【激レアさん】ビルリオングレローの和菓子や年収と店の場所!嫁や子供は?

今回は「激レアさん」に出演するビルリオングレローさんの和菓子(みかん大福)や年収とお店の場所などについて見ていきたいと思います。

ビルリオングレローさんの今現在や、嫁子供と「まるごとみかん大福」と言う商品を販売して大ヒットを記録しています。

ビルリオングレローさんは愛媛県で自分の店をまかされているそうですが、いったい年収や店をピックアップして行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

ビルリオングレローの今現在や経歴とプロフィール

名前:ビルリオングレロー

生まれ:1960年

年齢:58歳

出身:グアム

職業:和菓子職人

愛媛県・今治市で60年も重なる、歴史のある店和菓子店「清光堂」

そこの二代目を任されているのが、グアム出身のビル・リオングレローさん。

外国人が和菓子職人なんていう風にと考えますが過去に至る経緯がスゴイ人でここ数年に関することまでのキーポイントは「ファミリー愛」 観光でグアムを訪れていた智恵さんのひとめ惚れでふたりは1989年にブライダル。

ビルさんは救急救命士、妻・智恵さんは学校の教員として幸せに暮らしていたと考えられています。

幸せな暮らしを過ごしていたファミリーに国内から、清光堂で店主を推し進めていた智恵さんの父が倒れたとの連絡が入る。

このままでは『清光堂』が潰れてしまうと残念がっていた父。

その時に応援をしてくれたお義父さんに恩返しがしたいと考えると ここで家族みんなで日本へ移住。

幸いにも父は回復し、そのまま弟子入りしたビルさん、 日本語もほぼ演説できないビルさんの努力は単純ではなかった。

訓練して3年、どうにか妻のサポート体制の元に店舗を任せられるようになり、 さらなる清光堂の達成ゆえに、スタイルを凝らしてできたのが 愛媛名物「まるごとみかん大福」ではないでしょうか。

ここ数年は、24時間体制で1000個以上も売れる大ヒット商品になった。

愛媛は何かと言えば「みかん」そのような愛媛みかんをまるごと一個をモッチモチの求肥、白あんで包んだ大福。断面から一目瞭然で約9割がみかんを占めるこの和菓子は、常温、冷凍で2ジャンルのカテゴリーが楽しめる。

製造工程のことなどとても熟知しやすく描かれて見受けられる。

解説を傾聴すると、まるごとみかん大福には愛媛県のフレッシュなみかんが丸ごと入っており、この製造メソッドは、分かり易いようでいて、担当直入に申し上げるとビックリするほどデリケートに相当する。

24時間に平均で700~800個、多ければ多いほどには1000個を上回るみかんの皮を手のプロセスでむいて、内袋の表面に付いてるスジを取っている。

そのスジを取るときも「機械や薬品をいっさい実践しません」と断言するのはビル・リオン・グレローさんではないでしょうか。

元を正せばグアムで暮らしていたアメリカ人だっただけども、いまは清光堂の創業者・益田光俊さんのお嬢様なのだという智恵さんの娘婿で、清光堂の工場長を就労しておられる。

何と言いましても、どういう理由でグアムの外国人がとよく地元の人からも言われるらしい。

50年ものキャリアある古くから営業している店の和菓子店を潰すわけには行かないと、ピルさんはグアムを離れ、和菓子のことなどまったくもって知らなかったとはいえ、愛媛で和菓子構図の猛特訓をチャレンジする。

その成果あって、いまでは先代の後を継いで二代目となり、ご婦人の智恵さんと同時にこの清光堂を切り盛りしてくれている。

スポンサードリンク

ビルリオングレローの年収はどうか!?

和菓子職人自体の平均収入は300~400万と考えられています。

ビルさんのケースでは、ここ数年役職は工場長と言われることと言う理由で恐らく一緒の職人でも給料は平均より少し十分の400~500万円くらかと推定するのです。

しかしながら、清光堂はファミリーで経営されているので、輪をかけて多いかも知れません。

ビルさんは外国人の和菓子職人といったこともあり、メディアに対する出演、インタビューなども広い範囲にわたってあるそうであり、それと同じ様なところからもコミッションと見なされて利益をあげられる事も存在します。

ちなみに、グアムでは救急救命士をやられていたとささやかれていますが国内の救急救命士の平均年俸は500~600万円と言う理由から、国内で救命士のルーチンワークをしていても十分に景気にも左右されないギャランティは得られたではないでしょうか。

何はともあれビルさんが、外国人といったこともあり重さの単位が「オンス」だったことに対し、和菓子は「匁(もんめ)」と言う理由で、計算し直しの生活で先代が力説する「このくらい」と言われる分量が気付くまで5年もかかったと聞きました。

いよいよ掴んだセンスと妻のサポート体制を受けどんどん邁進しつずける中 もともとイチゴ・栗・梅の大福を製造していた清光堂。 新メニューという形で誕生したのが愛媛の特産みかんをまるごと一個包んでしまえと言われる本音を言えばも外国人らしい発想から開発されたのがまるごとみかん大福。

みかんのサイズ、あんこの甘さとのバランスに探究して、味が定着するまでに3年もかかったと考えられています。

これには妻のバックアップなしではとてもなしつなげられないとビルさんは言っていました。

先代夫婦に何度も何度も試食してもらい正確無比な計算、製造の生活だったと考えられています。

高だか包めばいいってもんじゃないと言えますもんね。

それにもかかわらず重さの単位もギャップ、白あんより先にあんこ自体もさほど熟知していない外国人が生み出したこの商品は今やビルさんの結晶です。

近年周辺各地の農園のアライアンスを得て、他の果物の組み立てのジャンルも展開させ、「一福百果」と言われる和菓子ブランドを確立していると考えられます。

どこを選んでも、水分が多い物を利用しているので冷凍・半解凍2タイプの味わいが楽しめると言われます。

⇒渡部美佳(いちご店)のwikiや経歴と年収!結婚や旦那(夫)子供は?【セブンルール】

ビルリオングレローの嫁や子供はどうなの?

チェックしてみるとビルさんファミリーは4人ファミリーで 妻の智恵さんは清光堂の現オーナーとなっており、経営を見ながら日本中のデパートなどにおいてのイベント等もこなしているとのことです。

息子の寛規さんはここ数年は製菓学校に通いながら、清光堂三代目なのだというべく修行中だろうと感じます。

娘の寛恵さんはこれ以外の企業に登用しているがレジのヘルプもチャレンジする。

ちなみに名誉親方なのだという先代の光俊さんは今でも店に顔を出すことができている。

ファミリーぐるみで清光堂を運営されていると思われます。

スポンサードリンク

ビルリオングレローのお店「福百果・清光堂」の場所はどこ?次のページへ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする