界し、 もっと言うならショックを受け 何も手が繋がらないシーンで 民宿のユーザーに進められるまま 大学に入学し直し 文学をまなび 2年後に作家という形で 奮闘されてます。

嫁入りもされており お子さんもいました。

とは言っても夫とは気が合わないのでその後25年間のブライダル生活を 終えその後離婚されています。

暗号化のコミュニケーションで仲が良かったハワードアドベリーとは だんだんと仲良くなり いつしか二人で暗号を活用することで 手紙のやりとり をするようになりました。

それから、4か月と言われている短い期間に関しての 関係 だったと言われているようです。

スポンサードリンク

そもそもシンシアリッグスとハワードアドベリーとの馴れ初めは?

2人の出逢いは1950年にさかのぼる。

地質学の研究室で生物の仕分けをするタスクを共にしていたハワードさんとシンシアさんは、共に手間暇を経験することで恋に落ちていきました。

そうだとしても、その時に2人の恋はハッピーエンドにはなりませんでした。

現在で力説する職場恋愛であるからしたが、当時シンシアさんは18歳で、とっくに恋人がいて、反面、ハワードさんは10歳も年上の28歳。

これに関しては、あくまで憶測となっていますが18歳のシンシアさんを現実の恋人から奪いとると主張されているものは、昔から大人で合致した28歳のハワードさんには、できなかったのかもしれないですね。

その事情を憶測してしまうエピソードという形で残っているという考え方が、ハワードさんとシンシアさんが開始していた差し替えメッセージではないでしょうか。

当時、同一の働き場所に籍を置いていた2人は暗号でメッセージを書いて取り換えしていたと囁かれています。

職場恋愛を近隣に気付かれないのと同様にでもしていたのでしょうか。

今で言うとかなり非現実的で緊張感ある関係だと思いますが、その非現実的にハマっていくことも理解できます。

この年齢差である故、大胆に略奪愛と言われることは業務的にも控えていたことも考えられますね。

ハワードさんと、シンシアさんはその後、個別に嫁入り相手をみつけて子供まで授かりましたが、お互いに離婚もされました。

それと同じ様なある日、ハワードさんは過去のひと夏の恋が忘れられずに、シンシアさんへと暗号で書かれたメッセージを送りました。

62年後に受け取ったメッセージに関しては、最初は驚きと緊張を隠しきれなかったシンシアさんでしたが、知人たちから「素晴らしい話じゃない!」と言われている言葉に背中を押され、ハワードさんに手紙を書くようになりました。

その後2人の関係は継続して頑張っていき彼から一通の手紙の中のメッセージが「あなたを愛さない日はなかった」と書かれていたそうですね。

ヤバいですね。

⇒上田里美(爪切り看護師)の今現在や結婚(旦那・子供)!なぜ無罪になったのか!?【アンビリバボー】

暗号化された手紙の中身とはなに?

お互いに別個のファミリーを持って結婚し、子供もいました。

そうだとしてもおのおの離婚してその後連絡を交わすかのごとくになったと言われています。

キーポイントは62年後に届いた1通の手紙。

そこにはシンシアさんしか理解することが出来ない暗号で「あなたを愛さない日はなかった」と書かれていました。

二人のやりとりは 暗号を書いてやりとりをされていたとささやかれています。

その暗号は、 シンシアさんが軍隊で対応した父親から 教わった暗号を活用したと噂されています。

ハワードさんは、 その暗号を解くアビリティーが合致したとささやかれています。

手紙のディテールには、 不満足や 自分自身を奮い立たせる言葉を 書いていたと考えられています。

周囲からのレコメンドもあり、二人は合うスキームを立てました。 とは言ってもシンシアさんは「年老いた自分自身を見た己を見たら彼はがっかりするだろう」とリスクになったといわれています。

その部分に対してはハワードさんは「言うに及ばずあの頃のシンシアを認識しています。

とは言え今ここにいる彼女こそが私の愛するシンシアになります」と手紙に書きました。

とても優しくてハンパない人です。

その他には、このケースで ハワードさんは シンシアさんに好意をもってました。

とは言っても、シンシアさんには 彼氏が居たため それを上回るサクセスは存在しませんでした。

その後もシンシアさんは、 ハワードさんの住所を見つけ出し それから、返信したわけです。

そこから、再び関係が誕生したのです。

文通を体験していると 7回に分けて植物の種が届けられてきたとささやかれています。

その後、厳密に会う約束をした2人は再会を果たしました。

ビックリしますが再会してから数日後に彼は彼女にプロポーズしたのです。

目下のところ幸せに過ごされているんだとか。

ハワードさんはこの出来事に関してはこう結論しています。

「私達には限られたタイミングだけだと言っても過言ではありません。遥か先のことを考慮するのは現実的ではないと気づきました」 と語り残りの人生を2人でゆっくり過ごして行くだと思います。

スポンサードリンク

シンシアリッグスとハワードアドベリーの今現在や子供はどうか!?

ここ数年はシンシアさんの出身地なのだというマサチューセッツ州の観光名所、「マーサのぶどう園」と評される島に二人で住み、失われたタイミングを夫婦で取り戻すべく過ごしてくれている。

2人の間に子供は存在するのか?と言うことだがバツイチ同士なので2人の間に子供のインフォメーションはないと言える。

したがって、今現在の情報では2人の間に子供はいないのではないか?

マーサのぶどう園とは ボストン近隣の海に浮かぶその島は、イメージしてたより絶え間なくでっかい島でした。

存在するおばあさんが、子供や子供のファミリーが遊びに来られるのと同様にとこの島に住処を立てたそうですね。

島はイメージしていたより何倍も格段に、すばらしく、住む者、顔を出す者をとりこにするぐらい価値があります。

その後2人はハワードさんがシンシアさんの出身地なのだという「マーサのぶどう園」に移り住み、めでたく式を挙げた。

嫁入り後、二人はハネムーンという形で結婚旅行としてアメリカ横断や観光地を訪れる旅に出る。

その後も二人の愛情溢れる暮らしはあるいは、幸せに時間が経つにつれて過ごしているみたいです。

人と人との繋がりも従来と照らし合わせると希薄になりつつ存在する現代社会ではありますが、愛する人を想い継続していくことが出来るのはハワードさんとシンシアさんオンリーではないはずだ。

この様な2人の様なロマネストでミステリアスな関係はとても魅力的である。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする