エリザベススマートの今現在や子供!犯人ブライアンがエグい!【土曜プレミアム】

「土曜プレミアム」にエリザベススマート誘拐事件の犯人ブライアンミッチェルなどが特集されます。

エリザベススマート誘拐事件で誘拐された張本人でもあるエリザベススマートさんの今現在や子供などを見ていきたいと思います。

エリザベススマートさんの今現在は子供を出身妊娠され、すでに結婚されていて旦那と幸せなライフスタイルを築いているようだと思います。

しかし、エリザベススマートさんの過去には永久に忘れる事ができないとんでもない誘拐時間が彼女の背中にはありました。

その犯人と位置づけられているのが今回特集される犯人のブライアンミッチェル。

今回はそんなエリザベススマートさんの過去や犯人ブライアンについて見解して行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

エリザベススマート誘拐事件の真相や原因は

2002年アメリカ ユタ州の優良住宅地区で事件は起きました。

豪邸に住むスマート家の長女 エリザベス スマートがいきなり脅され住まいの寝室から誘拐されたのが事の発端です。

同時に寝ていた妹は難なく無事でしたが物音に把握するも恐怖心で声をあげられずただただ震えていた心境に言葉を失っていました。

その後に勇気を出して親電話をかけ事の発端を話したことで事件が明るみに。

両親はその夜、エリザベスさんの学校で開かれた式典に出かけたケースで、家のキーはまるっきり閉めたものの夜中に子供たちが起きて動いたシーン、警報器が鳴るのを予防するために警報器を切っていたと述べています。

たまたま警報機をオフにしていた事も運の悪さを物語っています。

その後に警察の捜査線上に浮かんだ容疑者はリチャードリーシー。過去に、スマート家の掃除や修理をしていた男だと言われています。

容疑者が特定され、捜査を進めていくとエリザベスさんの様子はどこにもなく捜査は難航します。

こういったケースで、エリザベスさんの妹から強力な証言が。

スマート家が過去に、捜索の支援や屋根の修理に雇った別途の人物に犯人にそっくりの男が存在すると証言したということです。

しかしながら、一番の証言が得られるも警察がここの部分をキーポイントせず、捜査は息詰まる一方でした。

エリザベスさんの両親は早く娘の救出を願うばかりか、似顔絵のプロを雇い犯人の似顔絵を描かせることに。

それから、両親はアメリカで話題沸騰中の公開捜査放送番組に犯人の似顔絵を持ち込んだ事でちょっとでも情報を得ようと必死でした。

このテレビ放送番組は犯罪に対してのインフォメーションを視聴者から募るアメリカの長寿プログラム。

プログラムプロデューサーらが地元の警察といったようにバックアップして、このプログラムで提供している犯罪者を調査し、司会が視聴者にデータを募るといった内容。

これまで広い範囲にわたる犯罪者を捕らえ誘拐された子どもたちを保護しており、そのインパクト力は絶大。

この放送番組で似顔絵が放映されると、オンエアを見た犯人の前妻の子供から写真と男の本名が用意されたのです。

放送番組では犯人の写真をもとに、さらなるインフォメーションを呼びかけました。 こうして、男はキーポイントとなる参考人といった形で指名手配。

それから、何とか家族とメディアの執念の捜索行動が実を結ぶ時が訪れます。

スポンサードリンク

エリザベススマート誘拐事件の犯人は誰なのか!?

事件発生から9カ月が経過した2003年。

スマートさんを誘拐し監禁した犯人は逮捕され、強姦を何度も何度も繰り返した男には終身刑が言い渡された。娘を持つ母という身分で、スマートさんの不安は計り知れないものです。

男の子が性的虐待の被害者なのだというシーンも滅多になくない現代社会ですが子どもを守ると言われるスマートさんの思いは、不安やリスクを上回って絶大なるようだ。

犯人の男の似顔絵を見た人からユタ州に不審な3人組が存在するとの通報が寄せられます。

事情聴取したポイントですが、指名手配されていた犯人の男と、その妻。その他には、変装させられたエリザベスさんなのだというプロセスが判明。

犯人の男は彼女を妻の妻という形で性的暴行を続けて、男の妻はエリザベスさんを奴隷と同様に置いていたといいます。

エリザベスさんを誘拐し監禁した犯人はブライアンミッチェルと、その妻 であるワンダ。

当初、夫 ブライアン・ミッチェルは人格障害により義務スキルはなし、妻ワンダには懲役15年の刑が下されました。

その後、ブライアン・ミッチェル容疑者に責務スキルが存在するかどうかを確認する審理にエリザベスさんが出廷、誘拐時の環境と監禁中の詳しい部分を最初に法廷で証言していると聞きます。

それからブライアン・ミッチェルに終身刑が言い渡されるでしょう。

ここ数年は、ブライアン・ミッチェルは、刑務所に収監されていると聞きます。

元々はモルモン教徒のファミリーで育ったブライアン・ミッチェル。 エリザベスさんを誘拐する前は何と他の少女に関する性犯罪で逮捕歴がありました。

ブライアンの妻の発表では、ブライアンによる2人の娘たちに関する性暴力を警察に訴えましたが、このケースになると逮捕されなかったと言われています。

もっと言うなら、妻の連れ子の1人もブライアンから性的虐待の元でいたことを証言。 ブライアンは、エリザベス誘拐後も周辺での少女たちを追いかけまわしていたという意識が判明。

ブライアンは独自に神から使わされた天使なのだというとして、事件の数か月前神からの黙示録と称やるべきレポートに「7人の妻と結婚する」と公表していた。

その後に、エリザベスさん誘拐事件を開始していました。 その後モルモン教を離れ、オリジナルの宗教人生に特化していましたがその後の足取りは掴めていません。

ブライアンの足取りがつかめなかったポイントユタ州から移動したからだと考えられます。ヒッチハイクをして、ユタ州から数万キロ以上離れた山中で野営くらしを送っていたと報じられています。

⇒イギリスで最も古いシェプトンマレット刑務所ツアーや怪奇現象!【何だコレミステリー】

エリザベススマートの今現在や子供がいる?

たったの14歳で拉致、監禁され、明けても暮れても暴行を加えられると言われる悲惨な経験をしたエリザベスさんだけど、事件解決後は講演や手記と言われるものをひっくるめて性犯罪被害者のバックアップ行動を進めている。

2012年に交際していたマシューさんに嫁入り。

その他には第一子となる女の子を出産したことを報告しています。

スマートさんは悲劇が再び繰り返されぬよう、人身売買を目的とする誘拐事件などを撲滅する活動に就業している。

夢をみつけ、ライフスタイルに関しての真新しい望みを手にすることを願っておりますと語るスマートさん。

子供は、ファミリーの大切な望みとなるだろう。

このインフォメーションを読まなければ、スルーしてたと予測するし、モルモンプロセスの主義や重婚など、この事件で中心になるポイントも気が付かなかったと感じる。

メンタル的障害で責務スキル無しも、熱狂的信者がそうジャッジされるなら、広い範囲にわたる宗教的犯罪は責務スキル無しとなってしまう気がして怖いのも実情です。

さらにはエリザベスの洗脳に関しては、否定する意見が存在するということも知った。同様な意見を思う時期ってたまにあるけど、ちょっと効果的なのではないかと思う。

まだまだ完璧にこの世から消えるものではないが、モルモン原理主義者達の、重婚、14歳くらいでターゲットも選べず嫁入りなどの事が、アメリカやカナダでコミュニティぐるみで進行しているなどの噂もあるほどですから今後の犯罪社会も変化を求められる時期に来ているのかも知れない。

エリザベススマートさんの今後の活動に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事下です。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする