ボーク重子の結婚(夫・旦那・娘)の今現在!年収やスカイがかわいい【深イイ話】

「深イイ話」のボーク重子さんが特集されます。

ボーク重子さんの今現在の活動や結婚相手の夫(旦那)や子供(娘)などについて見ていきたいと思います。

ボーク重子さんの今現在の活動での年収などにも触れていきたいんですが、娘のスカイボークさんもかわいいと話題です。

今回はそんなボーク重子さんの全容をピックアップして行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

ボーク重子の経歴や武勇伝

名前:ボーク重子

年齢:52歳

現在ワシントンDC在住

自分自身と一緒のライフスタイルを娘には歩ませたくないと言われる 思いがあり、育児メソッドを模索し始め、 あらゆるポイントからデータ収集をしたそうです。

2004年には、アジア現代アート専門ギャラリーを開き、 数々の著名人が来る程のトップギャランティーとなった。

元々彼女の 母は入塾したら間違いなく点数がアップする英語塾を経営していました。

お陰で家のトイレの中に至るまで百人一首が壁一面に貼られるくらい、自分自身も詰め込み育成で育ちました。

成績は適切だったのですがある日急きょ、仮に点数が下がったらどうしよう。とリスクになったタイミングがあったんだとか。

そんな影響によって簡単に心が折れてしまったのです。

受験間際でも学習せず成績は下がりやっと高校に入ったけど大学にも何のために行くか分からず行けと言われているから通っていました。

福島県出身で、大学院でイギリスに留学するまではいつまでも国内の学習を受けてきました。

当時ボーク重子さんの母は冒頭にもありましたが、「行けば確実に成績がアップする」と人気を集めている英語塾を経営しており、自分自身も何はともあれ予想外のデータを詰め込まれました。

自分自身も認識した通り正々堂々と学習し、中学2年生くらいまでは福島県内の学力チェックでもベスト10にいました。

将来的に長期間周囲からの望みに応えられるのだろうかって思うと、急激に不安で怖くなってしまったんですね。

この後は何もしなければ「行えば可能なのに」とイメージして頂ける。そっちの方が楽ではないかと思い、ある日いきなり、ぱったりと学習しなくなってしまいました。

自分自身は一体どういう理由で学習するのか?というような考え方がわからなかったし、レクチャーしてくれる人ももいませんでした。

そんな理由からも何とか高校に進み、今度は音楽に関心を持ち、バンドをスタートしたのですが、そういったことは勉学の邪魔にしかならないというプロセスが親の意向でした。

自分自身の音楽へのパッションはひとつとして支援してもらえなかったのです。

学校でも受験のキーポイントになる学力と言われている変わらない物差しだけで周囲と対比され、当時の自分自身には自信とか自己肯定感といった内容はまったくもって感じられませんでした。

そういう理由で、私は子どものパッションをサポートする親になりたかったし、アメリカに行ってそれと同じ様なママたちに想像以上に共感できたそうです。

スポンサードリンク

ボーク重子の今現在の活動や年収はヤバイいのか?

ボーク重子さんは、ロンドンの大学院で現代美術史の修士号をゲットした後、フランスで出会った夫との嫁入りを機に その後アメリカに移住、その後子供を出産。

今はアジア現代アート専門ギャラリーを設立。ギャラリーをオープンした当初は周囲に絶対無理と言われ続けたが、いざオープンしてみると大方の推測に反してギャラリーは大成し2年後には米副大統領夫人、その他VIPがユーザーのトップギャラリーになり、同年アートをトータルしての社会貢献を支持されワシントニア誌に影響を受けてオバマ大統領と同時に「ワシントンの美しい25名」に支持されている。

自分自身のワークライフバランスが理由でアートカウンセリング業に転業。

その後も女性のヘルプサイト askshigeko.com は支持率が高いブログとなり、寄せられる質問に効率的・応用的に答えるためライフコーチの資格も確保。

少し前から20年近いアート業界での経歴に加え、ライフコーチといった身分で色んな場所で育児、実績確立、ワークライフバランスに関連して講演会、ワークショップを行っています。

これほどの実績を叩き出してきたボーク重子さんの年収は相当ヤバイのかも知れませんね。

推奨では軽く1000万円は超えているんだと思いますが、独自でコンサル業やギャラリー運営などのビジネスも

安定軌道に乗っているようなので、1000万円以上の年収は間違いないでしょうね。

⇒真飛聖の旦那(夫)や本名と年収が凄い!カップや水着画像!【さんま御殿】

ボーク重子の結婚相手の旦那は?

ボーク重子さんの過去には、外資系に勤めていた時、アメリカの人とお付き合いしていてプロポーズかと思いきや「君は嫁入りしたら、その後はどういった具合に生きていくの?」と質問され「どう生きるって?子どもを産んで貴方のサポートをしたいと考えます」と回答ると「僕はそれ相応のの人はいらない」ってフラれたそうです。

そこで彼女はその分だけの人じゃないってスゴく頭に来て業務を辞めイギリスの大学院へ、アートを学びに留学したのです。

そこで知り合ったのが現在の主人だと言う事です。

一緒のライフスタイルを歩ませたくない主人と結婚しアメリカで日常生活を始め出会う人は世帯環境など関係なく、チャレンジしたい事は自分自身で乗り越えている人ばかりで経験したことのないカルチャーショックを受けました。

私とはまったくもって異なる思考力と応用力を持ち与えている人達に囲まれ笑って済ませられない所に来てしまったと思ったのです。

その他には子どもを授かり未経験で頭を過ぎったことは、自分自身と同様になって欲しくないと言う思いでした。

自分自身は自信が見当たらず何かをトライし始める前から諦めてしまう様な人だったので、子どもはあっというまに1歩を踏み出すことができる様になって欲しいと考えさせられました。

アメリカに住んでいる状態でしたがアメリカで一番調査機関が集まっている場所でもあり調査機関の人達に直接話しを熟知しに行ったりして育児メソッドのデータを揃えていったそうです。

スポンサードリンク

ボーク重子の娘スカイボークがかわいい!?

全米で開催される「最優秀女子高生コンクール」において ボーク重子さんの娘さん「スカイ・ボーク」さんは 優勝された体験が存在すると思われます。

知性やスキルと考えられるものをふまえて見極めるものと言う理由から スカイ・ボークさんは勿論の事、 ボーク重子さんに学習論を熟知したくなるのは 普通です。

キャリアのある大会のとささやかれていますが、 事前にアジア系の人が優勝されることも めずらしかったとささやかれています。

したがって、より話題になったらしいです。

アメリカ人の父親と日本人の母親の間に誕生したハーフで、最近ではコロンビア大学に通われていると推定しますが、幼稚園から高校まで通った学校もグローバルレベルで名家の子供が通う進学校でした。

国内で力説する共学のボーヴォワールまでは宿題も出ないので放課後は遊んでいたこともあったので、初期英才教育に従って来たわけじゃなかったと言われているようです。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする