コロンバイン高校銃乱射事件の犯人の母親と真相!イジメが原因だった!【マサカの映像グランプリ】

コロンバイン高校銃乱射事件の犯人の母親として、スークレボルドさんが「マサカの映像グランプリ」に出演されます。

コロンバイン高校銃乱射事件はアメリカで起きた悲惨な事件でしたが、今現在の状況やその真相などを今回のマサカの映像で特集されるみたいです。

イジメが原因ともいわれているこの事件の真相ですが、裏側では犯人や母親にしか解らない事や謎も未だに多いと思います。

今回はそんなコロンバイン高校銃乱射事件の真相や、犯人の母親に迫ってみたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

コロンバイン高校銃乱射事件とは?

コロラド州ジェファーソン郡コロンバインのジェファーソン郡立コロンバイン高等学校で1999年「コロンバイン高校銃乱射事件」が発生したわけです。

生徒エリック・ハリスとディラン・クレボルドが銃を乱射し、12名の生徒と1名の教師が命を落としました。

他24名が怪我したわけです。犯人にあたる2人は犯行後自ら命をたっています。

この悲惨な事件は、アメリカの銃乱射事件に関しても1966年に起きた「タキサスタワー乱射事件」に次ぐ広範囲に及ぶものでした。

犯人の独りであるディラン・クレボルドの母親、スー・クレボルドはアメリカで人気が高いプレゼンテーション放送番組「TED」に出演し、実の息子が犯した犯罪に倣って「自ら命を絶つ生き方と人をあやめてしまうスタンスとの関連性」を調査するようエキスパートに訴えかけます。

事件の概要はこうだ。エリックとディランの二人は1999年の「裁きの日」によって1年半前からスキームを立て大量の支度をしていた。ショットガン、小型爆弾、と考えられるものを仕込み準備していた。

学校トータルが吹っ飛ぶくらいの量の爆弾だったが、当日はおおよそ不発に終わってしまった。

二人は学校にいる全員を爆発のスペクタクルな光景と同時に多くの生徒をあやめようとするはずだったのだ。お昼ころカフェテリアに生徒は大勢集中するので、そのの間に攻撃をスタート。

時限爆弾もセッティングフィニッシュ済み。校舎へ入っていくシーン、武器を隠すために着たダスターコートがトレンチコートという形で世に知られ、正直に言いますと入っていないトレンチコートマフィアという形で誤解された。

ディランはカーゴパンツに常日頃と同様に帽子を後ろ前にかぶった。エリックも同じ様な格好だった。

二人とも黒いコンバットブーツを履いていた。カフェテリアに仕掛けた爆弾が不発に終わり、11時19分、二人はダッフルバックを開けてショットガンを取り出し計画をスタート。

13名をあやめて、24名に重軽症者を負わせた。SWATが出動し、リアルタイムでインフォメーションが行われ、この日のコロンバイン高校はさながらハチの巣を突いたようなスタイルだった。

その後、遺族問題、事件を遭遇した皆様のPTSD、警察のアフターサービスの遅れを巡る課題、この地域に住む教会の対立、銃規制問題点などなど事件から波及した様々な課題が著者の9年をオーバーして渡る取材により詳しく把握することがすることが可能だ。

一応、本書ではこのゾーン内のみなさんの回復の物語と考えても読むことが期待できる。

不幸中の幸いといおうか、コロンバイン高校の生徒の1人ブライアンの父親は高レベルのFBI捜査官だった。妻の電話でこの事件を知る。

ドゥエイン・フェゼリエ監督特別捜査官は偶然、このフィールドで暮らしており、臨床心理学やテロ対策の専門家になっており、この国を代表する人質ネゴシエーション人の1人だった。

地元の警察に評価されているフェゼリエ捜査官はとどまることなく呼び出された。

螺旋下に向かうエリックとディランについての詳しい部分な資料、インフォメーションを網羅して解明している。

スポンサードリンク

コロンバイン高校銃乱射事件の真相は?

犯人の1人、ディラン・ベネット・クレボルドはどんな人物だったのか。彼は耀くスキルを持って誕生した。

その他の子供より一年初期に小学校に入り、とくに数学の場合すば抜けたキャパシティーを発揮始めた。

性格は内気だった。

両親は規律を重んじる理想化肌。両親は大学でアートを学んでいた時出会ったと言われる。

ディランは内気でおとなしかったが、傷つきやすい自尊心を持ち、いきなり怒りが爆発してキレるという考え方があり、そのパーセンテージは大きくなっても変わらなかったと考えられる。

容姿に劣等感を抱き、怒りと憎しみはどんな時でも内に適していた。中学二年の時引っ越しをして、学校も変わった。従来の秀才に囲まれた英才学習という理由でどこにでもある学校へ堕ちてしまった。

自分自身をこんなに苦しめるのはなぜなのかとヨブと比較してメンタル的な中で叫んでいた。肉体は無意味だが魂は不滅とイメージしていた。

燃え駆け上がる怒りはためらうことなく自己嫌悪に移動する。ディランは誰かをあやめることなどイメージしていなかった。むしろ自分をあやめたかたったと言う。

日記にはこうある。

「自殺に関連して予測していると望みが湧いてくる。来世でどこへ行くと考えても、そこにはオリジナルの居場所があるんじゃないかと思えてくる。オレ自身や世界や宇宙との勝負から初めて解放されて、心も肉体もまるまるが平穏になる。」

先天的なものと後天的なものが絡み向かっており、ファクターは不明。男性に多く、うぬぼれと優越スピリットが強く飽きっぽいが、中年に達するとなると快適に快方に向かうシーンが多過ぎるという。

エリックもそれと同じ様な1人であったようだ。文句なしに裕福なファミリーに育ち成績や容姿も良く、人好きの始める少年で女の子にも注目を集めていたと考えられる。

バイト先でも支持されているナイスガイだった。彼はこの事件が人達を悩ませることを推測し、本人たちの立場を明にする資料を無数にあり残していた。

自分自身を神と称するエリックが残した言葉は、とてつもないポイントと考えられるので、実はこの事件を起こす過去に、ディランとエリックは逮捕され更生処分されるほどの事件を開始していたのだった。

二人は想像を越えた軽犯罪に手を染め、知る人ぞ知る問題児でふさわしい。

コロンバイン高校銃乱射事件の犯人はなぜ行動したのか?

ハリスとクレボルドは、コロンバインに入学してしばらく経った頃から事件を起こすまでの間、同校の一部分の生徒らからいじめを受けていた。

2人を直接からかう場面などが、日常的にフィットすると言われる証言があり、2人の共通した知人なのだというブルックス・ブラウンは2人が「オカマ野郎」「ホモ野郎」と言われるようなと罵られる所、あるいはハリスがロッカーに押し込まれる所、2人が車の中で物を投げつけられる所などを現実的に目撃してくれている。

本当のところはいじめのターゲットとなっていたのはハリスとクレボルドだけというわけではなく、他のにも数人いた。

そうした生徒らの内、何人かがいわば自警団という形での結束を旨に、自分自身らをマフィアと自称するようになる。

ハリスとクレボルドはこの集団のリーダーと似たような友人でふさわしい。

とは言っても、このマフィアに受持していた生徒らは、2人が起こした事件以前にその全員が卒業もしくは退学してくれている。

実際的には、事件前にはマフィアは、ハリスとクレボルドの2人しか繋がらない。

この高校で力を持つヒューマンだった。 事件の当日、ハリスとクレボルドは彼らのことを「ジョック」と呼んでいた。

そうした中、初めてハリスとクレボルドは活動を起こす。

スポンサードリンク

コロンバイン高校銃乱射事件の犯人の母親の心境は?次のページへ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 汁由 より:

    あの母親を見てよくわかったよ。

    間違いなくあの母親のせいで子供は狂った。
    ああいう女はよくいるんだが、自分は常に正しい。
    自己中の母親のもとにいると子供はおかしくなる。

    いまだに自分は正しいと思ってるだろ。あの屑親は。