セブンルール

永松真依(かつお食堂)の経歴や年収と店の場所!結婚(旦那・子供)は?【セブンルール】

更新日:

「セブンルール」に永松真依さんが特集されます。

 

永松真依さんの今現在や経歴WIKIは「かつお食堂」と言う店を経営されていて、年収や店の場所、自慢のメニューなども気になる。

 

永松真依さんは美人でかわいいので、結婚されて旦那(夫)や子供もいるのか?と言うことも気になります。

 

そんな永松真依さんの、今現在の活躍や店の場所などをピックアップして行きたいと思います。

 

では早速。

スポンサードリンク

永松真依の経歴WIKIや今現在

本名:永松真依
年齢:31歳
経歴:受付嬢、美容部員

かつお節のスペシャリストとして「かつおちゃん」と呼ばれている永松真依さん。

 

これだけでもかつおに対する愛をイメージしてしまうのです。

 

かつおと永松さんの出会いは20代の頃。 昼間は受付のルーチンワーク、夜は六本木などにおいてクラブ通いと言われるいわばイケイケな日常生活を送っていたとささやかれています。

 

家にもろくに帰らない派手なライフスタイルを不安したお母さんの勧めで、福岡の田舎に住む祖母を訪ねたといわれています。

 

そのことがポイントで彼女のライフスタイルは激変したそうだ。

 

かつお節を削るおばあちゃんの後ろ身なりを見た永松さん。

 

かつお節を削る状態の美しさに感動したことがかつお節愛に目覚めた足掛かりになったと聞きました。

 

ライフスタイルっていつどこで重要ポイントがやってくるのか把握していないですね。

 

であってもそのキーポイントが、祖母の外観って素晴らしいなと感じ入りました。

 

加えての永松さんは かつおに目覚めたのがきっかけで休日があるとすればいろんな地域の漁港を歩き、国内のかつお節工場へ実施したり。

 

かつおを釣ったり、イチからかつおをさばいて、かつお節を作り出したというようなケースも。

 

そういった永松さんのモットーは ”削り置きは確実にせず、ユーザーが食べる直前にかつお節を削る主旨。

 

削りたてのかつお節のおいしさを、一段と多方面にわたる人間に承諾してほしいと言われる想いを持たれていると考えられています。

 

ショップで出されているかつお節は、永松さん自分自身の国内のかつお節工場を回って仕入れしたもので月替わりでアレンジされていると聞きました。

 

想像を越えたバリエーションのかつお節を味わいに1ヶ月に通いたくなってしまうのです。

 

今から過去に遡りますが、 当時25歳だった彼女は、クラブやパーティー通いに明け暮れる四六時中。

 

ルーチンワークは受付嬢。他には、美容部員やミスコン出場をチャレンジするなど華やかに生きていました。

 

家にもろくに帰らない派手なライフスタイルを疑念した母親のの勧めで、田舎に帰った。

 

これが生活様式の重要ポイントになろうとは、把握する由も存在しませんでした。

 

始めたころは、ヒールでカツオ節工場を見学していたそうで全く本気度はなかったと言う。

 

かつお節に、職人さんらに触れる度に、自分自身を注意して眺めて、スタンスを学ばせてもらっていると推定されます。

 

今後は自分の人生を人のためとか人に感動を与えることに歩むことを決めたとか。

 

さまざま試した実績で、カツオ節は食べ物と言う理由から『食べて美味しい』ことを一口に伝えたい、そういった想いでかつお食堂をオープンしたそうだ。

スポンサードリンク

永松真依のかつお食堂の場所やメニューはどうなの?

まず店の場所はこちら。

東京都渋谷区渋谷1-6-4The Neat青山 1F

営業時間:毎週水・木・金  8:00~14:00:平日3日限定の営業となっているそうだ。

 

かつお食堂のメニューはシンプルに2種類のカテゴリーだ。

・かつお食堂ごはん
・削りたてのかつおぶしごはん
・具だくさんの旬のお味噌汁
・お出汁たっぷりたまごやき
・手づくりぬか漬け

 

・かつおめしごはん
・削りたてのかつおぶしごはん
・具だくさんの旬のお味噌汁
・手づくりぬか漬け

 

削りたてのかつお節を経験することが さほど見つけられないので、 削りたてのかつお節がのったごはんが どれほどのものなのか?

 

東京に行ったケースでは、実践してみたいショップだと断言できます。

 

永松さんとのかつおトークもエンターテインメント性があり楽しみたいですね。

 

かつおへの愛が十分に備わったかつお食堂店主だが、 そもそもなんでカツオのタタキは「たたき」なんでしょうね?

 

まずは鰹にタレを馴染ませるケースで、手を皿代わりにしてタレを入れ、指の隙間から滴り下降するタレを叩くようにしていた。

 

その他の情報では仕込みの塩をするケースで叩いたり、焼いたあとに薬味をまぶして叩いていたから むしろなにかと「叩いて」いたと噂されていますね。

 

彼女はバイトをしながら多種多様なエリアに出向していたんですけど、せっかくならむしろ何かで発信をしなければならないな、とイメージしてSNSでの発信を気にかけるようになりました。

 

鰹節削りと言われるパフォーマンスどころか、食を楽しんでもらう。

 

楽しんで食べられる空間をアピールするために、フードコーディネーター等の資格もゲットして、それ以外は和食は何かといえば京都だろう、と言う理由で京都の和食屋さんで働いたりもしました。

 

発信を気の時期にいたら、あるケースで友達に購入したいと声をかけられました。

 

その他は、鰹節削りを実際的に見るタイミングも見つけることができないと言う理由で、一歩一歩ワークショップやイベントなんかにも声をかけて頂けるようになって。

 

それと同じ様なケースになるとシンプルに、一番出汁、二番出汁、三番出汁のアレンジを楽しんでもらって、最後はふりかけにしたりと。

 

鰹節を最後まで使い切ることを楽しんでもらおうと感じ入りましたねと語る。

スポンサードリンク

永松真依は結婚して旦那や子供はいるのか?

まず彼女の昔を見て欲しい。

マジかっ!!

 

めちゃくちゃ最高ではないか!

 

元々、好きなことをしているケースって間違いなく幸せじゃないと言えます。

 

幾つになっても、楽しいって降ってくるものだと思えるんです。

 

そういう理由で、年を重ねることが幸せなので仕方ないとも語る。

 

そういう理由でもっと簡単でいい。

 

そうやって、これまで以上に近隣を幸せにしたいと思っていますと語っている。

 

今現在はお役回りも忙しいし、カツオにかける情熱は並大抵のものではないと思うので結婚してゆっくり家事や育児に没頭する人ではないだろう。

 

彼女は自分自身、素敵な女性に会えているなと感じることが思っている以上にたくさんいるのです。

 

けど、それよりも人に委ねてばかりはいけないなと予想するので、強靭な気持ちを持つ、とか余裕の出ている人を目標にしたいなと断言しますね。

 

恋愛も、どっちかだけに比重がかかりすぎてはいけない。広い視野や共感心を持って取り組んで行きたいと語る。

 

軸の深い女性こそ、幸福を自分自身で生み出せると考えられます。

 

彼女は女性なので、何としても女性に特化したものが発信がメインとしてなってしまうのです。

 

しかしながらだからいいと思うんです。女の人としての本質を最大限に引き出して、一口に、幸せに日常生活をエンターテインメント性にしたい。

 

そうするためには、それよりも食は大切だと考えています。

 

楽しんで食べられる空間をアピールするために、フードコーディネーター等の資格も手に入れて、それ以外は和食は何かと言えば京都だろう、と言う理由で京都の和食屋さんで働いたりもしました。

 

なので彼女は自分の夢に向かって着々と前進しているものとみていいだろう。

スポンサードリンク

永松真依の年収はどうか!?

まずオーナーシェフや個人飲食店経営者の平均サラリーは600万円前後になっていて、これに関しては世帯平均所得や全給与所得平均収入と同様に高水準であるデータとなります。

もっと言うなら、店舗経営者の所帯平均は940万円と、みなさんの世帯平均の額と比較して、2倍近く多いということだと考えます。

 

そうだとしても、これが赤字店オーナーであると、平均年収は黒字店オーナーの半分以下、300万円と言われるインパクトに。

 

「年収250万台もザラ」とも公表されています。

 

では、どうしたら平均収入を増やすことができるのか。客単価が高ければ、平均コミッションも増え、が理由で儲かるのでしょうか?

 

「売上=席数×回転数×客単価」となるので、回転数は客単価の低い喫茶店やラーメン店では、1日10回以上回転実施することもほとんどではないでしょうか。

 

それとは逆に高級料亭といった店舗では1回転とい方法も結構あります。

 

わかりやすく説明すると、是非とも客単価が高レベルの飲食店ほどギャランティが優秀であるというわけではないと考えられるのです。

 

しかしながら、客単価を上げることは売り上げを増やすことに結びつくことは本当の姿です。

 

客単価を上昇させるには失敗の可能性があり、競合との価格差など、気楽な気持ちで値段を上昇させるだけではユーザーの不服に繋がってしまうからだと考えられます。

 

客数が減ればもちろん、売上も減ってしまうのです。

 

間違いのないようにスキームを立てて敢行することが大切です。

 

彼女の店のウリは、削りたての魅了されるピンク色のかつお節が、熱々のご飯の上で楽しそうに踊り、口の中に丁重な甘みと香りが広がる。

 

タイミングを感じられるお野菜とでっかい油揚げも食べ応えがあり、少しだけきび砂糖が入ったふわふわの卵焼きは高だかと甘い。

 

かつお舎のネットサイトでもリリースされている、「最幸の削り器」と鰹節 店内にはかつお節に関連した絵本やDVD、資料が置かれており、一段と深くかつお節のキャリアやチャームポイントを修得できる空間となって存在する。

 

出汁には土台となる引き方はあるものの、不可欠の帰着点はないんです。

 

人おのおの好みもバラバラになってきますしね。

 

やりやすさをポイントにするのか、香りをポイントにするのか、酸味をポイントにするのか、濃さをポイントにするのか。セレクト肢は数多くあります。

 

そのときどきで引き方をかえても醍醐味のあるものができますとも語る。

 

今後もますます彼女の魔法が炸裂する作品ができてくるだろう。

 

活躍に期待です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-セブンルール
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.