Kalafina(カラフィナ)の解散理由が内部分裂でエグい!

アニソン界の人気ユニット「Kalafina」(カラフィナ)が内部分裂による解散で話題になっています。

Kalafina」(カラフィナ)と言えば3人の美人アーティストによるユニットだが、今回の解散騒動の根本的な原因とされているKalafina」(カラフィナ)の担当プロディーサーの離脱だとされていますね。

Kalafina」(カラフィナ)と担当プロディーサーの梶浦由記氏とは長年の信頼関係が構築しており今回その梶浦由記氏が離脱したことによってKalafina」(カラフィナ)の解散が勃発したと言われています。

今回はこの解散理由や過去の履歴などに迫っていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

Kalafina」(カラフィナ)の解散理由は結局何ナノ?

まず始めに、各騒動で話題になっている経緯を見ていただきたい。

アニメソング界で絶大な人気を誇る女性3人組ボーカルユニット「Kalafina(カラフィナ)」が、今春にも3人体制での活動に終止符を打つことが12日、スポーツ報知の取材で分かった。同じ所属事務所の音楽プロデューサーで、08年のデビュー以来、全楽曲を手掛けてきた梶浦由記氏が先月20日に退社したことを巡って、メンバー間に亀裂が生じたとみられる。昨年12月に一部で梶浦氏の退社が報じられて以降、事務所に残留するか退社するかで、メンバーに動揺が広がっていた。全幅の信頼を寄せてきた梶浦氏を欠き、これまで通りの楽曲制作は不可能に。梶浦氏不在のままのユニット存続に疑念を抱くメンバーが今月末での脱退を決め、分裂することになった。

と発表されている。

結論から初めに言ってしまうと解散するという可能性は極めて高いのではないか。

想像以上に稼いでいるグループだと思いますし、実力も見てとれます。

評価も高いので事務所も解散させるアドバンテージがないですし、曲とか売り出し方は移動することも考えられますがこのまま行動をやり続けるともおもわれますが、なんせ彼女たちの間では相当担当プロディーサーの離脱が多引いているんでしょうか。

まさかこんな事務所と彼女たちの対立になるとは夢にも思わなかったんではないか?

Kalafinaは梶浦由記さんのプロデュースが合ってのアーティストだと断言できますし、梶浦由記さんを外したらさまざまな変なことになりそうだし、有益性が存在しなくなるのは目に見えていたかの様な彼女たちの決断だと思います。

Kalafinaの曲はアニメによく使われて世界観にフィットするものも豊富だし、本当にファンも多かったそうですね。

事務所の女性幹部が梶浦由記さんと対立したと噂されていますが、最初に解決できなかったのか?

Kalafinaの産みの親梶浦由記氏とは何者?

もともと梶浦由記さんがオープンしたユニットなので 梶浦由記さんが不在では活動なんて不可能 と思っているのではないかと断言します。

ではあるのですが事務所側はここの部分を否定していると聞きます。

「全くそんなファクトは存在しません ただ3月以降の契約に関しては まだわからない状態です。」 Kalafinaの今後を予想するならこのまま解散して個々がこのまま継続して音楽活動を展開するか、このまま引退して一般人になるかですね。

今回の解散理由の焦点となった 梶浦由記さんは19765年8月6日生まれです。

作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサーという形で活動していると聞きます。 アニメやゲームを中心としてCMや映画などのフィールドでも活動しているって事で広範囲に及びます。

小学、中学時代をドイツで過ごし、のちに東京都立国立高等学校、津田塾大学学芸学部英文学科に入学。

学校を出た後はNTTに入社して技術者として勤務していたとささやかれています。

高校時代に参入したアマチュアのガールズバンド「15SAND」のキーボーディストという形で就職後も活動を続けていたと言う理由ですね。

そのときに現事務所の目にとまり、1993年7月にユニット「See-Saw」としてメジャーデビューしていると思います。

その後も「機動戦士ガンダム」ついての楽曲に的を絞って数々のヒット曲が生み出されているように思います。 アニメやゲーム業界の音楽オンリーでは無く、2009年からプログラム発表されている「歴史秘話ヒストリア」のテーマ曲も担当している。

スポンサードリンク

Kalafinaの今後はどうなる?

今後の彼女たちの見解ですが、事務所に残るパーセンテージは極めて低いですね。

梶浦由記さんは独立しても普通にやっていける才能とセンスがありますが、問題は彼女たちですよね。

Kalafinaは独立したら相当資金力ないと無理があるだろうし、このまま解散して個々でアーティスト活動を行えるスキルやセンスがあるとは思えません。

たしかに、アニソン界では人気がありましたが、あくまでそのマーケットだけなので他のジャンルで人気を得て行くには容易なことではありません。

音楽の方向性の対立とかは外野からはどうにもならないし、困難なテーマだと思います。

事務所的には梶浦由記さんが邪魔と言う理由から、梶浦由紀さん抜きのKalafinaではとてもやっていける体制ではないようにも思えます。

それとも梶浦さんと同時に活動をしていくのか? まだ熟知していないスタイルですね。

プライベートな推測という形では、梶浦由記は独立するけど、Kalafinaは解散して個人が別の道に行くことも予想されます。

楽曲の環境とか売り出し方とかあっという間にバラバラになってきそうな気もしますがどうなのでしょうかね。

プロモーションの方向性がバラバラになって多種多様な番組で露出が減る可能性も考えられますが、へんな感じになったり、楽曲が細部まで訳がわからない事になったりするパーセンテージだけは避けたいですね。

今後の活動に注目シていきましょう。

最後までご覧いただきありがとございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする