助宗佑美のwiki(結婚・旦那・子供)は!年収や高校大学も!【セブンルール】

「セブンルール」に助宗佑美(すけむねゆみ)さんが特集されます。

助宗佑美さんのWIKIや結婚、旦那、子供の事などの経歴やプロフィールがないので迫ってみたいと思います。

助宗佑美さんは漫画編集者として活躍されており、その年収や出身高校、大学なども気になります。

助宗佑美さんの今現在の活躍から、プライベートなどの結婚(夫・子供)などの事にピックアップして行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

助宗佑美のWIKIや経歴プロフィール

助宗佑美(すけむねゆみ)
出身:静岡県
生まれ:1984年
年齢:34歳?
学歴:明治学院大学芸術学科
職業:講談社 Kiss編集部在籍

2006年に今の会社に入社されました。

入社からずっと部署は同じです。

現在の助宗佑美さんの実績と担当連載作品は以下の作品です。

『海月姫』
『カカフカカ』
『コミンカビヨリ』
『はじめましてさようなら』
「ハツキス」にて『イメージファイト』
『立花さんの妄想サーチごはん』
『僕たちの恋にハッピーエンドなんていらない』

東村アキコさんの任務は3年であるといわれています。

「東京タラレバ娘」など20人もの受け持ちをされていると聞きました。 ものすごいやり手だし、セールス熱心です。

2006年に大学を卒業されていると思われます。

当時22歳だとしたら、最近では34歳になるはずです。

「東京タラレバ娘」の主人公も33歳と言われる基準となります。

助宗佑美さんもほぼ同様の年齢ですね。

だとしても「東京タラレバ娘」の主人公達と違い嫁入りされているのではないでしょうか。

インタビューで我がファミリーでも大活躍してますと言っていました。

助宗佑美さんが学生に勧めるのは「自分自身で納得できないことに関心を持つこと」であると聞きました。

一際編集者のセールスは気質のパワフルな漫画家さんと長期間お付き合いして行かなければなりません。

それと同じ様な時自分自身に承認できないことが多く出てきます。

しかしながらこれに関しては納得できなくても、熟知しようとする取り組みは重要だと断言できますよね。

賛同できないことを突っぱねるのでなく、自分自身に取り込める器のスケールのようなものがキーポイントとなるのに想定されます。

それってどんな業務でも要求される事です。

スポンサードリンク

助宗佑美の出身高校や大学はどこ?

助宗佑美さんの出身大学「明治学院大学芸術学科」を卒業しているとのことです。

なんでも、小さい頃から漫画や本を読むという考え方が好きだったようで、大学では芸術をやりたかったそう。

しかしながら、明治学院大学芸術学科は第一志望ではなかったそうとなっていますが元を正せば早稲田大学に行きたかったそうではないかと考えますけど、受験で落ちてしまったとささやかれています。

第二志望で受けていた明治学院大学芸術学科にはパスしたので入学したんだとか。

助宗佑美さんの出身高校に関してはインフォメーションがなくてわからなかったのですが「都内の大学で学習することに追い求めていたので首都圏の芸術を学習できる大学を探した」と会話していると思います。

このように対談していると考えますし、大学から上京してくれているみたいなので、高校は地元の静岡県にある学校に通っていたと考えます。

最近では講談社で就業している助宗佑美さんとはいえ、そのルーツは幼い時期に読んだ漫画や本とささやかれていますね。

大学生時点で好きだった漫画は少女漫画だと考えられます。

大学生のの時期には「写真部」に受持していたらしい。

写真を撮ることも好きだったようで、写真部の一員としていたことで、大学環境には多種多様なことを身に付けることができたと言われます。

⇒松本花奈の彼氏や水着画像!年収や鼻整形?大学は慶應?【情熱大陸】

助宗佑美は結婚して旦那や子供は?

ここ数年は、助宗佑美さんが受け持ちの東村アキコさんの人気漫画「東京タラレバ娘」は主人公の女の人が嫁入りに焦るという様なディテールなんですが、助宗佑美さんは嫁入りしているのです。

ちなみに、東村アキコさんも嫁入りしているようです。

その他には、助宗佑美さんには子供もいると考えられます。

幸せなライフスタイルを送っていると噂されています。

息子さんはけっこう小さいとは言え、何歳ぐらいなのでしょうか?個人的には幼稚園に通っているんでしょうか?

業務も結婚も入手しているからこそ結婚に焦る女性のマンガを書けたのですね。

「東京タラレバ娘」の主人公達の結婚を焦る気持ちがかわいく解釈できます。

登場人間の言葉も嫁入りした今でも心に刺さりますね。

作者の東村アキコさんは居酒屋で嫁入りに困惑する女性の人生カウンセリングも受けていると言います。

どんな助言をしてくれるのでしょうね?

漫画家は独りで漫画を書くのではなく、漫画のディテールも編集者とカウンセリングながら作っていきます。

漫画家に悩みがあるケースではコンシェルジュになるし、資料が求められるから集めるし、取材旅行の整備もします。

ちなみに「東京タラレバ娘」では居酒屋などで直に女性とアナウンスするタイミングがあったので、取材は大してされなかったと考えられています。

漫画家の描く漫画は、漫画家本人が自己満足感で出来上がってもよろしくないと言えます。 世間の必要性と一致していなければ売れないので。

漫画編集者は漫画家の意向と世間の需要を上手く一致させるようアドバイスするのです。

漫画家もその編集者を信用していなければ、アドバイスを聞き入れてくれないと思いますよね。

助宗佑美さんは東村アキコさんに編集者という形で想像以上に信頼されていたのではないでしょうか。

間違いなく広範囲に渡る悩み事も助宗佑美さんは支持して聴いてくれたのでしょう。 それから出来上がった原稿が着実に雑誌に認識されるようデスクワークの一切を実践します。

スポンサードリンク

助宗佑美の年収はいかがなものか?

編集者は、会社員という形で出版社や編集プロダクションに勤務している人と、フリーランスに在籍している人がいますが、どちらのケースでも実力主義の世界という特性があります。

良くいえば、出来る人はやればやるだけジャッジされ、重大な責務も委任されるようになり、サラリーが上昇します。

若くてもものすごくスキルを保持していると認められれば、ビッグな儲けを出すことが可能だという事です。

とは言っても、出来ない人は数年経たないうちに消えるハードな世界という面があります。

一般的な収入はいくらか?編集者の年収は、およそ250万円から700万円と人に影響を受けてだいぶ相違してきます。

平均は400万円から500万円の間くらいです。

その一方で、キャパシティーがある編集者のケースでは年収1000万円を超す人も出てきます。

自分自身の発案した計画が通り、雑誌にして売れ行きがよければ、それに見合うだけジャッジされるでしょう。

その一方で、実際的には編集者は安いサラリーで、それに加えて激務と考案したほうがよいとなります。

収入1000万円クラスの編集者などそう簡単にいませんし、年俸300万未満の人がごろごろいると断言します。

名の通っている出版社や、一つでも知名度のある本を残せている出版社で言うと、収入や条件も思っている以上には保障されると思います。

それとは逆に、編集プロダクションはカツカツで職務をしているため、報酬面はもとより、条件面がハードなのが現状です。

もしも、高給取りを目標にしたいのであれば、一流の出版社に入社するか、あるいは編集プロダクションに入って自分自身の計画を成し遂げるように努力したり、キャリアアップして編集長の座を得たりすることが必要であると言えるでしょう。

仕事にエンターテインメント性がないと続かない編集者には、「本を生み出すプロセスに憧れる」「レポートを書くのが好き「読書が好き」と同様の思いが存在することでしょう。

そうは言っても、それと同じ様な計画性のない気持ちだけでは永続しないのが編集者と言われているルーティンワークです。

安いサラリーのうえに終電を逃して会社で就寝といったことは日常茶飯事ですし、締切近くは編集部内誰しもがピリピリして異様な周辺環境が漂っていると断言できます。

もしも編集者を目標にしたいという人は、収入ではなく、業務面に関してアミューズメント性を持つというプロセスがキーポイントだと思います。

助宗佑美さんの今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする