狂言誘拐事件のデニースハスキンズとアーロンクインの真相や身代金がヤバすぎる!【土曜プレミアム】

「土曜プレミアム」にアメリカで起こった狂言誘拐事件のデニースハスキンズとアーロンクインの真相や身代金の事について見ていきたいと思います。

アメリカで起こったこの狂言誘拐事件の事の発端は、デニースハスキンズとアーロンクインと言う2人の若者のカップルから起こった事件とも言えよう。

2018年アメリカでの裁判結果が全米を揺るがした。

250万ドル(おおよそ3億円)の被害賠償金を原告に交付すること。

巨額の賠償金を勝ち取ったのは、デニース・ハスキンズとアーロン・クイン。

3年前、全米から不信感の目を向けられた狂言誘拐紛争、判決から2週間後に、国内のメディアという形では何とか2人のインタビューに成功したと言われています。

警察の思い込みによるPRに流され、冤罪を相手に渦の中で混乱していた大衆。

前代未聞の冤罪被害者となったこの2人に何があったのかを見ていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

マシューマラーとは何者?

年齢:43歳

在住:アメリカ

職業:元海兵隊/元弁護士

学歴:ポモナカレッジ/ハーバード大学院

小中高共に性格はまじめの成績は優秀で学校を出た後 海兵隊へ入隊したらプログラマーの組み立てを自分のものにするくらいの高レベルのITテクニックを熟知し大学卒業した後には 弁護士となり全米法曹協会からは 「ITスキルに完ぺきな弁護士」 という形で表彰されたがその後人間関係や 社会が嫌になり人格崩壊から報復狙いで事件を犯してしまった。

そもそも狂言誘拐事件とはなに?

2013年にかけて被害者で恋人夫婦だっ たデニース・ハスキンズとアロン・クインの 家庭で発生し 映画 「ゴーン・ガール」の リアル版 主人公と言っても 話題を集めた。

被害者を装った 妻が 自作自演から 金銭をもくろみ夫が 犯人と なってしまう “狂言誘拐事件”で 後に 世間からとんでもないブーイングの嵐となった 冤罪事件で その始まりは 警察が駆け付ける 11時間前だ。

同棲のライフスタイル中の デニースとアロンの 2人は寝ていてその 直後に 現場から 約数十キロほど 離れた 異なる女の人が住む 住宅へ侵入し 誘拐をもくろみで 連れ去ろうとするも上手くいかなくあえなく失敗におわる。

その後、 別の男がスタンガンなどを駆使して2人の寝ている合間に誘拐をコウジ立てて、意識がない アーロンの姿を チェック後 デニースを誘拐し その後 何の罪もない 被害者の1人である アーロンが 警察へ 「恋人が誘拐された」と 通報。

警察は現場認証するも 犯行手口が 大きく正確な 証拠隠滅や 捜査ミスとなった携帯電話が残されていた 事から事件発生から通報まで11時間と不自然な問題点も出てきた。

警察はその後の調べで、捜査線上には2人に怪しい疑いがもたれると事情聴取を受け 警察は 一切動かず そのポイントとして 予約投稿機能を 活用したパーセンテージが 高いとみて 捜査中だったが実は 自宅から 約650kmも離れた 実家で デニースが 何らかの 強力な手がかりから 発見され そのケースで 己の口からは 「ケガはなく医療施設へは行かない 犯人の顔はチェックしていない」と語る。

その時 ずっと前から 捜査当局は 不審な言動や 行為に気づき それに加えて 身代金を払わず 解放されたり 被害者だとしたら 保護狙いで 転送用の移動手段に出るはずが拒否し またも 失踪みたいな 動きを 起こした という理由だ。

で その後 市警は 緊急会見で 「この先2人は事件の被害者 目撃者という形で扱いません 2人の主張は証明出来ない これが捜査の帰着点です 。捜査が的外れなものだったと思い描いて下さい 途方もないマイナスです」と語った。

間違いなく 「狂言誘拐」と 断定されると メディアを通じ 世間から知らぬ間に SNSで 「狂言誘拐」 と言われるタグ まで作られると誹謗中傷の 口コミで 四六時中 自由を奪われると 最後には 将来的に 外出すれば 事件に巻き込まれる。

その危険性から 引きこもりになり就業場所の クリニックから クビを言われては 住居を売却 その上 身分証明書となる 預金通帳やカード までも 警察による 捜査から 差し押さえられる ライフスタイルとなる。

ただその後の現在は アリゾナ州の 連邦刑務所で ライフスタイルを送り 代わっての 逆転無罪の 被害者 となった デニースとアーロンは 18年に 市と市警の広報官と捜査官に対し 賠償請求の 裁判を起こし その内 市に対し 3億円の 支払いが下され 2人はここへ来て 以前より 第二のライフスタイルを 開始。

今現在は コンサルテーションを 受けながら 理学療法士の業務に 再び就職する ことができたといい 結婚式を 挙げたまでになったと言われています。

スポンサードリンク

身代金はたった180万だった!?

「恋人が誘拐された」と訴求するアーロンだが、その話に寄ると警察は彼への疑いを深めていく。

まったくもってサスペンス映画と一緒の手の込んだ犯行の反面、アーロンの傍らには自分自身の携帯電話が残されていた。

どういう理由で事件発生から通報に至るまで11時間もかかったのか。

約180万円と考えられる身代金は誘拐事件という形では安すぎる。

犯人は根本的に結束バンドの切断を行うためのハサミを渡していた。アーロンは当日の朝、2人が就業場所のクリニックを休むと電話を行っている。

捜査官たちは当初から「アーロンがデニースをほおむり死体を遺棄した狂言誘拐」と確かめてみていた。

警察に関しての事情聴取は、本当のところは「容疑者の取り調べ」だった。

既に囚人服を着せられたアーロンは、食事や水分補給もロクに提供される事なく拷問が長々と続いたそうです。

⇒エリザベススマートの今現在や子供!犯人ブライアンがエグい!【土曜プレミアム】

犯人からのメッセージが生生しい

デニース誘拐の翌日、地元の新聞社で事件取材を担当している記者のもとに1通のEメールアドレスが届く。

差出人のアドレスは、アーロン・クイン。そのメルアドには「明日、彼女を解放する」と言われるメッセージと同時に他のメッセージも残されていたと語る。

その中には、

「私の名前はデニース・ハスキンズです。私は誘拐されていますが元気です。きょうアルプスで飛行機事故があり、158人が亡くなりました」

この肉声がデニースが生きている証だった。

しかしながら、急きょ誘拐された被害者にしては落ち着きはらったデニースの声に、記者は、絶大なる違和感を認識したと言われる。

その後も自分が真犯人だと証明するデニース誘拐時に活用した凶器など数個の証拠写真を交えてメールを送りつけた。

とは言っても、警察の捜査は何も変化を要することはない。

警察は、アーロンがタイミング設定機能を使いメルアドを送信したと断定。

その後、誘拐されたデニースが姿を現しそこは連れ去られた現場から数百kmも遠く離れた場所。デニースの実家だった。

「損傷はなく医療施設へは行かない」「犯人の顔はチェックしていない」身代金は支払っていないのに解放されたデニースだが、何かを隠してくれているような行動に捜査当局は不審を抱く。

その他にはFBIが整えた移送用の飛行機にデニースは搭乗を拒否。

その後なぜか失踪し、 この事件は2人の自作自演による「狂言誘拐」と改めて捜査当局が発表しています。

何とも前代未聞の事件です。

日本では考えられない事件ですが、今後日本でも起こらないとも言い切れないので今後の参考になる事件かもしれない。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする