大西智博の顔画像が判明!犯行動機と逃走経路がサイコパス野郎!

警察官の井本光(あきら)さんが発砲され撃たれた事件で、その犯人として大西智博容疑者が捜査線上に浮かび上がったことで警官が警官を撃つ事件もいよいよ大詰めになってきました。

大西智博の顔画像が判明した事によって、犯行動機や逃走経路などをピックアップして行きたいと思います。

井本光さんが今回撃たれた背景には一旦どんな動機があったのか、そして大西智博容疑者は本当にサイコパス野郎なのか?

見ていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

大西智博の顔画像が判明!

警官が警官を撃つと言われる衝撃の事件が発覚しました。

滋賀県彦根市の交番で同交番に就業する井本光(いもとあきら)巡査部長が頭と背中を撃たれ、医療施設に搬送されましたが、午後10時過ぎに死亡が確認されています。

井本さんはこの日大西智博と従事していたといいます。 現在でこの巡査はパトカーで逃走しており、県警は行方を追っていますとの事でしたが4月12日身柄が確保され大西智博容疑者が捜査線上に上がってきました。

大西容疑者の顔画像 未成年とは言え、NHKが重大事件という形で 実名のインフォメーションを実践したため、 顔画像や名前がオープンになっています。

殺人事件へとサクセスし、逃走中となったら近所の人は怖いですよね。 顔画像の公開は必須と言う理由で読売新聞はオープンにしていると推定します。 未成年だからといわれるものの人がお亡くなりになっているので。

それがあるので名前が公開されたので顔も公開をして情報を手に入れたいと考慮する人は多いためでしょうね。

大西容疑者は警察官と言うことでfacebookやらツイッターやらSNSは思いがけず存在していないかもしれないですね。

が、一応リサーチをかけてみました。

最近では特定されておりません。

大西智博容疑者の年齢的にイメージして、おそらくはFacebookやインスタグラム等々のSNSを使用することでいても不思議じゃないと断言します。

拳銃を準備した犯人となっており、 結構な重大事件という身分で捜査されていた様ですね 大西智博容疑者は2017年に警察学校に入校。

1月に彦根署エリアに配属され、亡くなった井本光巡査部長と同時に河瀬駅前交番の一員としていたと言われているようです。

スポンサードリンク

今回の発砲事件現場は?

交番は彦根市役所からJR東海道線河瀬駅に隣接していて。周囲には住宅や工場、田畑が広まっていると考えられます。

それに加えて人通りのある駅前ですから、他の人や通りがかりの人間が事件に巻き込まれなかったのが幸いです。

本部は大西巡査が井本巡査部長の背後から最少でも2発を発砲したとみている。

拳銃は回転式で5発装填そうてんされており、3発残っているパーセンテージが存在すると言われる。

井本巡査部長と大西巡査午前8時30分から一年中の就労に際していた。元を正せば3人編成だが、この日は2人で従事していたという。

後ろから発砲という事実は犯行当時争っていたと言うわけでもないみたいですね。

思いがけず怨恨による犯行かもしれないですね。 井本巡査部長と2人きりである入れ替えをもくろみ犯行を行なったのか?だとすると計画的の可能性もありますね。

井本容疑者が業務を教えるタイミングで大西容疑者に注意したり、厳しく常日頃していたのを気に入らなかったのでしょうか? そうは言ってもまだ19歳の世間知らずだと思います。

大西容疑者も感情を統治することができずに結局自分自身をコントロールできなくなり爆発した可能性が高いですね。

今では真相がわかりませんが捜査によってそれらも明らかになってくるでしょう。

⇒コロンバイン高校銃乱射事件の犯人の母親と真相!イジメが原因だった!【マサカの映像グランプリ】

大西智博の犯行動機はいかに?

注目しているのは大西智博の動機ではないでしょうか。 ただのわるふざけではこの様な行為を起こすはずがないと言えます。

そうするために、先輩の井本光巡査部長と 何かしらの話題で口論となり、 その怒りのまま爆発したと言えるのが自然の流れかなと。

その訳は何なのかは承諾していませんが、 許しがたい言葉だったのでしょう。

とは言っても、普通に考えて、 どの様なディテールの言葉を知ったとしても、 仮にそれが差別的発言だとしても、 通常の警察官としての鍛錬や メンタルブロックという理由で、 発砲事件として標的に向けると考えられる動作は できないはずだと言えますよね。

その自制心も忘れてしまうほどの事を行ったとされている部分のは、 その大西智博容疑者の思いは計り知れないものだったと想定されます。

41歳と19歳と言われる年の差、上下関係はハードなという様な警察官と言われるルーティンワーク。

一般的な企業などよりも、比較にならないほど体育会系な世界なのだということは簡単に想像が可能となっています。

まして、大西巡査は今年から配属されたアマチュアである故、上級者の井本巡査部長的にはパワハラのターゲットになりやすそうな気がするのです。

現実的にパワハラが合致したのかは認識しませんが、可能性としてある内容かなと。

他には24時間労働中ともなれば、夜には長めの休憩タイミングや待機時期など、いわゆる暇なタイミングも多数あってます。

そんな中で何か井本部長が大西巡査においては、パワハラと言われるような事をしたり言ったりして、彼の我慢の限界までが超えてしまったのではと、個人的には想定されますね。

やはり夜は待機時間帯が多かったりする関係で、同時進行で従事していた人と話をしていましたが、話が合わない人などは苦痛意外何者でもありませんからね。

実質どうだったのかは別といった形で、それと同じ様なケースにさらされるパーセンテージは高レベルであると断定できますので、一時的な感情で存在しても、犯行動機になりえたパーセンテージは有り得る話です。

スポンサードリンク

大西智博の逃走経路は?

警察によりますと、井本さんが倒れているのが見つかった交番から5キロほど離れた隣町の愛荘町の田んぼに交番のパトカーが突っ込んでいるのが見つかっていたという理由です。

所有している銃には3発の弾が残されているリスクありとの事。

近隣のみなさん、戸締りと外出にはくれぐれも気をつけて下さい!

大西智博の行方がわからなくなっているという理由で、巡査が拳銃で撃ったとチェックして、捜査中との事でした。

市民にリスクが及ぶおそれがあるという形で、巡査の名前と写真を公表したわけです。

今後の、捜査状況によって意外な事も判明してくると思いますので、要注目です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆとり ありまくり より:

    日本語がおかしい、そこが楽しみどころでもある。